オーダー製作例

チェリーのコンポ用オーディオボード

さりげなく、贅沢

大和 K様

design:Kさん
planning:daisuke imai
producer:tautsya suzuki
painting:tatsuya suzuki

チェリーのコンポ用オーディオボード
全体の印象。
「いいね、雰囲気もピッタリですね。」そうKさんは言ってくださいました。最初にお送り頂いたラフスケッチのプランほぼそのままを形にしたキャビネットです。とてもバランスが良くできているし、チェリーの色合いがとても良いです。

こちらに来て頂いたKさんの父の話はすんなりまとまり、後日私が伺うことになりました。Kさんの住む場所は、私が小さい頃を過ごした場所の近くです。今でもよく通る場所なので懐かしさはないですが、慣れ親しんだ景色を見るのはとても落ち着きます。
「境川」という私が子供の時分には、汚れていた川も今はとてもきれいになっている。ちょっと今の子供たちがうらやましい・・。
子供の頃はよく家から大和駅あたりのお店に行くのに友達と自転車で駆けたものです。
私は団地に住んでいたので、歩いて十分くらいの範囲でいろいろ揃っていました。スーパーマーケット、ゲームセンター、プラモ屋さん、学校、そろばん教室、遊び場。小学校時代に電車に乗って遠くに行くことなんて滅多にありません。団地内の道路は車が入れないから、めいいっぱい道路を使って「セッチ」や「中あて」(こんなボール遊びの名前知っているかな。)をしたり、遊び場学校のグランドでみんなとサッカーやバスケットボールやドッヂボールをしたり。近所のおばさんが通りかかれば声を掛けてくれるし、母親たちは用事があれば、自宅の窓から大声で子供たちを呼ぶのです。(降りてくればいいのに・・。)
賑やかでしたね。そんな小さな団地の世界が小さな私たちの全てでした。時々自転車で2駅くらい遠くまで出掛けたりするのはちょっとした冒険で、団地のすぐそばを流れるちょっと汚い境川はそんな私たちの道しるべでした。この川沿いの道を走っていればいつかは何処かにたどり着くし、必ず家にも帰れるって知っていました。だから遠くに行くのも怖くなかったし、そのうち一人でも走れるようになった・・。
そんな思い出がある川です。あの頃の新鮮な気持ちとはまた違った気持ちで今もよくこのサイクリングロードを走ります。
打ち合わせに来たその日はお天気に恵まれたのでもちろん自転車で打合わせです。すれ違う数人のローディも何だか楽しそう。
打合せと言っても内容はほぼ決まっていたので、設置場所と仕上げの色を確認しに来たのです。だから打ち合わせもすぐに終わってしまって、ちょっといろいろなお話をしていたら、Kさんもちょっと前まで自転車になっていたのだそうで。さっそく見せてもらいました、オリジナルのMTBを。2/25のブログにそのことが載っていますよ。

かなり手を入れて仕上げたバイクなのだそうです。

なんかこういうお話ができるのはうれしいな。
と、2/25に打合わせに伺っているのに、できあがって納品したのが先日の5/12でした。「別に急いでいないからいいですよ。イマイさんのペースでやってください。」と言うお言葉に甘えてしまって・・、大変お待たせ致しました。
今回の製作は、独立したばかりの鈴木君に独立後最初のお仕事として頼みました。一人でやっていくのは大変だろうけれど、彼の決めた道だから、これからがんばってもらわないとね。そんな応援の意味も込めて。

チェリーのコンポ用オーディオボード
ガラスは内部が半透明に映るタペストリーガラス。
チェリーのコンポ用オーディオボード
チェリー無垢の天板の印象。
チェリーのコンポ用オーディオボード
木口の面取は大げさにせずにシンプルに。
チェリーのコンポ用オーディオボード
框の組み方は違い胴突き。
チェリーのコンポ用オーディオボード
下の引き出しの印象。
チェリーのコンポ用オーディオボード
左側の引き出しは、CDがきちんとしまえるように仕切りを入れています。
オーディオボード
価格:332,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は10,000円から

ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし