オーダー製作例

シナの積層を使った整理タンスとアルダーのスツール

まるまると優しい

寒川 T様

design:daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:gaku suzuki
painting:gaku suzuki

お茶のまるしげ」の看板姉妹の妹さん、あかねさんにもうすぐお子さんが生まれるのです。そんな生まれてくるお子さんのための家具を、「どうしてもイマイさんに作ってもらいたいんです。でもデザインその他はお任せします。」と言われてしまったので、悩んでいました。細かい要望がない分、形はどんなふうにも広がっていくので、どこに向かって形を考えていけばよいかとても悩むわけです。
とりあえず取っ掛かりを探します。
ちょうどこの頃、まるしげさんのウェブサイトの製作に携わっていたこともあって、なんとなくですが、漠然としたあかねさんのイメージを少しずつ汲み取ることができました。
まずはコストを考えて、使いやすい素材をということで、アルダーとシナ合板を選びました。それをどうするか・・・。
子供のための家具ならば、ちょっとは遊んだ形にしたいなあと思って、シナ合板はシナ合板でも積層のものを使うことにしました。ただ、積層の板は、薄い木を重ねただけの構造なので木口面からネジ止めしたりするには少し弱いのです。反対に積層面を突き抜けるように固定することに対してはかなりの強度が得られます。また積層にした材料はかなり重いのです。そんなわけでタンスの箱本体は普通のシナ合板を使い、引き出しの前板に積層のシナ合板を使いました。今回使ったシナ合板は、メーカーで出ているものではなく、3mmの厚みの板を自分たちでプレスして製作しました。なぜそうしたかと言うと、メーカーから出ているものだと通常家具材ではなく、建材、構造材なので作りが大柄なのです。また積層1枚の厚みが4mmあるので、うすく細かい積層のきれいさが出ないのです。また表面はシナでできていても、内部の積層板は、通常はラワンでできているので、塗装をしたときの色があまりきれいじゃないのです。そんなわけでシナの3mm材を6枚重ねて18mmの積層板を作ります。
よし、これでウェハースのような家具になるかな。そのウエハースな感じを常に見てもらえるように、引き出しの開閉はその積層の板をくりぬいてそこに手を入れて使ってもらう形にしました。そこから見えるウェハースが可愛らしい。
スツールは、日用に使う以外にお店でも使えるようにということで、シンプルだけれどしっかりした形を考えてみました。
が、結果、強度を考えていたら以外に複雑な作りになってしまいましたが、とても良い形に仕上がったので良かったかな。
私の独りよがりなデザインでしたが、あかねさんとご主人にも、とても喜んで頂けたので、ひと安心。
子育てがんばってくださいね。

シナの積層を使った整理タンスとアルダーのスツール
タンスの天板は両側と背板を少し延ばして物が落ちないように。

シナの積層を使った整理タンスとアルダーのスツール
積層の印象。

シナの積層を使った整理タンスとアルダーのスツール
脚部の印象。

シナの積層を使った整理タンスとアルダーのスツール
こちらがスツール。

シナの積層を使った整理タンスとアルダーのスツール
持ち出し接ぎ。

シナの積層を使った整理タンスとアルダーのスツール
相欠き。

整理タンス
価格:208,000(製作費,塗装費)
授乳スツール
価格:33,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は10,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし