オーダー製作例

チェリーとステンレスを使ったアイランドカウンター

Y’s kitchen

築地 Y様

design:yさん/daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:hidenori terai
painting:hidenori terai

チェリーとステンレスを使ったアイランドカウンター
キッチンカウンター全体の様子。

新しく引っ越す先はオープンキッチンで、冷蔵庫を収納する場所がある以外はすべてひと続きとなっているダイニングキッチン、Yさんのご新居の間取りはそのような感じでした。
手持ちの食器棚はあっても置くことのできる場所が離れてしまっていまいち使い勝手が良くない、そこで今回アイランド型のような食器棚をご注文頂きました。シンプルで木の質感が感じられる家具が好きだというYさんの好みで家具に使い材料は、現在Yさんが使っているダイニングテーブルに合わせてチェリーで作ることにしました。そして天板はステンレスヘアライン。かっこいいのです。
こういったシンプルな感じのかたちは私も大好きなので、せっかくだからと思って細かい部分をちょっと力を入れてみました。
下でご紹介しますね。
この家具の製作を担当した寺井君、家具の納品を楽しみにしていたのに工場内でこの家具を動かしている時にピキッと腰を痛めてしまったのです、残念。見かけよりもかなり重量があり、また奥行が深いので持ち運びづらかった為でした。ちょっとお休みしたおかげで、今はどうにか仕事復帰していますがこの仕事に腰痛は付き物です、気をつけなくては。

チェリーとステンレスを使ったアイランドカウンター
引き出しの他にスライドテーブルをつけています。このテーブルもステンレスを張っているのです。きれいでしょ。

チェリーとステンレスを使ったアイランドカウンター
ちょっとこだわり。バスケットが外から見えるのでカウンタートップに合わせてステンレス製のものに。錆びにくくてとてもきれいですが、コストがちょっと高いのが難点。 バスケット受けも樹脂レールではなくチェリーの無垢で作りました。

チェリーとステンレスを使ったアイランドカウンター
キッチンから見るとこのような様子。このアイランドカウンターがリビングとキッチンの空間を引き締める役割を果たしています。ちょっとこだわり。バスケットが外から見えるのでカウンタートップに合わせてステンレス製のものに。錆びにくくてとてもきれいですが、コストがちょっと高いのが難点。 バスケット受けも樹脂レールではなくチェリーの無垢で作りました。

チェリーとステンレスを使ったアイランドカウンター
リビングから見るとこんな感じ。あれは何だろう、と言う感じです。 パーテーションのようにしたのはカウンターの上に置く家電がリビングから見えないようにするためです。

チェリーとステンレスを使ったアイランドカウンター
開き戸にすると扉を開けた時に場所を採るので引き違い戸にしています。奥行が深いので引き違いにしても収納量はたっぷりあります。扉には戸車をつけたので開閉も楽です。

チェリーとステンレスを使ったアイランドカウンター
家具の注文と一緒に椅子の張替えも依頼されました。もう30年近く前の椅子でしたので中のウレタンクッションと一緒にちょっとシックな色の生地に張り替えました。

チェリーとステンレスを使ったアイランドカウンター
この電話台は、むかしむかしスタッフが手の空いた時に作った家具でずっと2階に置かれていました。それをYさんが気に入ってくださって今回の家具と一緒に購入してくださったのです。こちらはタモ材を赤茶色で塗って仕上げています。可愛いでしょ。

ステンレストップのチェリーの食器棚
価格:410,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は12,000円から取付施工費は27,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし