オーダー製作例

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン

さくらひらひら

山手 S様

design:Sさん
planning:Sさん/daisuke imai
producer:yasykazukanai

以前に少し変わったキッチンを作らせて頂いたことがありました。「glamorous」のMさんのキッチンです。クォーツストーンとウォールナットを調色して仕上げた今まで私たちが作ったことがなかった独特のキッチンです。組み込む機器たちも初めて名前を聞く器具ばかりで、あの時は内装施工を担当されたクラフトさんがうまくサポートしてくださったおかげできれいに仕上がることができました。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
玄関からリビングに入るとこのような印象が目に映ります。
鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
そして、反対のバルコニー柄から見た印象。タモのダイナミックな木柄が目に飛び込んでくるのです。
鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
キッチンに入るとこのような感じ。天板もキャビネットも白、レンジフードも白。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
タモの塊がキッチンの手元を隠すようなデザイン。このイメージは雑誌で見たバケラッタさんが設計されてリネアタラーラさんが製作されたキッチンに影響を受けたのだそうです。

そのMさんが私たちを紹介してくださったというSさんからご相談を頂いたのです。とてもうれしいのですが、またとても難解なキッチンだとしたら‥、と少しよぎる不安。(笑)
でも、お送り頂いたファイルを拝見しますと、比較的シンプルな形で取り組みやすそうです。
見積金額をお伝えして、いろいろとお話を進めさせて頂けることに。
ありがたいご縁です。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
ここが奥様のデスク。

このころSさんのご家庭では赤ちゃんがまもなく生まれるというすてきな時期でしたので、その新しい暮らしに落ち着くまでお話を一度置いておくことになりました。
そうしてしばらくしました頃に、Sさんからご連絡を頂いたのです。
「いろいろと考えておりまして、実は最初のイメージとは大きく違った印象のキッチンにしたいな、と考えておりまして。」

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
さすがにこの太さの材は見つからないので、4枚の材をプレスしてこの角材を作りました。

そう切り出して教えてくださった形が、白を基調としたキッチンでした。
そして、その白いピカピカしたキッチンの上に木の塊が載るというのです。
どちらかというと木の表情を大きく見せるキッチンを今まで多く作ってきましたので、この色や表情がどんなふうに調和していくのか私にも見えない部分がありました。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
キッチン側の手元の様子。キャニスターがちょうど隠れるくらいの高さの150mmの立ち上がりにしています。物を載せるカウンターとなっている部分は210mmの幅に。

私たちのキッチンを選んでくださる理由の一つにその表情です、っておっしゃってくださる方が多いのです。
使い勝手はってよく考えると、その人なりのかたちを表現できていると思うのですが、システムキッチンのほうがきっと多機能だし、あれこれチームで考えた形がそこに表現されているわけですからきっと優れたものだと思うのです。
でも、ここに来てくださる皆さんは、イマイさんらしいシンプルな表情が好きなのです。と言ってくださいます。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
シンクの下は分別のゴミ箱が収納されています。

イマイさんらしいのかぁ。うれしいのですが、自分自身でそれが何なのかつかめないまま皆さんとこうして一つずつものつくりを進めていて、ときどきそれで良いのだろうかって疑問に思ったりするのです。
そんな時にSさんのように白いキッチンを依頼頂くと、これは私たちでも良いのだろうか、実は化粧板ならもっとうまく表現できる人がいるのではないだろうか、と心配な気持ちがよぎったりするのです。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
引き出しの様子、その1。
鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
引き出しの様子、その2。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
引き出しの様子、その3。

でも、いろいろとSさんのお話を聞いていると、この形にたどり着くまでの過程もこうしてお話してきたら生まれたのであって、始まりから終わりまでフリーハンドイマイだったからこの形になりえたのかな、とも思ったりして一人安心するのです。
そのようなわけで、今回は少し変わった形を作らせて頂けることになりました。
頂いたSさんのイメージを基に実現可能な形に設計し直して、形が決定。不安もありますが楽しみです。頑張ってよい形にします。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
調味料用の引き出しは、今回はハーフェレのものを採用しました。

ご新居となるマンションは、横浜の山手。桜の季節になると壮大な桃色の世界になる根岸森林公園のそばに建つ趣のある形をした集合住宅です。設計を担当されている方も現場を監督されている方も前回のMさんと同じスタッフさんです。前回はいろいろとお世話になりました。今回もよろしくお願い致します。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
背面の食器棚のカウンターはタモ板目無垢材。ウレタンクリアのつや消し仕上げにしてあるので、導管が感じられる良い手触りに仕上がっています。

メゾネットをスケルトンにして、全く新しい空間を作るということで、ご実家からは距離があってなかなかこちらのほうに来られないSさんに代わって、現場を拝見させて頂きます。
こういう風に施主支給という形でキッチンの施工に入らせて頂くのは、よそ者が現場に入ってくることになると思うので、とても肩身が狭く感じてしまうことがあるのですが、監督さんはいろいろと手配をしてくださっていて、私たちが施工しやすいように段取りを組んでくれておりました。
仕事がしやすくて助かります。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
ちょうどコンロの向かい側あたりの食器棚のカウンターには、コーヒーマシン。
鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
そのコーヒーマシンの下は、家電収納になっています。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
こちらは炊飯器。蒸気が出ないタイプの炊飯器なのです。そして、この炊飯器のデザインにSさんがお仕事で関わっていらっしゃるのだそうです。

やはりね、こういうふうにうまく段取りが進んでいるところだと、各職方さんは仕事がしやすい。風通しが良く動きがスムーズな現場になります。
サイズの確認と配管位置の確認を済ませて、いよいよ製作に取り掛かるのです。

化粧板というメーカーである程度出来上がっているものを採用する場合は、木ですべてをこしらえるのと違って、ある程度できる細工に制限が出てきたりします。
どの部材を使ってどう実現するかをパズルのようにあれこれ考えながら頭の中で形を組み立てていくのです。
そして今回使うことにしたのは、ポストフォーム加工下扉材を使うことにしたのです。すべて私たちのほうで化粧板を貼っていく形よりも角に丸みを持たせることができて、柔らかい印象にすることができるからです。
その曲げ方向もちょっと頭を悩ませました。
メーカーから2種類出されているポストフォーム加工の扉材ですが、どちらを使うとより柔らかく見えるかなあ・・。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
家電収納の隣は調理道具がしまわれている引き出し。この引き出しの上段は、外から見えないように内引き出しにしていますので、閉めた時の印象はとてもシンプルに映ります。

結果、左右が丸みを帯びているものを採用し、手を掛けて開ける部分は私たちが新たに追加加工して、その部分を塗装して仕上げるという少し手の込んだ仕上げにすることにしたのです。
そのほうがコストは高くなってしまうかもしれませんが、印象が柔らかくなって良いですので。
そうして扉材はできあがり、カウンターはデュポン社の人工大理石コーリアンを使うことにして、シンクも同じコーリアンでできた物を使って隙間の無いシンク一体型カウンターにしています。
そこに柄のはっきりとしたタモがドシンと組み合させて完成。
とてもメリハリのあるキッチンができあがりました。
そして、その施工の日もうまくほかの職人さんとバッティングしないように、大工さんとも作業場所が被らない工程を組んでくださって、かなり大掛かりなキッチンと背面の食器棚、そして洗面台という3か所の取り付けでしたが大きな問題なく無事に施工が完了したのでした。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
引き出しの中の調理道具。
鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
引き出しの中の調理道具たち。
鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
キッチンの入り口近くになると、みんなが取り出しやすいようにカトラリーや食器たちにしまわれるものが変わってきます。
鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
お子さんの離乳食なども。そのうちお弁当セットに代わっていくのでしょうね。
鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
引き出しだけではなく、扉も設けています。そこにはお皿がしまわれていました。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
こちらはカップたち。

「Sです。
キッチンも洗面台もとても綺麗な出来で惚れ惚れしています。
そして旦那に家の中でキッチンが一番立派でずるいと言われてます。(笑)
先日の写真をMさん(王禅寺のMさん)にも見せて、すごい素敵!とのお言葉もらいました。同じイマイさん作品でも依頼者が違うと全然違う雰囲気になっておもしろいですね。
引越しして落ち着いた頃にぜひキッチンを見にいらしてください。
さくらが丁度良い時期だといいですね。根岸森林公園の桜は去年はじめて見ましたが本当に立派で綺麗でした。
馬と桜のコラボも今年は堪能できたらと思います。
それでは、またお会いできるのを楽しみにしております。」

こうして、無事にお引渡しが終わったのでした。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
そして、キッチン入り口にあたる部分には、背の高い収納があります。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
パントリーのように使えるようにと、シンプルに棚板だけが入った収納。食品に限らずストックするものなどがうまくしまわれております。

そうして、約束していた桜の季節にあらためて伺わせて頂きました。
すっかりお父さん、お母さんになっていたSさんご夫婦が経つ後ろには満開の桜が。

「今年の桜は長いですね。まだこんなに残っていて。」
「そうですね、森林公園もまだまだ見頃でした。」

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
Sさんの提案でした。「これだ!って形の取っ手が見つからないのです。」ということで、作ることにしたのです。実際にお話を伺ってみると、とてもシンプルな取っ手。でもそれがなかなか見つからなかったのだそうです。

そういう空気はここでしか出せないし、そういうキッチンであるということが最初から最後までフリーハンドイマイだったからできたということなのかもしれませんが、それ以前にやはりSさんがこの場所を選んでこう言う空気でいられる場所にするという心の持ちようがあったから、このキッチンやこの空間がこういう形になったわけで、それでこういう空気が生まれたわけで、なんだかとてもまとまりがない文章になってしまいましたが、その形は成るべくして成ったのです、そういうことです。

鏡面ホワイトとタモを使ったモダンなキッチン
居心地よい時間。
コーリアンとクルミの洗面カウンター
こちらはコーリアンとクルミで作った洗面台。
コーリアンとクルミの洗面カウンター
中央の扉を開けると配管スペースになっていて、左は深めの2段の引き出し、一番右は、扉を開けると棚板が1枚入っているといシンプルな構成です。550mmの奥行きを採っているので、ゆったりと使うことができます。
キッチン仕上
天板 人工大理石 デュポンコーリアンシンク一体型カウンター
扉・前板 鏡面ホワイトメラミンポストフォーム加工化粧板・オリジナル手掛け加工
本体外側 ポリエステル化粧板「マットホワイト」/タモ無垢材
本体内側 ポリエステル化粧板「ホワイト」
コーリアンと白い鏡面化粧板とタモを使ったペニンシュラキッチン
価格:1,220,000(製作費のみ、設備機器は別途)
白い鏡面化粧板とタモのカウンターの背面食器棚
価格:790,000(製作費,塗装費)
コーリアンとクルミの洗面化粧台
価格:300,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は60,000円から取付施工費は170,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち