日記「自由な手たち」

20190306002

ナラのリビングボード

20190306001今年に入っていろいろなクリエイティブな皆さんからお声掛け頂く機会が多くて、楽しみでありますが、大変緊張している毎日です。
そのようななか、先日設置させて頂いたリビングの家具を拝見させて頂くために久しぶりにSさんにお会いしてきたのです。
残念ながらご主人はお仕事でお会いできませんでしたが、奥様とお話ししてゆったりとした気持ちを頂いてきました。
1年半前に食器棚を作らせて頂いたのが始まりですが、それまでにいろいろなメーカーの家具を見て回ったのだそうですが、微妙にサイズや仕上げがしっくりこなくて、探すことに疲れてしまっていたのだということでした。
そういう時にお声掛けくださったのですが、そのせいか、そこかしこにいろいろなものが置かれていて、そのものの色でこの場所全体がにぎやかになっている印象を受けたのです。
それから、食器棚と今回のリビングの家具が置かれてひと段落したのですが、あの時の印象と比べると大きく変わりました。
形と色がまとまることでキッチンとリビングの住み分けができて、この大きなひと間がとても表情豊かになったのでした。

ありがとうございました、Sさん。
またご主人ともお会いできる時を楽しみにしております。