オーダー製作例

カバ材で作った長さ6メートルあるカウンターデスクとテーブル

6,239

長津田 A様

design:aさん/daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:hidenori terai
painting:hidenori terai

上の数字は、一体なんでしょう。
それは、Aさんにお宅に納品したカウンターの長さです。なかなか無い長さですね。それだけ長いものが置けるスペースというのもなかなか無いですね。
Aさんのお宅のリビングダイニングは長方形になっているのです。その長手一面に食器棚、テレビボード、デスクをかねたカウンターとそのカウンターに合わせた食卓も一緒に作るというのが今回のテーマです。
きっかけは雑誌の中のある方のお宅を紹介した記事だそうです。その記事を持ってうちに来られたのです。その時に父といろいろ相談して、原案を作成。
その原案を持って採寸に伺いました。お話を聞くうちにプランは洗練されていきます。素材は、最初からイメージしていたカバザクラに決定。作りについては、細かい部分は奥さんの意見を取り入れて最終的に今の形となりました。
これまでエレクターシェルフで作られていた壁一面の収納から高さを700mmに抑えた背の低い収納に変わったことでリビングダイニングがとても広く感じます。カバザクラの色はまだ新しく鮮やかで目に眩しいくらいですが、もっともっと使い込んでくると鈍くツヤのある良い色になるでしょう。その時が楽しみですね。

カバ材で作った長さ6メートルあるカウンターデスクとテーブル
右端の収納はテーブルと絡むので開けやすいように4枚の引き戸にしています。

カバ材で作った長さ6メートルあるカウンターデスクとテーブル
カウンターの天板もカバザクラの集成材。もちろん1枚ではありません。トラックで運べないし、搬入もできませんからね。3mmちょっとずつの寸法の2枚の板をここでつないだのです。

カバ材で作った長さ6メートルあるカウンターデスクとテーブル
引き出しを開けるとこんな感じ。小さめのものを2列に並べたのでけっこう細かいものを入れるのに便利ですね。

カバ材で作った長さ6メートルあるカウンターデスクとテーブル
テーブルをどこに動かしても上がすっきりするようにテーブルとカウンターの高さは700mmに揃えています。

カバ材で作った長さ6メートルあるカウンターデスクとテーブル
この脚を基準に左右にデスクスペースがあります。使いやすいように引き出しも設けました。

カバ材で作った長さ6メートルあるカウンターデスクとテーブル
左端の収納は普通の開き扉にしています。まだお子さんが小さいので取っ手は出っ張りの無い手掛けです。 それとテーブルの角などもぶつけても痛くないように全て丸くしました。

ダイニングテーブル
価格:250,000(製作費,塗装費)
カウンター収納
価格:460,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は13,000円から取付施工費は29,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち