オーダー製作例

マットホワイト化粧板とウォールナットのワークデスクと壁面収納

猫との暮らしはこれから

目黒 Kさん

design:Kさん
planning:daisuke imai
producer:gaku suzuki/yasukazu kanai
painting:gaku suzuki

マットホワイト化粧板とウォールナットのワークデスクと壁面収納
ワークスペース全景。「私、角丸が好きなのです。」と言っていた通りに、丸みを帯びたデスクたちが印象的です。

Kさんは、文章を書いたり、外語を日本語に訳したりするお仕事をされているかたです。ご自宅の一室をワークスペースとして使っていらして、そのスペースを自分好みに使いやすくしたいという、ご相談を頂いたのでした。
「初めまして。東京都内在住のKと申します。
自宅の仕事部屋で使う、壁面収納、机、テーブル、ワゴン、PCワゴンをオーダーしたいと考えています。
分かりにくいかもしれませんが、簡単なイラストを描きましたので添付いたします。サイズや細かい点で変更点が出てくると思いますが、参照の上、概算見積もりをお願いできますでしょうか?
それほど急いでいませんが、どれくらいで見積もりを出して頂けるか、お教え下さいませ。
また、見積もりを頂いたあとの打ち合わせですが、自宅に来て頂く事は可能でしょうか?」
まだ家具のイメージが定まっていないのですが、好みの仕事部屋の画像を添付しておきます。
私の仕事部屋は約5畳と狭く、予算の都合もありますが理想は、シンプルモダンな感じの仕事部屋で、それに合う家具を置きたいと思っています。
以上、お手すきの時に返信よろしくお願い致します。」

マットホワイト化粧板とウォールナットのワークデスクと壁面収納
とても分かりやすいイメージを送って頂きました。

細かく描かれたメールと一緒に3枚の写真が添付されていました。
ネコさんが本棚をよじ登っている写真。こげ茶色(ブラックウォールナット)とホワイトのコントラストが良く表れているお部屋の写真2枚。
そして、Kさんが手書きで書いてくださったスケッチが数枚新たに添付されていました。
そこで、そのスケッチをもとに、いろいろと考えます。添付の写真の机はとても印象的でしたので、ベースはその形にして、コストを抑えてシンプルにと考えたのが写真のような形状でした。3Dは、ステンレスの脚に白い天板。木口をブラックウォールナットで。それに合わせて、2色の色を混ぜた壁面収納も考えたのでした。
その後、プランと金額を調整して、Kさんのご予算内に納まりそうでしたので、ご自宅にお伺いして、細かい打合せをさせて頂くことに。
そして、仕事場の様子も見せて頂いて、なるほど、特殊な機器の置き方をする理由が分かりました。映像を見ながら、文章を理解していく作業だから、こういうレイアウトなのですね。
家具のお話しだけではなく、お仕事のお話、どのようにワークスペースを活用されているかなどいろいろなお話をさせて頂きました。
「その上でさらにネコさんが遊べるようなスペースにしたいのですね。」
「はい、でもまだ猫は居ないんですけれどね。フフフッ。」
「ホホホッ。」
そんなやり取りの末に形が決まってきます。
ブラックウォールナットを使う部分は、無垢材を使い、白い部分は、表面に細かいエンボスの模様になっている化粧板を使いました。良いコントラストになりそうです
「イマイさん、わたし角丸が好きなんです。だからこのデスクだけは、角丸の印象をうまく表現したくて、ステンレスだとちょっと寂しくなってしまいそうな感じで。」
いつも板金をお願いしている高橋製作所さんとも相談して、サンプルまで作ってもらって、いろいろと案を考えていきました。そして、ようやく脚のデザインも決定。
良い印象でまとまりました。
そして、最初のお問い合わせから4か月ほど経った3月にようやく納品。設置で一番大変だった、照明のスイッチの移設や、コンセントの移設も無事に済んで、きちんときれいに納まりました。
ひと安心です。
イマイ様、こんにちは。
昨日はありがとうございました。お陰様で、考えていた以上のステキな仕事部屋になりました。作って頂いた家具をうっとり眺めています。
机周りの配線もスッキリして、感動しました。丁寧な対応、的確な提案をして下さって、イマイさんにお願いして本当に良かったです。
教えて頂いたメンテナンス方法を参考に、大事に使っていきたいと思います。
何かご相談したい事がでてきたら、ご連絡しますのでその際は、何卒よろしくお願い致します。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。」
と、うれしいお便りを頂いたのですが、間もなく再びKさんからご連絡が。
「実は、今まで使っていたテーブルに合わせて机の高さを検討していたのですが、実際に使ってみるとちょっと低くて・・。もう少し高さを高くすることは可能でしょうか・・。」と言うご相談を頂いたのでした。
うーん、どうしましょう・・。
いろいろと考えて、ウォールナットで靴下のようなパーツを作って、脚端部分につけることに。
なかなか可愛らしい印象に。
この追加工事と一緒に、もう一台作業用のテーブルのご依頼も頂いて。これで、ワークスペースがひとまとまりになったのでした。
めでたし、めでたし。

マットホワイト化粧板とウォールナットのワークデスクと壁面収納
ワークデスクとパソコンワゴンの印象。
マットホワイト化粧板とウォールナットのワークデスクと壁面収納
鉄の脚にホワイトで塗装で仕上げました。
マットホワイト化粧板とウォールナットのワークデスクと壁面収納
鉄の脚の曲線、天板の木口のウォールナッとの曲線、トップの白いメラミンの曲線。すべて同心円になるようにしました。
マットホワイト化粧板とウォールナットのワークデスクと壁面収納
配線穴もひと工夫。ウロールナットの無垢材のエッジを丸くして、配線穴にかぶせています。見た印象がとても柔らかくかわいらしくなりましたし、配線を通す時も当たり具合が優しくなります。

マットホワイト化粧板とウォールナットのワークデスクと壁面収納
のちほど追加でご相談頂き、デスクの高さを少し上げたいと言うことで、足下にウォールナッとの靴下をはかせることにしました。
マットホワイト化粧板とウォールナットのワークデスクと壁面収納
ワークデスクとデザインを合わせて作ったパソコンの周辺機器を置くためのデスク。丸脚と木口のウォールナットを少し簡素にした作りしています。
 

マットホワイト化粧板とウォールナットのワークデスクと壁面収納
こちらは壁面収納、というか本棚。ちょうど壁の真ん中にある換気口を活かすために、ここを格子扉にしました。

マットホワイト化粧板とウォールナットのワークデスクと壁面収納
コンセントも他の部分と整えて、スイッチとコンセントはチョコレート色のものを選び、プレートはウォールナッとの無垢材で製作。
マットホワイト化粧板とウォールナットのワークデスクと壁面収納
ワークデスクの角の印象。ただ局面にしているだけではなく、下に向かってテーパーをつけているのです。
ホワイトメラミンとウォールナッとのデスク
価格:280,000(製作費,塗装費)
ホワイトメラミンと作業テーブル
価格:135,000(製作費,塗装費)
ホワイトメラミンとウォールナットの壁面収納
価格:485,000(製作費,塗装費)
PCワゴンと引き出しワゴン
価格:189,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は15,000円から取付施工費は30,000円から

ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし