日記「自由な手たち」

20190912001

タモ柾目のキッチン背面収納

201909120023階にある腰高窓からの荷揚げはなかなか大変だろうと覚悟していたのですが、どうにか階段から搬入ができた時はほっとして汗がふき出てきたものでした。
それさえうまくいくことが分かって、設置場所の確認(前回の打ち合わせ時は左官屋さんの仕上げがまだだったので、ここの寸法がうまくいくかどうか不安が残っていたのです。)ができたら、あとは工房で仮組みしたとおりに設置してゆければ順調に納まるはず。
制作を担当したカイ君とそのあたりを段取りしたら、電車で先に戻ってまいりました。
多摩川線でポロシャツが大きく濡れたままバックパックを背負っていたのはきっと私です。
会社に戻ってきたら、来週設置に行く浦和のSさんの家具にSさんの希望で焼印を押して、私と制作を担当したノガミ君のサインを入れてまもなく完成。
Mさんの家具はご覧の通りに柾目のしっかりした印象がとても美しい静かな背面収納になりましたよ。
扉のツマミには、かなぐやさんの「すな目つまみ ねじれ六角錐」を付けさせて頂きました。
さて、来週から方々に納品が始まります。
慌ただしい日々になりそうです。