日記「自由な手たち」

20190314001

コーリアンとオーク柾目のキッチン

今日はなかなか忙しい一日となりました。
ヴィンテージの家具を取り扱うHさんとHさんと私たちをつないでくださった岩淵さんとで、あれこれ考えてできたキッチンの設置工事でした。
Hさんのイメージとしては、「シンドラー邸のキッチンのような印象を持たせたいのです。」というお話で、初めて見る柔らかく温かみのあるキッチンの写真を参考に、夜のデニーズでおじさん3人であれこれ思いを巡らせてできあがった形です。
まだ、ここからオーブンや洗濯機や壁付けの水栓がつくので、雰囲気はぐっと変わってくるはず。壁も塗られてくるとこの空間が一気にHさんのカラーになってくるのでしょうから、その時が楽しみです。
この建物自体も黒川紀章さんのお弟子さんが設計された住宅ですので、キッチンの雰囲気に負けずにとても魅力的な空間なのです。
次回はこのキッチンにオイルフィニッシュの方法をお伝えするときにお邪魔します。
楽しみにしております。

私は、コバヤシ君、ノガミ君、ワタナベ君の3人に作業を託して、先に出発します。