オーダー製作例

チェリーと真っ黒な天然石を使ったキッチンとアイランドカウンター

Hutte

鎌倉 K様

design:Kさん
planning:daisuke imai
producer:masakane murakami
painting:Kさん

鎌倉の山のふもとにある家をリフォームして住むのだというKさんは、鎌倉のNさんのキッチンを見て私たちに相談をしに来てくださったのでした。
予算も限られていまして、奥様が望む要望をうまく取り込んで、あとはとてもシンプルな形を目指して作ることになりました。

チェリーと天然石のセパレートキッチン
玄関を上がるとすぐに飛び込んでくるこの姿。
現代美術の作家さんでもあるご主人のKさんは、今回自らリフォームを行うことに。「車じゃなかなか分かりにくくて、携帯も通じないかもしれないので。」ということで鎌倉の駅で待ち合わせて、案内して頂くととてもわつぁひたちのトラックでは乗り込めないのではないかと思えるくらいの道を通って辿り着いたのは小道でした。
「ここからは歩きなんです。だから、搬入はちょっと大変かも。」と言われるままに20mくらい歩くと、言葉の通り山のふもとに白い古い小屋のような平屋のおうちが。
「ここです。」

チェリーと天然石のセパレートキッチン
キッチン全体の様子。
「おお。」
と、言うのが私が最初に思った感想です。
「このこじんまりとした空間がどんなふうに仕上がっていくのだろうか・・。」
一度、中を解体してから、お知り合いの大工さんとご主人とで時間を見ながら内装を仕上げていくということで、根太がむき出しになった現場で、ご主人と奥様と3人でイメージを膨らませながらどんなキッチンにしていくかを相談します。
奥様が使いたいと考えていたのは、アメリカンチェリー。本当は無垢材で表情豊かな印象にしたいところでしたが、どうしてもコストを抑えることができなかったので、今回はすべて突板で仕上げることに。そして、どうしてもこれは使いたいとおっしゃっていたのが、カウンターのトップに天然石を使いたい、ということでした。
私たちのキッチンでは、それほど天然石を使う機会は少ないのですが、今まで使ったことのある、シルバーブロンズやピンファランと言った石種のサンプルをお見せしながらいろいろと考えたのですが、できればチェリーとコントラストが良く出るもっと黒い石にしたいということで、真っ黒の中に金色や銀色、そして虹色の粒がちりばめられたブラックギャラクシーと言う幻想的な表情の石を使うことにしたのです。

チェリーと天然石のセパレートキッチン
ガスコンロのまわりの静かな印象。
チェリーと天然石のセパレートキッチン
そして、シンクは2層式に。浄水で食べ物が洗えるように分けたいというご要望からでした。 「浄水器まで予算が回らなくて、ひとまずここは洗い物を置く場所に。」と奥様。
チェリーと天然石のセパレートキッチン
そして、洗い物をするほうのシンクには洗剤を置いて置けるようなポケットをつけています。それから、シンクに段をつけているのは、個々の段に合うちょうど良いサイズのまな板があるので、ここにまな板をはめ込んで使うようにするのです。 皆さん、それぞれのいろいろな工夫があります。
チェリーと天然石のセパレートキッチン
今回ガスコンロやレンジフード、そして天然石の色は、奥様の希望で黒いものにしたのですが、とても良い表情にまとまりました。
チェリーと天然石のセパレートキッチン
ガスコンロの下はいずれはオーブンなどを入れられるようにと考えていますが、今のところは今まで使っていたオーブンレンジをしまっておくスペースにすることに。
チェリーと天然石のセパレートキッチン
コンロの隣の細いスペースは調味料がしまえるスライドストッカーをつけています。
チェリーと天然石のセパレートキッチン
壁付けのキッチンの向かいにあるアイランドカウンターは食器棚として活用されています。
チェリーと天然石のセパレートキッチン
すべて扉を開けると中に可動棚が入っている形なのですが、1か所は引き出しがあったほうが使いやすい、ということで、この場所にチェリーの引き出しを。 あとはすべて可動棚。カゴやケースをうまく生かしてKさんらしい使いやすい食器棚になっておりました。

チェリーと天然石のセパレートキッチン
その引き出しの印象。
ご新居ができてしばらくしましたら、Kさんに待望の赤ちゃんが。すべてが手作りのこの山小屋のような新しいうちで、温かな暮らしが今はじまりました。

キッチン仕上
天板 天然石「ブラックギャラクシー」とステンレスシンク
扉・前板 アメリカンチェリー板目突板練り付け
本体外側 アメリカンチェリー板目突板練り付け
本体内側 ポリエステル化粧板「ホワイト」
塗装 ワトコオイル塗装「ナチュラル」(Kさんが施工)
費用については、お問い合わせくださいませ。
ちょっと関わりのありそうな家具たち