オーダー製作例

ナラ柾目で作るおもちゃ箱のあるテレビボード

おもちゃ箱、たから箱

滋賀 S様

design:Sさん/seiji imai
planning:daisuke imai
producer:daisuke imai
painting:tatsuya suzuki

私の妻の友人が横浜からご主人のSさんの実家のある滋賀県で暮らすことなり、その新居に合わせてテレビ台を作ってほしいと頼まれたのです。
打ち合わせを兼ねて、たまにはゆっくりとしに行こうということで私たちは二人で新幹線に乗っていざ近江へ向かったのです。Sさんの新居がある辺りはまだ昔の町並みが残っていてそこかしこに蔵が残っていました。Sさんのご実家も新居の近くにあり、なんと文化財に指定されているほどのすごいお宅なのです。
なんか仕事というより旅行みたいだね、なんて二人で言っていたのです。
Sさんのおうちにはまだ小さい3歳と1歳の女の子がいて、その子達がかなりおてんばで、初めは私達を見て人見知りしていたのに(私たち二人は背が大きいのです。181cmと172cmあるので小さい子達はちょっとびっくりするようです。)、しばらくするとはしゃぎ始めてちょっとどこかにぶつかっても何のそのです。
一度私のうちに遊びに来てくれた時も下の子が思いっきりテーブルに頭をぶつけてしまっておお泣きしたのですが、そのあとしばらく昼寝をしたらもうすっかり元気で、反対に私たちが心配してしまうくらいです。
この子達が怪我しないような、そしてこの子達のたくさんあるいつも散らかってしまう玩具をしまえて、そしてテレビボードになるような家具を作って欲しい、とそう頼まれたのです。
そこでテレビ台と玩具箱の2つの簡単に動かすことのできる家具を並べて、一つのローボードとなるようなプランにしました。
まだ新居に伺う前に一度打ち合わせをしたのですが、そのとき聞いていた部屋の様子はどちらかというと、濃い色のインテリアで重厚感がある雰囲気のようでしたが、お話を聞くと家具の形はシンプルな方が好みだとのことでしたので、飾りを省いたすっきりとした形で色だけ濃い目に塗装して作ろうと考えていました。しかし、新居にお邪魔して細かい打ち合わせをしたあと、正式にご注文を受けてから、塗装のサンプルを送ったりしてやり取りしているうちに、塗装の色は濃い色よりもナチュラルなものに変わりました。
あの部屋の雰囲気に合うかなとちょっと心配もありましたが、納めてみると部屋の周りの色と浮いてしまうことなく、良い雰囲気になったのでした。

ナラ柾目で作るおもちゃ箱のあるテレビボード
引き出しや扉の開閉はおなじみの手掛け加工をした無垢材を付けています。このタイプの手掛けは、出っ張りがないから転んだりしやすい小さなお子さんがいる方には特に評判が良いです。

ナラ柾目で作るおもちゃ箱のあるテレビボード
この引き出しにはCDやお子さんたちの見るビデオテープがしまわれています。小さな引き出しですが、物を入れてみるとけっこう入るものですね。また、扉部分は透明のガラスを入れた框扉にしています。

ナラ柾目で作るおもちゃ箱のあるテレビボード
大きな深い引き出しと浅い引き出しで構成されています。浅い引き出しはペンやクレヨンなんかをパッとしまっておけるように。深い方はいろんな形をした玩具をしまえるように。

ナラ柾目で作るおもちゃ箱のあるテレビボード
集中する配線類は表に出ていると、いくらまとめていてもすぐにほこりがついてしまうので、家具の内側にコンセントをつけることで配線も汚れず、コンセント自体にもほこりが入らずに良いのではということでこのような形にしています。

ナラ柾目で作るおもちゃ箱のあるテレビボード
この穴からアンテナやテレビにつなぐビデオケーブルを通すようにしています。

ナラ柾目で作るおもちゃ箱のあるテレビボード
天板の角はそれぞれ半径20m/m、角を丸めています。これだけ丸めていてもぶつけるとやっぱり痛いです。また、角を丸める他に天板はなるべく角が出ないように丸く(半径6m/m)面取り加工をしています。

ナラ柾目のおもちゃがしまえるテレビボード
価格:290,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は60,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち