オーダー製作例

オーク柾目のカップボードとダイニングテーブル

ゆたかな表情

渋谷 M様

design:Mさん/daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:tsuyoshi kawaguchi
painting:tsuyoshi kawaguchi

オーク柾目のカップボードとダイニングテーブル
とても温かでとても豊かな場所になりました。

オーク柾目のカップボードとダイニングテーブル
以前の様子もとても魅力的でした。

「購入して10年になるマンションに住んでいますが、食器類の数が増えてしまい、収納に苦労しています。
家具類は、マンション購入時に知人に設計してもらい、家具屋さんに製作してもらった、シナ合板に白の塗装仕上げのものがほとんどなのですが、ダイニングテーブルとカップボードは引っ越し前に購入したパイン材のもので、将来は買い替えようと思っているまま現在に至っています。
今回、カップボードの設計を知人に頼もうとしたのですが、彼の都合がつかず、また前回制作いただいた家具屋さんが廃業されてしまったということで、市販のものの購入も検討しながら、いろいろとHPを見ていたところ、こちらのHPを拝見し、非常に興味を持ちましたので問合せをさせていただいた次第です。
家具の配置やサイズ等については、概ね想定できているのですが、材質や細かいデザインのイメージがつかず、その段階から相談をさせていただきたいと考えております。
もともと白いものを前提に考えておりましたが、このHPを拝見し、「she smiled to see..」の秦野のIさんのように、木でダイニングテーブルとセットで製作して頂くのも素敵だと感じはじめています。サイズは上記程度で、概ね上半分はガラス扉(開き戸か引き戸かは未定)、下半分は見せたくない食器類を収納し、中間にカトラリー類を入れる引き出しが欲しいと思っています。
おそらく一体では室内に運べないと思いますので、左右2つ同じものを制作いただくことになると思います。
上記予算はあくまでも目安ですが、状況によってはダイニングテーブルもあわせて制作をお願いすることも考えています。
一度ぜひ、具体的にご相談をさせていただきたいと考えておりますが、どのように進めさせていただくのがよろしいでしょうか。
折り返しご連絡をいただけたら幸いです。」

と言うとても丁寧なお問い合わせを頂きました。以前にオーダー家具を頼まれたことがある方でしたら、ある程度家具をオーダーすると言うことがどういうものかを分かって頂けていると思ったのと、この文面を見てどのような方かお会いしてみたいなあと思ったところがありまして、メールでやり取りを進めるのではなく、直接お会いして、お話を聞きに行くことにしました。
代々木公園のそばに立つマンションは、かなりの交通量があるにもかかわらず、案内されたお部屋は、どこか静かな空気が漂う落ち着いた場所なのでした。このままでも十分すてきな空間だなと思ったのを覚えております。
Mさんが考えている形はもう最初のメールに合ったとおりのままで、とてもシンプルでミニマルな形を望んでいたのでした。ただ一つ迷っているのは、上のガラス扉を引戸にするか、開き扉にするか・・。
引き戸は開けた時に大きな空間が採れ、扉を開けた時に手前に出てこない分、使い勝手は良いのですが、扉の引っ込み具合と本体の見付のバランスによってはゴチャゴチャした印象になりそう、そして、下の開き扉と引き出しと目地がずれるのでバランスを取るのも難しそう・・、Mさんは引戸に魅力を感じていたのですが、それを悩んでいたのでした。
私としては、大きな引戸のあるカップボードに魅力を感じているところがありましたが、はたしてゴチャゴチャした印象になるか、ならないかはやはりできあがってみないと分からないことではありましたので、目地がスゥッと通って、落ち着いた印象になる開き扉で決定となりました。
テーブルのほうは、本当は、天板と脚があるだけのシンプルな形が理想だったのですが、ずっと使い続けていくことを考えると、やはり強度が気になるところです。
そこで、脚を天板を角に持ってくる形にして、脚をつなぐ幕板だけを内に入れさせて頂くことにしました。また、テーブルの天板と脚のつながり具合が素直なラインになるように大きく角を丸めるような面取りは行わず、自然な丸みで。結果、良いバランスとなり、カップボードとの相性もとても良いものとなりました。
後日、Mさんからコメントを頂きました。
「先日は追加で色々とお願いしてしまったにもかかわらず、快くご対応いただきどうもありがとうございました。おかげ様で大変気に入っております。
今後ともよろしくお願いいたします。」

オーク柾目のカップボードとダイニングテーブル
ガラスを囲う框組の材は、なるべく中を広くmしえたいということで、細い枠にして、丁番もそれに合わせて小さなものに。
オーク柾目のカップボードとダイニングテーブル
たくさんの食器をお持ちなのですが、それでもまだたくさん入りそう。
オーク柾目のカップボードとダイニングテーブル
扉や引き出しは、上端や下端を掘り込んでいます。
オーク柾目のカップボードとダイニングテーブル
引き出しは、レールを見せないようにと、また使いやすいようにと、ソフトクローズタイプのレールを使っています。
オーク柾目のカップボードとダイニングテーブル
柾目の印象。
オーク柾目のカップボードとダイニングテーブル
映りこむリビング。
オーク柾目のカップボードとダイニングテーブル
うたうように色彩豊かな椅子たち。

オーク柾目のカップボードとダイニングテーブル
天板と脚のかかわり。自然とつながって見えるように、なるべく丸くしない形で。幕板の存在もうすくしたいということで。
ナラ柾目の3連の食器棚
価格:600,000(製作費,塗装費)
ナラ柾目のダイニングテーブル
価格:260,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は15,000円から

ちょっと関わりのありそうな家具たち