オーダー製作例

既存キャビネットと組み合わせて作るキッチン収納

build in

品川 H様

design:Hさん/daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:daisuke imai

既存キャビネットと組み合わせて作るキッチン収納
全体の印象。

既存キャビネットと組み合わせて作るキッチン収納
冷蔵庫スペースを除いて、きっちりと作り込んだ食器棚。一部Hさんが持ってきたキャビネットも入っていますがきちんと溶け込んでいますね。

マンションの購入と同時にシステムキッチン周りをリフォームしたHさん。独立タイプのキッチンスペースの壁と吊戸棚を取り払い、対面が見渡せるのびのびとしたキッチンにしたのだそうです。それと一緒に行った食器洗浄機の工事。この2つの工事を行った時に出たのが、システムキッチンのユニットでした。不要になってしまったが処分してしまうのはもったいない。ということでこれから作る予定の家具に組み込もうというのがHさんの提案でした。なかなか面白そうですが、難しそうです。うまくいくかな・・・。
採寸の時に引き取ってきたパーツは食器洗浄機を入れる前に元々入っていた引き出しにユニットと、上にスライドして開く扉の金物です。引き出しは今まで使ったことがないスライドレールです。ドイツのブルム製のレール。引き出しを勢いよく閉めてもバタンとならずにゆっくりと閉まるというカラクリのレールなのです。今まで見たことはあるけれど使ったことはありませんでした。(だって、高いんですよ・・。このレール1組でいつも使っているレールの3倍以上の金物コストが掛かってしまうんです。)
と言うことで使ったことのない金物を使う時はスケールモデルを作ります。幸いこのレールはユニットごと引き取ってきたのでユニットを実測すればレールを仕込む寸法を割り出せました。上に向かって開く金物は金物単体で預かってきたので、動きがいまいちわかりません。とりあえず端材で箱を作り、それに金物を取り付けて動きをチェック。さらにそれを図面通りの家具にした場合の実測もしてどうにかOK。なかなかどうして頭も使うのですよ。
そして、完成。
取付はお客さんのおうちに行くには異例の朝7時前に到着。Hさんご主人はもちろんお仕事で、立ち会ってくださる奥さんも午後からお子さんの検診があるのです。今回の取付は結構大変とにらんでいて、時間に余裕を持たせたいのでこんなに朝早くからお邪魔することに。
で、予定通りというか何と言うかやはり電気配線をつなぐのにとてもとても時間が掛かりました。写真のレンジが載っているところのコンセントを元に、その上にスライド扉部分とその下の炊飯器用スライドテーブル部分に電源を増設したのです。さらに冷蔵庫のコンセントにかぶるくらいまで収納を下げたのでこのコンセントも家具の手前に出すように細工しなければなりません。この作業がなければ1時間くらいは早く終わらせることができたのでは・・。今のところ私しかこの作業はできないので、この間一緒に取り付けに来た河口君と和田君を待たせてしまうことに・・。気持ちが焦るのでTシャツが汗でびっしょりになります。
そして、取り付け開始から4時間。どうにか作業完了。無事納まってよかった良かった。検診の時間までもまだ少々余裕があります。
「見違えるくらい立派になりましたねー。」奥さんにも喜んでもらえてご主人に会えなかったのは残念でしたが、ひとまず良かった良かった。

既存キャビネットと組み合わせて作るキッチン収納
ここは、上に向かってスライドするように開く扉。

既存キャビネットと組み合わせて作るキッチン収納
ストックものをしまう大きな引き出しと、家電用のスライドテーブル。

既存キャビネットと組み合わせて作るキッチン収納
ここは、Hさんから預かったキャビネット。

既存キャビネットと組み合わせて作るキッチン収納
カウンターの上にレンジを置く形にしました。

既存キャビネットと組み合わせて作る食器棚
価格:360,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、取付施工費は24,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし