オーダー製作例

格子扉のあるチェリーの食器棚

すきになる

世田谷 M様

design:Mさん/daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:masakane murakami
painting:iku nogami

格子扉のあるチェリーの食器棚
リビングから見た食器棚の全景。

格子扉のあるチェリーの食器棚
勝手口側から見た食器棚の全景。

「こんにちは。初めてメールいたします。
ずっと前から、楽しくホームページを見ていました。
丁寧な仕事ぶりが感じられるあたたかみのある素敵な家具がたくさんあって、こちらで相談してみたいなと思いました。
食器棚の見積もりをお願いいたします。
イラストを描いてみましたので、FAXいたします。
家具蔵でチェリーのダイニングテーブルとチェアを注文したので、食器棚もチェリーがいいかなと思っておりますが、相談するうちにかわるかもしれません。
扉や引き出し、カウンターなど見えるところは無垢材を使って木のあたたかみを感じられる食器棚にしたいです。
内部は費用面、掃除のしやすさ、などを考え、ポリエステル化粧板にしてもいいなと思います。
カウンター下のスライドテーブルだけはステンレスにしたいです。
カウンターを広めにとるため炊飯器を上に、電子レンジを下に収納します。炊飯器は幅25センチのものです。
ガスレンジの下にコンベックを設置するので、電子レンジは小さめのものを購入する予定です。サイズもかいておきました。
幅があまりないところにたくさんの食器が収納できるよう考えました。家電は普段は見えないようにしたいです。
全面収納も考えたのですが、無垢の木のカウンターとその上にカフェのようにお気に入りのカップを並べるというプランが今のところ心ときめくので、これで見積もりをおねがいします。
またいい案がありましたら、教えていただいて決めていけたらなと思っております。
取っ手は、木にしようかステンレスにしようか決めかねているところです。「とても好きなかたち」の取っ手、とても素敵ですね。ステンレスのほうが実用的かもと思ってみたり。
塗装もオイルか薄いウレタンか迷っています。
ダイニングテーブルとチェアはオイルにしたのですが、食器棚には大丈夫かしらと。
納品先は、世田谷区桜上水です。入居できるようになるのが少し先になります。
キッチンとパントリーの扉の色はかなり濃い茶色です。
お忙しい中お手数をおかけいたします。
楽しみにしております。
よろしくお願いいたします。」

格子扉のあるチェリーの食器棚
KUMAさんのハンドル。

楽しそうなメールを頂いたのです。
それでちょっとお時間を頂いて、今取り掛かっている皆さんの家具の形を考え終えましたら、さっそくMさんのスケッチを見ながら形を考えてみましてお送りしたのです。

格子扉のあるチェリーの食器棚
ステンレスを張ったスライドワークテーブル。

スケッチの通りにほぼできそうでしたので、Mさんの希望通りになったのですが、ちょっと金額が高くなってしまって。
そこで、どうしたらコストダウンできるかをMさんとメールのやり取りをしながらいろいろと悩むのでした。
そして、悩みながらも結末がメールでは出ないまま、こちらまで一度いらして頂けることになったのです。
百聞は一見に如かずですね。

格子扉のあるチェリーの食器棚
格子扉にしたのには理由があります。

格子扉のあるチェリーの食器棚
このように開けて収納できる扉になっているのですが、中には、炊飯器が入っていて、熱がこもらないように、ということと家具のデザインtのして格子を取り入れたかったのでこのようにしたのでした。

それで実際に見て頂くと、「やっぱり実際に木に触って、直接お話すると分かりやすくて良いね。」ということになって、コストダウンにむずびつかないこともあるのです。
メールでは、少し単価の安い材に変えるかどうか、内部の作りを簡素化するかどうかなど細かく検討していたのですが、お会いしてお話すると、「やっぱり良いものにしたいから、頑張ります。」と。「はい、私たちも頑張ります。」
そして、ショールームに何げなく置かれているKUMAさんの鉄のハンドルに一目ぼれしてしまって、うーん、コストダウンには全然ならなかったのですが、とても素敵な形になりそうなのでした。

格子扉のあるチェリーの食器棚
吊戸棚の下は、奥行きのあるオープンスペース。

最初にお問い合わせいただいてから、約1年後にご新居の内覧会があり、そして、納品はその半年後。その間に、打ち合わせに一度いらして頂いて、さらには年末のイベント「クレミル」にもお越しくださって、家具を作る過程を本当に楽しんでくださったMさん。
1年半かけて考えた形は、結局最初と変わらず、すてきな形のまま実現したのです。

格子扉のあるチェリーの食器棚
オープンスペースの下には、照明をつけましたので、ここにトグルスイッチ。

格子扉のあるチェリーの食器棚
アイアンの黒に合わせて、LEDダウンの縁も黒いものを選んでいます。実は炊飯器スペースの奥に着けたコンセントも黒いものにしています。(普段はほとんど見えないのですが、せっかくですので。)

「先日は食器棚を取り付けていただき、ありがとうございました。
早速ブログにも載せていただきありがとうございます。
本当に、素晴らしく美しい食器棚です。
もうずっと楽しみで心に出来上がりを思い描いておりましたが、想像以上の仕上がりでした。
あれからずっと感動しながら見つめて、なでて、開けて…と離れがたく結局夕方までそばにいて、家に帰りました。
そうすると次は食器を早くいれたくなり、次の日にもっていける食器をできるだけたくさん段ボールに詰め、持っていきました。
主人も一緒に行き、食器棚と初対面です。これはいいね~と主人も喜んでおりました。
アイアンの取っ手もやっぱりすごくかっこいいね~と二人ともお気に入りです。
食器もたくさん入ります。まだ買っても入りそう、とこれまた私はにっこり。
本当に細部まで丁寧な作りで、取り付けも細かいところまで綺麗にしてくださって素晴らしいお仕事ぶりに感謝いたします。
高い買い物ですし、主婦には贅沢すぎるかしらとも思ったりもしましたが、お願いして本当によかったです。お部屋がグレードアップしました。
毎日あの場所で過ごせるのがとても幸せです。大切に使います。おいしいものたくさんつくろうってやる気がわいてきます。
お名前を聞き忘れてしまいましたが、作ってくださった方にも、幸せをありがとうございましたとお伝えください。
3月末に引っ越し予定なので、5月ごろには落ち着くと思います。
またお会いできるのを楽しみにしております。
ありがとうございました。」

といううれしいお便りをいただきました。

格子扉のあるチェリーの食器棚
レンジの下のスペース。お盆やマット、天板を置くのにちょうど良いって、Mさんがうれしそうに言っていました。

そして、納品を無事に終えたあと、納品からさらに1年が経ってあらためて家具の様子を拝見させて頂きにお邪魔したのでした。

格子扉のあるチェリーの食器棚
格子扉の上は、奥行があるので、大きな食器がきちんとしまえます。

「イマイさん、やっぱりこの食器棚はとても使いやすくてすてきよ。」
「一番気に入って使いやすいのは、やっぱりこのテーブルです。ステンレスを張ってくれたから、なにも気にせず調理に使えるし、カウンターがそれほど広く採れなかったから、料理の時に大活躍しています。」
「レンジの下の棚もお盆や天板なんかの大きなうすいものが入るから、とても便利だし。」
そう、Mさんの食器棚はちょっと変わっていて、いつもなら食器棚は壁の出っ張りに合わせて奥行を考えることが多いのですが、このキッチンの間取りだと、奥行き450mmを越えると壁から出っ張っちゃう。
普通の食器棚なら奥行き450mmで良いかと思うのですが、Mさんももっと深い食器棚がほしかったのです。そこで壁から出っ張っても良いので、ということで奥行き550mmにして、レンジもきちんとしまえるし、お盆などもきちんとしまえる深さを確保したのです。
「前にイマイさんにお話したテーブルウェアフェスティバルに先日行ってきたのです。」
「あっ、あの調理器具などがずらりと並ぶという市ですね。(うろ覚えになっていて・・)」
「うん、調理道具だけじゃなくて、器もたくさん出されるんです。いろんな作家さんもいらっしゃって。」
「なるほど。それはすてきなクラフト市ですね。」
「そうなんです。私は今年だけで3回も通ってしまいました。」
「それはすごい。」
「いろんな作家さんとお話しできて、その人のものを使うことができるってとても楽しくてうれしいのです。」
そう言って、いろいろな器を見せてくださいました。
伝統的な柄のもの、古い産地でモダンな形に取り組んでいる作家さんのものなど・・。
その人を好きになったその人の作るものが好きになって。もしくはそのものが好きになったら、その人も好きになっていった。
好きになることって、もの作りをするうえでとても大切なこと。
どんなに大変なことでも好きだから続けていけるわけだし。そのことを分かってくれる人が使ってくださるってことがまた作り手には糧になる。
うれしい循環です。

格子扉のあるチェリーの食器棚
引き出しの様子、その1。何といっていたかメモを取り忘れてしまったのですが、サイズやジョイントの仕方、スライドする機能などとても良く考えられているケースにきちんとカトラリーがしまわれています。

格子扉のあるチェリーの食器棚
引き出しの様子、その2。

格子扉のあるチェリーの食器棚
引き出しの様子、その3。

格子扉のあるチェリーの食器棚
引き出しの様子、その4。

格子扉のあるチェリーの食器棚
引き出しの様子、その5。

そのようなお話をして、Mさん、ありがとうございました。
また機会がありましたらお邪魔させて頂きます。

これからも、楽しく食器棚を使っていってくださいね。

格子扉のあるチェリーの食器棚
価格:570,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は20,000円から取付施工費は40,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち