オーダー製作例

ブナのシンプルなベッドフレーム

柔らかい寝台

横浜 K様

design: daisuke imai
planning: daisuke imai
producer: daisuke imai
painting: daisuke imai

2002年のクリスマスにお問い合わせがありました。現在Kさんが使っているウォーターベッドの隣に小さめのベッドを置いてお子さんも一緒にゆったりと眠れるようにしたいと。
ちょうど向上の引越しの時期と重なっていてなかなか設計や見積を進められなかったのですが、実際にベッドが必要になる時期まで約半年の時間がありましたのでいろいろとゆっくり進めることができました。

ブナのベッドフレーム
まずはフレームだけの状態。

横浜の保土ヶ谷バイパスから少し行ったところにあるKさんの実家はとても趣のある住まいでした。横浜の少し小高くなったところにポツンと表れた玄関に足を踏み入れるとかつての祖母のうちを思い出しました。
「ここは、もう建ててから1世紀近く経つのですよ。」
とKさんは案内してくださいながら、ふと壁に手を置きました。
「こういう土の壁も今は仕上げてくれる人がいないからだんだんとくずれてきてしまって・・・。」
設置場所まで案内してして下さる途中、2階へ上がる為に和室の中を通り抜けます。「迷路みたい・・。」
「ちょっと変わっているのですが、この建物は途中で少しずつ増築しているから2階へあがるにはこの和室を通らないといけないのです。」
階段の下に到着した私はその階段を見上げました。「うーん・・。」
2階へ上がる階段は狭くてその幅が50~60cmくらいでした。その階段を見てより鮮明に祖母の家を思い出しました。2階に上がると部屋に入るドアの枠も私の身長と同じくらいの高さで、またまた「うーん。」とうなってしまいました。
「搬入が厳しいですね。2階に上がってから組み立てる形で考えるか、もしくは組みあがった状態で窓から引き上げるかのどちらかの方法で進めたいのですが、できればせっかくですからここで組み立てるような簡単な作りではなくて工場でしっかりと組んだものを持って来たいのですが、どうでしょうか?」
とKさんに聞きますと、「私もしっかりとした作りがいいです。ずっと使い続けていくものですから。」
「よし、じゃあ工場で組んで皆で荷揚げすればいい!」ということで早速製作に掛かりました。

ブナのベッドフレーム
まずは仮組みの様子。

メールでの打ち合わせの段階では、前回作った「いわき I邸」と同じように突き板で作ろうと考えていました。しかし掃除をしやすいようにキャスターをつけた形状にすると荷重が4点だけ掛かってしまうことと、椅子などのように人が毎日使うための道具となる家具では寝たり座ったり、時には飛び跳ねたりと未知の荷重がありますので強度が必要になると思いました。そこで無垢材を使ってホゾ組みすることでしっかりしたものにすることにしました。
外側のフレームはウォーターベッドに合わせて「ブナ」を使い、内部の骨となる部分には松やスプルースによく似た「ウンスギ」を使いました。
キャスターにはタイヤの径が大きくて動かしやすいものを選んでいます。また、タイヤの径を大きくしたのにはKさんが希望したベッド下の掃除がしやすいようにというメリットもあります。このベッド下の空間は実際に80mm空いているので掃除機も入りますし、また、ベッドが簡単に動かないようにキャスターをロックさせる時にも簡単に手が入るようになっています。

ブナのベッドフレーム
床の板には12mmシナランバーを使っています。このランバーは固定しないでただフレームの上に置くだけにしています。このほうが手入れが楽ですからね。

そしていよいよ搬入です。
当日は、あまり天気が良くなく工場のある寒川では、朝から雨が降っていました。
「今日はやめた方がいいかなぁ。」と思って、Kさんに電話を入れると横浜の方はまだ降っていないということでした。天気予報で午後から本格的に雨が降り出すといっていたので急きょ午後からの搬入予定を早めて午前中からはじまることにしました。スタッフ4人と父の全員で10時くらいに現地に着いた頃はもう降り始めそうな雲ゆきでした。まだ現地を一度も見ていなかった父と搬入経路を確認してやはり窓からの搬入ということになりました。さいわい1階の地面から窓までの高さがそんなに高くなかったので父と土江さんが下からフレームやマットレスを持ち上げて私と伊藤君で2階の窓から引き上げて鈴木君に補助してもらうと言う形で引き上げていきました。一番重いフレームを上げるのは少し苦労しましたが、どうにか無事フレーム・床の板・マットレスを引き上げ終わりました。その頃からポツリポツリと雨が降り始めました。「間に合ってよかった。」
さっそくベッドをセットすると上のお兄ちゃんが遊び始めました。このベッドには兄弟二人が仲良く寝ることになるそうです。
この子達が大きくなった時はちょっとこのベッドでは小さいかな。

ブナのベッドフレーム
そしてマットレスもサイズオーダーで製作し、フレームに少し立ち上がりをつけてあってそこに落とし込んで固定するようにしています。フレームの厚みぶんマットレスが少し小さくなってしまうのが難点ですが、それを解消する為にマットレスをフレームより少し大きめに注文しました。それでも少しの隙間は出来てしまうのですが・・。
ベッド
価格:220,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は13,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし