オーダー製作例

鏡面ホワイトとウォールナットの食器棚

スマートライフ

新石川 Y様

design:Yさん/daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:number 8 furniture
painting:harakitosou

鏡面ホワイトとウォールナットの食器棚
奥様の希望で、食器棚にコントラストをつけたいということで、他の家具で使うウォールナットを吊戸棚の下段のオープン棚の部分に使うことにしました。 またこのオープン棚の地板は、手前に元が滑り落ちてこないようにちょっとした立ち上がりをつけています。

「はじめまして、Yと申します。ホームページにて数々の美しい作品を拝見させて頂きました。
3月に帰国予定で、家を多少リフォームしたいと考えています。そこで次のことが可能かどうか教えてください。
もともと、台(腰くらいの高さ)とそれにふすまのようなしきりがあり、物入れとして存在するものを撤去して、その場所を新たに作業デスクに変えて頂くことは可能でしょうか?
また、それが可能であれば他にも洗面所周り等もお願いしたいのです。
よろしくお願いします。」と言うメールをYさんから頂いたのでした。
それから3か月後、日本に帰国したのちに、あらためて台の部分の改装と、食器棚の製作、そして、洗面室の洗濯機上の吊戸棚の製作をお願いしたいというメールを頂いたのでした。

鏡面ホワイトとウォールナットの食器棚
スライドテーブルのように見えて・・。

台の改装ってどんな感じだろう・・。当初思い浮かんでいたのは、以前に改装させてもらった茅ヶ崎のYさんの地袋でした。あの時は、出窓のように見せている地袋部分は後付されていたこともあって解体して撤去するのは容易でしたが、今回のYさんの場合は、建物を作る時に一緒に作り込んでいるような感じで、果たして解体できるのだろうか、それが心配でした。

鏡面ホワイトとウォールナットの食器棚
実は引き出しです。引き出しの上に白い板のフタをしておいて、作業台として使う時は、このフタの上で作業をして、中の物を取り出す時はフタを外します。フタをしたまま引き出しを閉めることができるようにしているので、なかなか使いやすいのです。

そこで、食器棚と洗濯機上吊戸棚のイメージと予算がだいたいまとまった頃に一度その台の部分を拝見させて頂くことに。その上でデスクとして改装可能かどうかを判断することにしました。
さっそくお邪魔させて頂き、お話しをお伺いしました。
聞くと、この家はもともとモデルハウスとして使われていたところをYさんが気に入って購入されたのだそうです。だから、多少自分たちの思いと違う部分はあっても、ゆっくり変えてゆこう、と言う気持ちだったのだそうです。そこで、海外でのお仕事がひと段落してこちらに戻ってきて、まずは必要な食器棚を、ということになったのだそうです。そして、今まで使いにくかった出窓のようなの台の部分もこれを機に変えたいと考えていたのだそうです。

鏡面ホワイトとウォールナットの食器棚
ここも奥様のご要望で、掃除機をしまう場所がないから、ということで、食器棚の左端にお掃除スペースを。掃除機や洗剤などが扉を開けると一目で分かるようにしています。掃除機のホースは小さくたためるタイプなので、この場所にしまって吊るしておけるような工夫をしています。写真だと分かりづらいですが、大きなフックのようなものを木で作っています。

そして、さっそく拝見させて頂いたのですが、解体するのはやはりちょっと難しそうです。天板は壁に飲み込まれているし、引き戸の敷居も床に直に溝が掘られています。そして、以前に後付けの床暖房を入れたということで床のレベルが地袋部分とリビング部分で異なってしまっていて、どうにも外すことができない状況でした。
ただ現状では、中が棚板もない広い空間になっていて、それを隠すように引違の襖が2枚入っているだけのスペースです。やはりこのままでは使いにくい・・、どうしようかな・・。
で、いろいろと考えた末に、ここはデスクにするのではなく収納として使いやすくしよう、ということになったのでした。
引戸を取り払って、床をふかしてのレベルを調整して、お子さんのおもちゃがしまえるおもちゃ箱と本が置けるような本棚にすることに。そして、色はYさんがお持ちのダイニングテーブルに合わせて、ウォールナットで作ることに。うん、これで良い場所になりました。
そして、もう一つ気になっていた場所があったのです・・。なかなか食器棚の方には目が向きません・・。(笑)

鏡面ホワイトとウォールナットの食器棚
こちらは、通常のスライドテーブル。炊飯器以外のものもおけるようにちょっと大きめです。

実はその台の上には、プリンタや電話が置かれていたのです。この台の上にコンセントがあったことと、電話などを置く場所がここしかなかったから、ここに置かれていたのですが、台の上にはコンセント敷かなくて、電話線やLANの端子がついているコンセントは少し離れた場所にあったのです。そこから線をつないで延ばして、この上で使っていたのですが、その配線のごちゃごちゃした印象がとても気になっていたのでした。以前にも何度かこういう部分をうまくまとめた製作例がありました。葉山のKさんです。
あの時にとてもきれいにまとめられたのが自分の中にも強く残っていて、ぜひYさんのところでも実現しようということで、私の強い提案で、洗濯機上の戸棚はやめて、こちらの通信機器を収納するスペースを作ることにしたのです。
でも、とても良い感じになりました。強く言った甲斐がありました。(笑)
良かった、良かった。これでもうおおかたの仕事が終わった気分です。でも、メインの食器棚はこれから。

鏡面ホワイトとウォールナットの食器棚
今回引手には、モダンな印象にということで、KAWAJUNのラインハンドルのステンレスカラーのものを使っています。

でも、食器棚のほうは、奥様の明確なイメージがあったので、プランもそれほど迷うことなく決まって、形もきれいにまとめることができました。
あとは、製作と設置工事です。
製作のほうは順調に進んだのですが、一番大変だったのは、やはり台の部分の改装工事。一戸建てでも数年経過していると床や壁の垂直が出ていなかったりして、また床暖房の厚みに合わせて、新しく床材を貼ったりする作業がなかなか難航。
通常私たちのような家具屋は、工場で作って、工場で一度完成した形に仮組し、仮組みが難しい場合でも、現場でスムーズにできるようにある程度見越して作っていくのですが、今回の改装のように、現場に合わせなければいけない場合はその場でサイズを測って加工をしていかなければいけません。そうなると、なかなか時間が掛かるのです。そのようなわけで、台の改装をしている間に、食器棚と通信機器をしまう戸棚の設置が終わってしまうくらい、こちらの改装は時間が掛かりました。
でもね、おかげできれいに納まりました。ひと安心です。

鏡面ホワイトとウォールナットの食器棚
全体的には、このような感じ。右端には引き出して使うダストボックス「Kcud(クード)」が2台入っています。

そして、Yさんからはお礼のお便りを頂きました。
「昨日は作業どうもありがとうございました。
そして、素敵な食器棚どうもありがとうございます!!
主人は眺めるだけでも嬉しいと言って、眺めてはニヤニヤしています。
また、数年後、リフォームをする頃になりましたら、洗面所や子供部屋などお願いしたいと思っております。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。」
まだまだ小さなお子さんとの暮らしがこれからどんなふうに賑やかになっていくのか楽しみです。
またいつでも声をお掛けください。

鏡面ホワイトとウォールナットの食器棚
こちらは、吊戸棚の下につけたダウンライト。LEDのダウンライトで、補助的な明かりに、ということで吊戸棚の中心付近につけています。また、このライトケースが白と黒があるので、今回はウォールナットに合わせて黒にしました。 また、この吊戸棚の下面の右1/3くらいは銀色になっています。これは、ステンレス板を貼っているためです。ウォールナット部分もウレタン塗装で仕上げているので、撥水効果は十分なのですが、スチームオーブンの熱や蒸気対策としてステンレスを貼ることにしたのです。ステンレスとウォールナットが平らになるようにひと手間かけて工夫して貼っています。
ウォールナットのルーター収納
こちらがルーター収納。どこにルーターなどが入っているか分からないくらいすっきりとなりました。 扉の部分には機器がしまわれていて、その上は飾り棚のように使えるように。この飾り棚部分は、この場所が通路ということもあって印象を軽くしたかったので、背板をつけない形にして、さらにそれでも天板は強度を出せるように、壁に補強を入れています。また、右端に柱のように見えるものがありますが、あの中に線が通っています。(上に線を通すと丸見えになってしまうので。)柱のようなものはただ置いてあるだけなので、線を外したりするときも問題ありません。
ウォールナットのルーター収納
下の扉を開けると、いろいろなケーブルでいっぱい。ルーターに無線LANにケーブルの受信機など。これだけあるとホコリが溜まりやすくなってしまうので、これですっきりです。
出窓の改装
こちらが施工が大変だった台の部分。引き戸を取り払って、本棚と引き出しになった、と言う様子が分かりますでしょうか。

出窓の改装
引き出しは上に手が掛けられるような掘り込みを入れています。今は小さなお子さんですが、もう少しすれば自分で片付けてくれるようになるはずです・・。 その時を楽しみにしております。
鏡面ホワイトとウォールナットの食器棚
価格:680,000(製作費,塗装費)
ウォールナットのルーター収納
価格:140,000(製作費,塗装費)
ウォールナットの地袋改装
価格:170,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は20,000円から取付施工費は40,000円から

ちょっと関わりのありそうな家具たち