オーダー製作例

アルダーのカウンター一体アイランドキッチン

すぐそばで、いつもそばで

川崎 S様

design: Sさん
planning: daisuke imai
producer: tsuyoshi kawaguchi
painting: haraki tosou

無垢材を使ってテーブルのようなキッチンと本棚をオーダーで作りたい、とSさんからご相談を頂いたのでした。
テーブルのような形と聞くと、シンプルで作りやすいイメージがあるのですが、箱のような面ではなく、線で考えていくので、箱型に組み立てるのとはまた違った構造の複雑さがあるのです。

アルダーとステンレスを使った独創的なアイランドキッチン
今までなかった不思議な形をしたキッチン。Sさんのイメージ通り「テーブルのような形」を実現しました。 組み込んだ機器は、コンロだけ。 収納部分も潔く、扉や引き出しなどは一切省いて、可動棚を各所にセットしたのみです。 Sさん曰く、「厨房のようなオールステンレスのキッチンの雰囲気」を出したのです。

さらに、人が集まった時にキッチンを囲むように人が座れるようにしたと言うのがSさんの希望でした。さらに、さらに、「テーブルとして使う部分は木で、キッチン部分はステンレス、もしくはタイルなど水に強い素材で。」と言う希望・・。さらに、さらに、さらに、「キッチンに立った時に、足元が丸見えになってしまうと、下に置くゴミ箱なども見えてしまうので、ある程度塞ぐような形にしたいのです。」
これは、・・難しそうだ・・。

アルダーとステンレスを使った独創的なアイランドキッチン
リビングからキッチンと書斎を眺める。 Sさんのこの部屋は3階で、狭小住宅と言う形になるのですが、コンパクトな間取りでもキッチンと書斎をうまくレイアウトして使いやすい形にされています。だから、キッチンはテーブルのような形なのです。

結果として、コストの比較的安いアルダーの無垢材を使って2台のテーブルの上にカウンターが載るような形にしました。テーブルのような構造から腕が伸びて、大きな天板を支える構造に。さらにステンレスとアルダーの無垢のカウンタトップはフラットになるように考えて、湿気対策としてカビなどが発生しないように、接着の方法と塗装を検討して作ったのです。
ステンレス部分はバイブレーション仕上げで、シンクはいつものシンプルな形ではなく、段をつけたシンクにしています。これは、このシンクを使わないときは、フタをしておけるように、そのフタを載せるための段なのです。フタも同様にバイブレーション仕上げで製作し、みんなで賑やかに使う時は、このシンクの上も使うことで大きなテーブルになるのです。
また、フタをして使うことを想定して、キッチン水栓の位置は、シンクの角に寄せています。
独特の形なのです。

アルダーとステンレスを使った独創的なアイランドキッチン
一番難しかったアルダーとステンレスを平らにした部分。

Sさんからお便りを頂きました。
「昨日はケガをされている中、(そういえば怪我していました。)作業して頂き誠にありがとうございました。
本当に素敵なキッチンで、感動しております!!
とても素敵な本棚・デスク、感動しております!
皆様が帰られてから、さっそく我が家のPCやら本やらを納めて見て使い勝手の良さにほれぼれ。
週末は本棚をソファに座って眺めて夫婦で何度も「素敵だね」と話していました。
キッチンとのつながりが素敵で、既製品だったらこんないい感じにはならなかっただろうと本当にイマイさんにお願いして良かったと思っております。
もしかしたら棚板を追加でお願いするかもしれません。
もう少し使用してみて、またご連絡させていただきます。
これからも末長くお付き合い頂けますと幸いです。」
大変でしたが、とても楽しいお仕事でした。Sさん、ありがとうございました。

アルダーとステンレスを使った独創的なアイランドキッチン
飛び出た天板を支える腕。

アルダーとステンレスを使った独創的なアイランドキッチン
書斎側から見える背面の印象はこのような感じ。

キッチン仕上
天板 ステンレスバイブレーション/アルダー無垢材
扉・前板 アルダー無垢材
本体外側 アルダー無垢材/シルバーハート板目突板練り付け
本体内側 アルダー無垢材/シルバーハート板目突板練り付け
塗装 ウレタンクリア塗装3分ツヤ仕上げ
本棚仕上
本体外側 シルバーハート板目突板練り付け
本体内側 シルバーハート板目突板練り付け
塗装 ウレタンクリア塗装3分ツヤ仕上げ
キッチン
価格:720,000(製作費、塗装費、設備機器は別途)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は20,000円から取付施工費は70,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし