オーダー製作例

ヘアサロンの看板をレッドシダーで製作

ふた変化

大塚 ヘアープラッツ悠雅様

design:Hさん
planning:daisuke imai
producer:gaku suzuki
painting:gaku suzuki

ヘアサロンの看板をレッドシダーで製作
ヘアサロンの時。

ヘアサロンの看板をレッドシダーで製作
リフレクソロジー・アロマセラピーの時。

木製パーテーションや小さなレジカウンターなど、2009年からはじまったお付き合いの中で何度か家具というか、お店で使うものの製作依頼を頂いている大塚にあるヘアーサロン「悠雅」さん。
久しぶりに棚板が必要になったり、引き出しの傷んだところを点検している時に、「イマイさんのところでは、家具やこういうお店の什器以外に看板なども作ってくださるの?」と言うお話しになりました。
今までは、このサロンを開いた時にお付き合いのあった内装屋さんに頼んで作ってもらった看板だったのですが、外に置くこともあってだいぶ傷んでしまっていたことと、重いこと、そして、一番の理由は、今まではカットサロンだけで営業されていたお店をセラピーのサロンとしても活用していきたいということだったのです。
「何年も前からずっと考えていたのよ。」とうれしそうな羽鳥さん。
今までの看板は、大工さんが作ってくれた三角形のベースにお店のカラーの少し深い意赤色に白地の「you.Ga」のプリントをアクリルで挟んだものを取り付けていたのでした。
「だんだんと木の温かい感じが増えてきたから、木の表情が良く出た看板になるといいな。」と羽鳥さん。
何しろ、看板なんて今までに作ったことはありませんでしたので、いろいろと考えながらこの形に辿り着きました。良い感じです。レッドシダーの初々しい色もしばらくするとよい銀色になってくるはずです。その時にかはより看板の色が引き立つかな。時間が経ったその頃に、また会いに来ますね。

ベイマツを使った美容室のサインボード
雨が染み込まないように置いたスチールのお皿にペンキを塗って、ちょっと縁をつけて、お花が置けるようにしました。
ベイマツを使った美容室のサインボード
看板を入れ替える時は、黒い額縁を手で引っ張るだけ。額縁と看板の躯体の中にネオジムマグネットを仕込んで、取れにくいようにしているのです。

ベイマツを使った美容室のサインボード
フライヤーケースも作らせてもらいました。
サインボード
価格:302,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は20,000円から

ちょっと関わりのありそうな家具たち