オーダー製作例

リノベーションした一戸建てにタモのセパレートのキッチン

ただいまが届く家

「オーダーキッチン」

港南台 S様

design:Sさん
planning:Sさん/daisuke imai/P’s supply homes
producer:kouhei kobayashi
painting:kouhei kobayashi

リノベーションした一戸建てにタモのセパレートのキッチン
リビングからキッチンの様子を眺めます。今回使った樹種はタモ材。導管がはっきりと表れるのが特徴。
リノベーションした一戸建てにタモのセパレートのキッチン
ダイニングテーブル越しに見る印象。カップボードとテーブルがSさんの好みをよく表しております。

リノベーションした一戸建てにタモのセパレートのキッチン
キッチン入り口から眺めます。この入り口の広さをどのくらい確保できるかが、今回の解体してみないと分からない部分でした。想定通りのサイズで作ることができたのでひと安心。

「フリーハンドイマイ 様
初めてこちらのフォームよりお問い合わせさせていただきます。Sと申します。
現在、自宅の戸建てリフォームを検討しており、保土ヶ谷にあるピーズサプライ様にお見積もりをお願いしております。
このお見積もりはピーズサプライ様オリジナルのキッチンをベースになりますが、数年前からイマイ様のオーダーキッチンに惹かれておりまして、是非イマイ様のオーダーキッチンのお見積もりも見てみたいと考え、お問い合わせさせて頂きました。
我々のキッチンイメージですが、イマイ様のHPから拝借しますと以下になります。

「まちがいのない人」の茅ヶ崎H様
【イメージに近い部分】
・タモの色と板目を生かしたデザイン。
・ステンレス天板のキッチン。天板の薄さと、へりが立ち上がらないフラットな天板。
・ガスコンロ、作業スペース、シンクの構成。
・ダイニング側の収納。
・タモのバックカウンターと、吊り戸棚と下部にオープンな棚。(バックカウンターの同じような位置に窓があります。)

「すぐそばでご飯を作っているような距離」の裾野Y様
【イメージに近い部分】
・ステンレス天板のキッチン。天板の薄さと、へりが立ち上がらないフラットな天板。
・ガスコンロ、作業スペース、シンクの構成。
・ダイニング側面に収納。木目のあったデザイン。
・バックカウンター側の吊り戸棚の戸棚のサイズ。(この戸棚の下部にオープンな棚があるイメージです。)

「できあがるまで」の川口S様
【イメージに近い部分】
・ダイニング側に面した収納の扉一つ一つの幅。(ダイニング側になるべく干渉しないようにやや小幅な扉を考えております。)

「豊かな色」の田園調布G様
【イメージに近い部分】
・バックカウンターの収納は全面引き出し収納で、上から1:1:2の割合の高さで、縦に3段。

また、家の図面ですが、ピーズ様に作成いただいていた図面を添付いたします。
この図面は最終ではなく検討段階のものです。
その他、お伝えしたいこと箇条書きにします。

・シンクの下はオープンスペース。細長ゴミ箱×3つ収納。
・シンクとガスコンロの間にミーレ食洗機60cmを設置。
・ガスコンロ下はスライドワイヤーシェルフでフライパンなどを収納。
・その横に縦長の調味料・ボトル引き出し。
・フローリングは現在のフローリングの上に重ね貼りの予定。

思いつく限り記載させて頂きました。この内容でお見積もりお願いできますでしょうか。
大変お忙しいところお手数をおかけいたしますが、どうぞ、よろしくおねがいいたします。」

と、大変詳細に丁寧なメールを頂いたのです。

ステンレスシンクに洗剤を置けるポケットを付けました
洗剤ポケットとLIXILのナビッシュ。

しかも今回はリフォームの内装工事をピーズサプライさんが担当してくださるということで、とても懐かしくうれしい日々がよみがえります。
そして、つい最近もお歳暮にとお送りしたビールの数量を間違って、1ケースを7ケースもお送りしてしまい、井上社長から、「イマイさん、多分間違いだと思うのだけど、お歳暮をお送りくださってとてもうれしかったのですが、7ケース届いちゃっててね。たぶん間違いだよね。」と、丁寧に返送してくださったのを思い出します。
あの時は、大変ご迷惑をおかけしました・・。

ステンレスバイブレーション
ステンレスバイブレーションの落ち着いた光沢。シンクのサイズは450ミリ×750ミリ。

そのピーズさんと一緒に仕事ができるのはとてもうれしいなあ。
いつ以来だっけなあ・・、「じぶんの暮らしを作ろうよ」のAさん以来だ。久しぶりでワクワクしますね。

シンクの下はゴミ箱置きスペース
シンクの下はゴミ箱を置くスペース。シンクの手前には、調理家電用のコンセントと、タオル掛け。タオル掛けにスプレーボトルをかけている方、結構多いのです。ちなみにこのタオル掛けをもっと上につけたいというお声をよく聞きます。私も背が高いので特にそう思うのですが、木部に濡れたタオルが触れることになってしまいそうで、なるべく触れないように下につけることが多いのです。

その後、Sさんと何度かやり取りさせて頂いて、こちらにいらして頂けることになりました。
「ご確認ありがとうございます。では5/5の9時に訪問させて頂きます。
場所の詳細なご案内ありがとうございます。当日はおそらく車で伺う予定です。
実は4年ほど前に近くを車で通った際にショールームを覗かせていただいたことがあり、おぼろげに場所は覚えております。
では当日楽しみにしております。」

ミーレの60センチの食器洗浄機
食器洗浄機はミーレの60センチのもの。「G4920SCi」

んっ!そういえば、クレミルに来てくださったご夫婦でピーズさんと相談されている、とおっしゃっていた方がいらしたような・・。そうして、メールも見返してみると2013年もキッチンのカタログを取り寄せて頂いてるではありませんか。
おぉ、それほど長い時間をかけて私たちを見てくださっていたとは、いまさらですがありがとうございます。

リンナイのデリシアを導入
ガスコンロはリンナイのデリシアグリレ。

打合せ当日は、とても楽しい時間で、最初にお会いした時のお話やピーズさんとのお話、そしてキッチンのお話といろいろとSさんご家族の人となりがよく分かったのでした。
最初に頂いていたしっかりしたご要望と、この打ち合わせでSさんのご要望はほぼまとまり、イメージの方向性もしっかり見えて、形が決まっていったのでした。

ガスコンロの下は引き出せるワイヤーシェルフ
コンロの下はスライドワイヤーシェルフ。引き出して使えるのはもちろん、取り外して洗うこともできますので、使い勝手はとても良いのです。

ピーズさんの工事の内容もほぼまとまり、キッチンの形も決まったので、ピーズさんにご挨拶を兼ねて打ち合わせに伺います。
懐かしいアトリエと変わらない空気です。
以前伺った時には井上社長からいろいろなことを教えてもらいました。
私たちのずっと前をゆくひとからのお話はとても勉強になります。
今回も長々と御邪魔させて頂き(笑)、楽しい打ち合わせの時間となりました。

まな板を置くスペース
皆さんがいつも気になるまな板スペース。Sさんの場合はここです。
調味料用の引き出し
調味料量の引き出し。引き出しは祖父路クローズスライドレールなのですが、幅の狭い引き出しように側面付けのレールになります。ちょっとだけ引きが重いのが難点。

ボトル用の引き出し
こちらはボトル用の引き出し。同じく側面付けのソフトクローズレール。

その後、実はまだSさんのおうちを見ていなかったので、ちょうどピーズさんがSさんのところへ伺うということでしたので解体前の最後の打ち合わせにご一緒させて頂くことにしました。
さて、どんな家なのか見るのが楽しみです。

リノベーションした一戸建てにタモのセパレートのキッチン
こちらがバックカウンター。引き出しは手を掛けて開けるようにしています。

辿り着いたのは、環状線から少し入ったところにある静かな住宅街。そしてその路地の角に立つ古いおうち。
なんとなく、「魔女の宅急便」でニシンのパイを作っていたおばあさまの家を思い起こさせるようなどこか懐かしい佇まい。
「ステキなところですね。」
「このままでもとても魅力的なのですが、やはり古くなってきている部分もあるし、キッチンの向きも変えたかったので。」
それで今回のリノベーションになったのですね。

吊戸棚は天井までのスペースを開けて
吊戸棚は、天井まで作らずに上を開ける形にしています。リビングから吊戸棚が見えるレイアウトになる場合は、このサイズ感が気持ちよく映ります。

こうして、お話がまとまったところでいよいよ工事の始まりです。
これでよりSさんの思いや好きな空間が分かったような気がしました。
この後は室内の解体が終わるタイミングで、あらためて実測に伺わせて頂き、それからいよいよ製作の最後の仕上げになります。
今回は工程的なタイミングもあって、多少寸法の逃げを見て先行して製作に取り掛かっていたのです。
そうしないと解体から大工工事が早いので、キッチンの設置もそれに合わせないと左官屋さんの仕事が止まってしまうからです。(と、実は今回の左官はSさんご夫婦で行なうのでした!)

お盆やトレー、オーブンの天板を置くスペース
奥様のご要望で作ったトレイやお盆、マットや天板を置くスペース。この印象がとてもよく、とても使いやすそう。

リノベーションした一戸建てにタモのセパレートのキッチン
家電はこのあたりにまとめて置かれています。カウンターの大部分は背面に窓があるので、その明るさを大事にしたいのです。

リフォームにはこういう部分があるのです。
実際に壁を壊してみないと、分からない構造があって、事前に壊してしまうと生活が続けられなくなってしまうこともあります。
だから、解体が始まるまでは図面や現状とにらめっこして、ここはきっとこういう納まりだからこういう構造になっているはず、という想定で間取りを確定しなければいけない部分も出てきます。
ピーズさんは新築もリノベーションも得意としているので、このあたりの読みはとても鋭くて、Sさんが仮住まいに移られてすぐに始めた解体で想定通りの構造になっているのを確認できたのでした。
ですので、先行して作っていた部分も問題なく納まりそうで、あとは大工さんの工事が終わるタイミングで私たちが工事に乗り込むのです。

リノベーションした一戸建てにタモのセパレートのキッチン
引き出しの様子、その1。

リノベーションした一戸建てにタモのセパレートのキッチン
引き出しの様子、その2。
リノベーションした一戸建てにタモのセパレートのキッチン
引き出しの様子、その3。
 

リノベーションした一戸建てにタモのセパレートのキッチン
引き出しの様子、その4。

リノベーションした一戸建てにタモのセパレートのキッチン
引き出しの様子、その5。

壁も予定通りに作ってくださってくれていたおかげで、設置工事はスムーズに終わり、そのあとの配管工事もピーズさんがいつも通りにとてもきれいにまとめてくださったおかげで、無事に完了。
あとは、お引き渡し後にSさんにご挨拶に伺うだけです。

「おはようございます。Sです。引き渡し無事に終わりました。
まだ梱包の解けていないダンボールが散乱していたり、私がDIYで完成しなければならないところがまだ残っていたりと落ち着くまではもうしばらくかかりそうな感じです。
キッチン、妻がとても喜んでます。
細部の作りなど完璧な仕上がりで、ほんとすごいですね。横に揃った木目が美しいです。
設備機器も問題なく使い勝手が良いです。
諸々のことは実際に使い始めた妻が教えてくれると思いますが、妻も私もやっぱりイマイさんにして良かったと感じてます。
先日、娘がさっそく夕飯の料理のお手伝いをしたようです。
これから妻と並んで食事を作る姿が見れるんなだと想像すると、娘が急に成長したような気がしてうれしいような、すこし淋しいような気にさせられます。」

そして、Sさんの暮らしの様子を拝見させて頂きにお邪魔しました。
今回、リノベーションしたのはSさんのご実家だったのでした。だから、ニシンのおばあさまのような懐かしい空気が漂っていたのですね。
そして、実際に公示したのは1階のリビングダイニングをメインに行なったのです。
お邪魔させて頂いた時にふと見るとリビングの壁に穴が開いて窓になっていて、そこから向こうの廊下が見えるのでした。
その向こうに見える昔ながらの建具や佇まい。
「へぇ、すてきです。こういう空間の見せ方があるのですね。それに向こうの景色に違和感がなくてまとまっています。」
「そうなのです。今回は予算のこともあって、公示したのはこちら側がメインになるので、古い様子がところどころ残っているのですが、それが違和感なくこうしてつなげてくれたのはうれしいところです。」
これならお子さんが帰ってきてもすぐに分かる。楽しそうな声が響いている様子が目に見えるよう。
すてきです。
そういう暮らしに携われたことに感謝いたします。

キッチン仕上
天板 ステンレスバイブレーション
扉・前板 タモ板突板練り付け
本体外側 タモ板目突板練り付け
本体内側 ポリエステル化粧板「ホワイト」
塗装 オイル塗装仕上げとウレタンクリア仕上げ併用
ステンレスバイブレーションとタモのキッチン
価格:800,000(製作費・塗装費のみ、設備機器は別途)
タモのバックカウンターと吊戸棚
価格:700,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は50,000円から取付施工費は150,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち