オーダー製作例

ウォールナットの吊戸棚とデスク

rough and smile and mild

横浜 K様

design:kさん/daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:tsuyoshi kawaguchi
painting:tsuyoshi kawaguchi

ウォールナットの吊戸棚とデスク
全体の印象。

2005年の6月に「ハマーヌさん」という方が掲示板に書き込みして下さったのを覚えています。今でも書き込みは残っているし、変わった名前だなと思ったからです。(もちろんハンドルネームなのでしょう。)それから半年ほど経った頃、また書き込み頂きました。そうか、ハマーヌさんはずっとうちのことを考えていてくれたんだなぁ。
それからは話が細かくなってくるのでメールで図面のやり取りを始めたのです。
今回製作することになったのは写真をご覧の通り「机」です。本を収納できる戸棚とパソコンを使うための机一式を作ったのです。家具を作る部屋にはプリミティブなキャビネットを置く予定でその家具に合わせた素材感のある机をということになりました。
最初私は収納を優先させて上下が分かれた形ではなく、コの字型の結構ボリュームのある、部屋の大きさに対して少し圧迫感があるくらいの形を考えていました。
その後、実際にお部屋を拝見させて頂きまして、それだとやはり部屋のせまくなってしまうのでなるべくシンプルに上下を分割することに・・。
それから「上下分割することで横のラインを強調させたい」と言うハマーヌさんの希望を汲んで最近良く見る木目を横に流したデザインはどうかなと思ってちょっとスケッチを描いたのですが・・、いろいろと悩んだ末に通常の縦の木目で作ることに。おかげでアジア家具のオリエンタルな雰囲気とシンプルなパソコンデスクの素朴さの混じったやさしい居場所ができました。

ウォールナットの吊戸棚とデスク
吊り戸棚にはダボレールをつけていますので、15mm感覚で棚の高さをかえることができます。

ウォールナットの吊戸棚とデスク
デスク天板の下には、浅い引き出しを設けました。

ウォールナットの吊戸棚とデスク
机左下の様子。扉や引き出しの前板は手掛けにしていますので、閉めるととてもすっきりとした印象になります。

ウォールナットの吊戸棚とデスク
吊り戸棚の下には、スリムタイプの蛍光灯を取り付けました。

ウォールナットの吊戸棚とデスク
机左下の扉を開けると、プリンタを収納するスライドテーブルがあります。

ブラックウォールナットのデスクと吊本棚
価格:380,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は10,000円から取付施工費は29,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし