オーダー製作例

チェリーの框扉

風が流れて

「リビングボードのオーダー」

杉並 S様

design:Sさん/daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:yasukazu kanai
painting:yasukazu kanai

「リビング収納、キッチン収納について一度ご相談させていただけたらと思っております。
新築マンションに2月上旬に引越す予定でマンションの内装を担当している業者さんに相談していたのですが、家具の素材感や質感に違和感がありまして、家具屋さんをまわったりネットでも調べているうちに、貴社のウェブサイトに たどり着きました。製作例を拝見し、家具そのものもそうですが、それぞれ使い手と作り手の思いがたくさんつまった家具が出来上がるまでのストーリーがとても素敵で、何より丁寧なお仕事ぶりにこちらなら安心してお任せできると思いました。」
と素敵なお便りを頂きました。

ホワイト塗装仕上げの扉とチェリー無垢材の食器棚
食器棚全体の様子。

でも、まだ自身でどのような形にされたいのかがまとまらない、ということで食器棚のイメージはおおよそまとまってきたのですが、リビングの家具は自分の好きな家具をそろえておく形にするかどうしようかと迷われていたのでした。

ホワイト塗装仕上げの扉とチェリー無垢材の食器棚
扉を開けた内部は、メーカーのオフホワイトのポリエステル化粧板を使っています。扉よりも少し明るめですが良い印象です。

まずは食器棚。
お持ちのダイニングテーブルがチェリー材でできているということで、その素材からお話を広げていくことに。
個人的には、全面的にチェリー材を使った形で食器棚を作り上げたいなと思うところでしたが、Sさんとしては、床も建具も色が濃いのでキッチンの印象が重くならないように、というお考えもあって、いろいろ悩んだうえで、白く塗装をして仕上げる部分をメインに、部分的にチェリーを使う形でお話がまとまりました。

ホワイト塗装仕上げの扉とチェリー無垢材の食器棚
オープン棚と天板にはチェリーの無垢材をオイルで仕上げた形。

白くするのも、方法としてはメーカーで作られている白い化粧板をそのまま使う方法もありますが、今回はひと手間掛けて塗装で仕上げることにしたのです。
化粧板のままと塗装だとそれほど違うのですか、とよく言われるのですが、これは写真だとちょっとわかりにくくて、実物を見て頂けるとなるほど、と皆さん納得してもらえます。

ホワイト塗装仕上げの扉とチェリー無垢材の食器棚
下の収納の構成は、引き出しだけではなく、一部扉にしておいて柔軟に物がしまえるように、という形。

化粧板も一般的なポリエステル化粧板を使ったオーソドックスな仕上げと、メラミン化粧板を使って角を曲げて作る方法や、薄い化粧板を3次元で折り曲げて作る方法などいろいろなものがありますが、塗装仕上げの一番良いのは、やはり表情が柔らかく仕上がるという点だと思います。
食器棚の本体まで塗装仕上げにするとかなり手間がかかって費用が高くなってしまうので、本体は化粧板を使い、扉や引き出しの前板を塗装して仕上げることにしたのでした。
扉や引き出しの前板は角を少しだけ丸めることで塗膜がのると、とても滑らかな面が取れた仕上がりになります。
また、今回のSさんのように手掛けの仕上げにすると、その部分も滑らかに塗り包むことができますので、お豆腐のように滑らかに仕上がるのです。

ホワイト塗装仕上げの扉とチェリー無垢材の食器棚
そして、その中は市販のスライド収納をうまく活用して使っていらっしゃいました。

そして、色も真っ白ではなく、壁が少しグレー掛かったクロスでしたので、トーンを少し落とした白で仕上げています。
そして、天板とオープン棚だけチェリーを使う形にして、とても明るい印象でまとめることができたのでした。

ホワイト塗装仕上げの扉とチェリー無垢材の食器棚
そして、引き出しの様子。そこに柄物を敷くと印象がだいぶ変わるのですね。

ホワイト塗装仕上げの扉とチェリー無垢材の食器棚
引き出しの様子。ケースをうまく使って、細かいものと大きなものを仕切っています。

ホワイト塗装仕上げの扉とチェリー無垢材の食器棚
お弁当用品。

ホワイト塗装仕上げの扉とチェリー無垢材の食器棚
深いところには水筒。私たちが子供の時は水筒持参で登校しなかったものですが、今の子たちは必ず持っていきますものね。

ホワイト塗装仕上げの扉とチェリー無垢材の食器棚
それほど背の高くないカップたち。ちなみにスライドレールはソフトクローズ。レールが隠れているのも良いポイント。

ホワイト塗装仕上げの扉とチェリー無垢材の食器棚
細かな調理道具やラップ、ジップロックなど。

ホワイト塗装仕上げの扉とチェリー無垢材の食器棚
そして、お菓子に乾物。

ホワイト塗装仕上げの扉とチェリー無垢材の食器棚
深い引き出しはパントリー的な役割。

それから、今回ちょっと面白い試みだったのは、この食器棚が間仕切にもなっていることです。
写真だとその感じが分かりづらいのですが、実は、Sさんの間取りはキッチンから洗面室に抜けられるようなになっていたのです。
でも、その出入り口を使わなくても、キッチンから一度廊下を経て洗面室に入る形でも不便が全くない、ということで、この通路を塞いで、その分食器棚を広く作りたい、という希望だったのでした。
通路を生かす形にすると、この食器棚の幅の2/3ほどの幅しか取れなくなってしまいそうでしたので。
そこで、通路は塞いで食器棚を大きくして、そのかわりにそれでうまれる段差を利用して、洗面室側からはこの出入り口を活用して、物入れとして使えるようなスペースにしたのでした。
これはSさんのアイデア。皆さんからは本当にいろいろなことを教わります。

ホワイト塗装仕上げの扉とチェリー無垢材の食器棚
こちらが洗面所から見た食器棚背面。真ん中にチェリーの木口が現れていますね。冷蔵庫を置く部分と出入り口が兼ねられていて、壁の出っ張りが200mmほどあるのです。この段差を利用して洗面室側から物入れにしようというのが、今回のポイントの一つでもありました。

さて、これで食器棚のプランはまとまって取付のほうも順調に終わりましたタイミングで、いよいよリビングのイメージがSさんの中でまとまってきまして、製作に着手できそうです。
この食器棚設置までの期間で、実際にご新居で暮らしてみて、何かどのように必要なのかが見えてきたのでした。

ホワイト塗装仕上げの扉とチェリー無垢材の食器棚とチェリー板目のリビングボード
リビングとキッチンの印象。

あらためて打ち合わせを行ない、形をまとめていきます。
こうしてできた形はシンプルで柔軟性がある形になりました。
あえて挙げると、パイプスペースが壁に現れていたので、そのでっぱりの印象をうすくするためにカウンターを変形させたことくらい。
あとは落ち着きのある素朴な形となったのです。
当初はテレビボードまで含めた形で予定しておりましたが、そちらはもともとお使いの家具がまだまだ使えますし、全体のまとまりを崩すような形ではなかったのでそのまま使うことになり、印象としてはダイニングのあたりをまとめる家具のような印象になりました。

チェリーの框扉
カップボード。

さて、これでお部屋全体がきれいに整いましたね。
また、何か必要なことが出てきましたらいつでもご相談くださいね。
と、そう終わる予定だったのですが、半年ほど経った冬にSさんからご連絡を頂きました。
どうやら扉が反ってしまったということ。
「木の動きですので仕方ないとも思っているのですが、作って間もないこともあってどうにか調整して頂けるととてもうれしいのですが・・。」
ということで、ちょうど大雪が都内に降ったあと、ガリガリ言いながらSさんのところへお伺いしたのでした。

チェリー板目のリビングボード
リビングボード(ダイニングボード)全体の印象。壁の出っ張りを吸入することで、落ち着いた印象。

「お邪魔致します。」
とリビングに案内して頂くと、なるほど反っております。
手前に向かって乾燥して縮んでいるのでした。
エアコンはこの冬の寒さで使っていたということですが床暖房などは特になくて、それほど無理な乾燥状態で過ごしたしたこともない、ということで。
ちょうどこの時期、こういった反りが出るというお話をいくつかご相談いただいていたのです。

チェリー板目のリビングボード
壁の出っ張りに合わせて加工したカウンターの納まり。壁から埋もれているようにも見える印象。

突板を使っているのに、こうなるなんて・・。
いずれも反りが出ている時は斜めに歪むのです。
はっきりとした原因がつかめないまま、反り止め金具を使って矯正する方法を採らせて頂いたり、あまりに大きな反りの時は新しく作り直したりして、対応させて頂きました。

チェリー板目のリビングボード
扉や引き出しは、リビングもキッチンも手掛け。

Sさんの場合も、はっきりとした原因はつかめませんでしたが、ある方法(それほど大それたことでありませんが秘密でございます。)で新しく作り直すことでひとまず改善はできたと思います。
扉自身の感触も良くなってひとまずはその新しい扉で経過観察することにしました。
作り直した扉をお持ちした時は、春風が吹くころでした。
「イマイさんのおっしゃるように扉がだいぶ直りました。」
春風はしっとりとSさんのリビングを流れているのでした。
「本当だ。でも、良い方法で作り直してきましたので、新しいものにしますね。」
この動きのある扉は、今後のための勉強材料にしないと。

チェリーの框扉
今回はアクリルではなく、ガラス。ほんのりみどり掛かります。そして、ガラスの押さえ縁が良い印象。
チェリーとオフホワイト塗装の食器棚
価格:620,000(製作費,塗装費)
チェリーのリビングボード
価格:690,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は30,000円から取付施工費は90,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち