オーダー製作例

ウォールナットの格子扉のあるテレビボード

支えるひと

横浜 K様

design:Kさん
planning:daisuke imai
producer:gaku suzuki
painting:gaku suzuki

カンディハウスさんと言う北海道の家具屋さんがあります。時々言われるのです。「イマイさんの家具は、カンディさんの家具に似ていますよね。」と。そういう有名な家具屋さんに例えられるのはうれしいことです。反対に、もう少し個性を出しなさい、と言うことなのかもしれませんが。
今まで、私たちが作る家具は、特にこれ、と言った方向性を持たずに試行錯誤を繰り返しながら作ってきました。奇をてらうなく、使いやすくシンプルな形を探して今の形があります。良い形とはそう言うものなのだと思います。
Kさんからも、そう言われたのでした。

ウォールナットの格子扉のあるテレビボード
Kさんからはご新居の建築に合わせて、テレビボードの製作を依頼戴きました。 もちろん、シンプルな形です。お持ちのAV機器がすべてしまえるように、中央部分にルーバーの扉を持ってきて、その左右は、簡単な物入れになるように扉になっていると言う形です。
ウォールナットの格子扉のあるテレビボード
ただ、ひとつ今回新たに試したことは、ルーバー扉の裏面にスピーカーネットを張ったことです。ルーバー扉にする目的は、ひとつは機器のリモコンが効くようにすることです。もう一つは、機器の放熱を考えてなのです。 だから、格子の間には隙間があります。ここからホコリが入ってしまうことがあるので、機器があまり熱を持たない、もしくは台数が少ない場合は、ルーバーの後にガラスやアクリルを入れることもあります。ただ、今回はKさんの希望で、以前にスピーカーネットを張った家具を見掛けた印象がとてもよかったので、と言うことでネットを張ったのです。
ウォールナットの格子扉のあるテレビボード
ルーバー扉にする場合で、さらに扉上面に手掛け加工を施す場合は、その掘り込むための強度の関係で、ルーバーの一番上は、隙間が無く奥に板がある印象になります。また、下でご説明しますが、ドロップ蝶番と言う蝶番を使っているので、ルーバーの一番下も隙間が無く奥に板がある印象になります。
ウォールナットの格子扉のあるテレビボード
扉は大きな1枚で作っていて、それが下に向かって開きます。扉を開いた時に扉面と本体の地板がフラットになるように、ドロップ蝶番と言う特殊な蝶番を使っています。さらに、扉は手を離してもゆっくりと開くように、ソフトダウンステーと言うものをつけています。

ウォールナットの格子扉のあるテレビボード
良い佇まいの家具になりました。
ウォールナットの格子のテレビボード
価格:280,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は10,000円から取付施工費は24,000円から

ちょっと関わりのありそうな家具たち