オーダー製作例

タモで作るワードローブ

木立のなかで着替えましょう

鎌倉 N様

design:daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:gaku suzuki
painting:gaku suzuki

昨年、キッチンを作らせて頂いたLUCCAのIZUMIさんから再びメールを頂いたのでした。
「ご無沙汰しております、鎌倉のNです。
GWも終わり、日に日に初夏が近づいていますね。その後お変りありませんか。
おかげさまでキッチンはとても使い易く、毎日あの場所に立つのが本当に楽しいです。
棚のほうにも少しずつお気に入りのものを追加したりして色々と楽しんでいます。
週末にしか時間が取れず、かなりのんびりペースですが、あれこれ考えながら少しずつ生活空間が充実していくのが今の専らの楽しみです。
そんな中、イマイさんにご相談というか、問い合わせさせていただきたいことがありまして。
我が家の2Fの収納についてなのですが、現在、2Fの部屋に造り付けの収納は付けておらず、当初は市販のクローゼットを購入する予定でした。
予算等の問題もあり、2Fのプライベートな場所の家具ということで、ある程度妥協したもので賄おうという考えです。
そこでいくつか市販のものを見に行ってみたのですが、なかなか希望のものが見つかりません。
まず、やはり市販のものだと第一にサイズが希望となかなか合わないこと、もう1つ、実はクローゼットを将来的には部屋の間仕切りとして使うことが出来ないか?
という考えを持っているのですが、市販の(安価な)クローゼットは壁付けで使うことが前提なので、背板に化粧が施していないものがほとんどです。(ベニヤ板?がむき出し・・・みたいな。)
私たちも最初は壁付けで使う予定ですが、いずれ部屋の間仕切り的に使うことを考えると背板もそれなりに見た目が良いものがいい・・・という希望がありまして。
クローゼットといっても本当にシンプルな四角い箱で、内側にはハンガーを掛けるポールが1本通っていれば十分と考えています。
木の素材も特にこだわりはなく(見た目重視というよりも予算重視な家具として考えているので・・・)ただし、背面から見ても格好の悪くないものを、と考えています。
色も、素材そのものの色か、もしくは木の種類によっては白い塗装でもよいかなと考えています。
このようなものをイマイさんにお願いして良いのかちょっと気が引けましたが、なかなか希望のものが見つけられなかったので、やはり今井さんに聞いてみよう・・・とご相談させて頂いた次第です。
ご依頼させていただくことが可能かどうか、また、予算等の問題もありますので、もし可能であれば一度ざっくりとしたお見積もりをお聞かせいただければと思いメールいたしました。
また、こちらは全く急ぎでありませんので、お手隙の時にでも(といっても毎日お忙しくされていらっしゃると思いますが・・・)お返事頂ければ幸いです。
では、いつも長々とすみません。どうぞよろしくお願いいたします。」
面白そうなお話です。でも、形がシンプルなだけにそれに見合った費用で作れるかどうかが心配なところですが・・。
そこで、なるべくシンプルだけれど存在感のある形を、と考えてみたのです。
今までも服はハンガーにそのまま掛けて使っていたと言うことですので、扉は省いて、よりシンプルな形に。
のちのち間仕切りになるように存在感のある木が良いな、と思って、個人的に気に入っているタモ材のウネウネした表情で。
ただの箱になっては面白くないので、将来的に扉をつけることもできるように、その扉をつけた時に、すべてが平らで整うように、引っ込めるところは引っ込めて、ハンガーパイプはパイプの受けさえも外してシンプルな感じにして、さらにオイルではなくもっと生地に近い感じで・・。
そうしてこの形を考えたのです。
「お世話になっております。
お忙しいなか、さっそく、図面と見積りをお送りいただきありがとうございます!
いつもながら、かゆいところに手が届くような今井さんの丁寧なプランを拝見して本当に嬉しくなりました。
ぜひイマイさんにお願いする方向で検討させていただきたいと思います。
やはり長く使っていこうと思っている家具は、イマイさんにお願いしたいと思いました。」
と言ううれしいお返事。良かった、かゆいところに手が届いたのですね。
その後、シンプルな形のクローゼットは、夏の納品に向けて製作を進め、順調ではありませんでしたが、無事搬入も終わり、(階段から搬入できると見込んでいたのですが、なんと、回転させることができなくて、アタフタ。ご主人の手もお借りして、どうにかバルコニーから荷上げしたのです。)納品できたのでした。
「こんにちは、Nです。
土曜日は大変お世話になり、ありがとうございました。 クローゼットは早速服を掛けてみたり、昨日も追加で無印に収納BOXを買いにいったり。
扉無しのクローゼットって実際どうなんだろう・・・と多少不安もありましたが、佇まいがしっかりしているので、十分雰囲気もよく、このまま気持ち良く使えそうです。
また、部屋の模様替えと共に、あのクローゼットが色んな役割を果たしてくれそうで、それも楽しみです。
そして、ワックスの風合いがどうなっていくかも楽しみですね。また色々ご報告させて下さい。
本当にいつもいつもありがとうございます!」
こうして無事に納まってひと安心です。
あのNさんの2階に居ると向こうの森の借景とこの肌の白いクローゼットのためか、まるで木立ちのなかにいるような不思議な空気が流れていたのを思い出しました。

タモで作るワードローブ
同じボックスが3台並んでいると、巨木に囲まれているようです。下にフェルトを張っているので、奥様とご主人で押すと比較的簡単に動きます。間仕切りにもしやすいかな。

タモで作るワードローブ
ワードローブの高さは、Nさんの希望で向こうの視線を遮りながらも空気は感じられるような高さで、さらに長い服をかけても使いやすい高さで、と言うことで1600mmにしています。

タモで作るワードローブ
全体の印象。いいですね、この感じ。

タモのワードローブ
価格:244,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は10,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち