オーダー製作例

メープル色の面材のテレビボード

Salon de Causette

石神井 H様

design:Hさん
planning:daisuke imai
producer:daisuke imai

メープル色の面材のテレビボード
全体の印象その1。

メープル色の面材のテレビボード
全体の印象その2。

練馬区からの依頼でも大丈夫でしょうか?」と問い合わせが来ました。
大丈夫です。練馬区辺りなら、家具の製作、取付はもちろん、自転車で駆けつけちゃうことだってできますよ。
と、思ってはみたもののなかなか天気に恵まれず、3度ほどお伺いする機会があったのですが1度しか自転車では行けず、残念です。青梅街道沿いは有名な自転車屋さんもあって走っていて楽しいのですよ。
家を建てたらオーダー家具を作るのが夢だったというHさんのお宅は石神井公園のすくそば。最近は、この辺りの方たちに縁がありまして、上井草のNさんのお宅もすぐそばだし、現在ダイニングセットの塗り替えを依頼されているMさんのお宅も車でちょっと走ったところです。それに今取り掛かっている図書館の家具も杉並区内だし(2006年年末当時)。だんだん自分のうちのそばのような気分で歩くようになっています。

メープル色の面材のテレビボード
と、自分の話は置いておきまして、橋本さんはアルバムを作る仕事をされている方なのです。正式には「スクラップブッキング」と呼ばれています。そのインストラクターとして、皆さんにアルバム作りの教室を開いているのです。見せてもらったのですがそれが素敵なのですよ。たくさん撮りためた写真を好みの大きさや形にカットして、アルバムにレイアウトしていく。ステッカーなどを使うと写真にドラマがうまれて、そこにコメントが入るとそのページはただの写真集ではなく、物語り、ストーリーブックになるのです。ただ、パラパラとページをめくるよりもずっと楽しい。「あーあの頃はこうだったね。」だけではなく、「あーあの頃はこんなことを考えていたんだな。」って新鮮な感じになるのです。これは楽しいですね。
「皆さんの大事なはずの写真が引き出しに眠ったままになっていては淋しい。楽しいアルバム作りの輪がもっと広がると嬉しい。」そう思って、橋本さんは今ホームページやブログを作成しようとがんばっているのだそうです。こういう素敵なことがする人が増えるって良いですね。
ちなみにタイトルのサロン・ド・コゼットとはフランス語で「おしゃべりを楽しむ部屋」なのだそうです。

Salon de Causette
サロンドコゼット-スクラップブッキング-

ブログ:http://causette.exblog.jp/
facebook:https://www.facebook.com/shashinseiri

メープル色の面材のテレビボード
下の真ん中はAV機器収納部です。扉は上に開く扉です。ソフトダウンステーをつけたので、90度の位置で扉は開きっぱなしになり、閉まる時はゆっくり動きます。
メープル色の面材のテレビボード
吊戸棚の下は、ちょっとした飾り棚です。その下に引き出しがぶら下がっていてちょっと不思議なデザインの棚ですね。
メープル色の面材のテレビボード
今回は、オレフィン化粧板を使ったのですが、ハンドルはつけないで手掛けにしたので、化粧板の色に最も近いアルダーの無垢材を使って手掛けを作っています。

メープル色の面材のテレビボード
そのお仕事で使っているアルバムをしまうためのスペースです。吊戸棚はすべてこのアルバムをしまう予定です。

アルバム収納とテレビボード
価格:360,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は15,000円から取付施工費は27,000円から

ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし