オーダー製作例

ナラ板目のセパレートタイプの食器棚

木々のそばで

小金井 I様

design:Iさん
planning:daisuke imai
producer:masankane murakami
painting:masakane murakami

ナラ板目のセパレートタイプの食器棚
とてもよい表情にまとまりました。 ところでナラにしては色が濃く見えますね。まるで日焼けが進んでしまったみたいな。 今回は、着色料の入ったオイルを使っているのです。少しブラウンよりの着色料が入ったオイルで塗っているので、こういう味わいの色に仕上がっているのです。

「こんにちは。先日、お電話させて頂きました小金井市のIです。今年6月に三井ホームの「ファインコート」に引っ越すことになりました。キッチン(炊事場とコンロ)の後ろにあるスペースに、吊り戸棚の食器棚を付けたいと思っています。
キッチンの後ろのスペースの大きさと、イメージを以下にざっと箇条書きさせて頂きます。まずは、オーダーでお願いすることが可能か検討したいので、見積もりをお願いできますでしょうか。
●キッチンの後ろは、幅180センチと奥行き45センチのスペースがあります。天井は、一般的な住居のものより約20センチほど高いようです。
●上の部分には、観音開きの釣り戸棚、できれば中には4段つけて、日常使いの食器がたっぷり入るようにしたいと思っています。デザインはなるべくすっきりしたものが好みです。
●下の部分には、引き出しをつけてください。中に入れるものは、やや大きめの器、大皿やどんぶりものなど。また、カトラリーやお箸、キッチンタオルなど細かいものも入れたいと思っています。また、3種類のゴミ箱を収納したいので、その部分の空きのスペースを作ってください。
●炊飯器が収納できるようにしたいので、軽井沢O邸の食器棚の左の部分のように、上の吊り戸棚と下の引き出しの部分が繋がっているようにしてください。炊飯器を使う時は、手前に引き出せるようにしてください。
●木はできればオーク材。予算的にオーバーになってしまう場合は、タモ材、ニレ材などでお願いできればと思っています。なるべく木の感触を残したいので、オイルフィニッシュにしたいと思っています。
まずは、見積もりと、ざっとデザインのイメージを頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い致します。」

ナラ板目のセパレートタイプの食器棚
引き出しは、製作を担当したムラカミ君のセンスですね。良い柄が流れるように表現されました。

と、ご相談を頂いた原案を作ってお送りしたところで、Iさんに赤ちゃんが生まれることに。
新しい家や家具を揃えようとするタイミングは、新しい家族を迎えるタイミングと重なることが多くて、私たちはその人のとても大切な時期に関わることが多く、それがとてもうれしいのです。
そして、しばらく小休止。Iさん頑張って。

ナラ板目のセパレートタイプの食器棚
天板は3枚接ぎ。ここにしかないユニークな表情になりました。

そうして、待望のご連絡。
おめでとうございます。
無事に赤ちゃんが生まれてひと段落されたころにご新居にお邪魔させて頂きました。

ナラ板目のセパレートタイプの食器棚
引き出しの最上段は、細かく分けて、カトラリーなどの細かいものをしまいやすいように。

Iさんは、木の表情、手触りが良く表現されている家具が好きで、リビングに置かれていたセンを拭き漆で仕上げた水屋箪笥やトチの大きなテーブルが印象的なお宅なのでした。
「モダンでスッキリとした印象だけれど、木の表情が良く分かるようにしたい。」というのがIさんのイメージ。

ナラ板目のセパレートタイプの食器棚
引き出しを開けるのは下に手を入れて、開けられるように掘り込んでいます。 対して、扉は吊戸棚本体よりも扉を少し下げてそこに手を掛けて開けられるように。

そこで、扉は無垢材を使いますが、合板を用いたハイブリッドな構造にして、反りを抑える作りに。天板や引き出しの前板は表情の良い無垢材をそのまま用いる形にしたのです。

ナラ板目のセパレートタイプの食器棚
引き出しのスライドレールは、底付けのソフトクローズタイプのレール。レールが見えないので、とてもスッキリとした印象に。

樹種については、ずっと迷われていたのですが、他に家具に負けない表情の力強さで、しかも隣の物入れの扉(こちらは化粧板)の色味に馴染むような色の木にしようと言うことで、経年変化で色の濃さがきれいに出てくるナラ材を使うことにしたのです。

ナラ板目のセパレートタイプの食器棚
最上段の引き出しは、カトラリー専用の仕切りを入れています。

「我が家の食器棚、本当にありがとうございました。
使いやすく、そして眺めているだけでも、美しくてうっとりしています。
主人も棚のデザインや木の感じがとても気に入り、喜んでいます。
お陰さまで、台所はすっきり整理ができ、とても使いやすいので、毎日の台所仕事がとても楽しくなりました。
メンテナンスの方法もさっそくメールしてくださり、ありがとうございました。
長年使っていくうちに、味わいが出てくると思うので、それも木の家具を使う楽しみですね。」

オークの挽き板を使った食器棚
価格:476,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は15,000円から取付施工費は24,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし