オーダー製作例

ナラ板目オイル仕上げとアイボリーのペンキ仕上げの2色のキッチン

おしゃべり

横浜 F様

design:Fさん
planning:Fさん/daisuke imai
producer:masakane murakami
painting:masakane murakami

ナラ板目オイル仕上げとアイボリーのペンキ仕上げの2色のキッチン
天井は、レッドシダー(だったかな)張りで、床はモルタルをイメージして不燃のフレキシブルボードを貼って、表面に汚れ止めのコーティングを世度超した仕上げ。キッチンはナラ板目突板を使い、天板はステンレスを10mmの厚みに見せています。そして吊戸棚は、EP塗装(ペンキ仕上げ)。現場でコロコロ塗りました。

Fさんはいつもお仕事を依頼してくださる設計士さんです。いつもは皆さんの家をいろんな方向から考えてくださるのですが、今回はご自身の家を自分で設計。
ご自身の家ということで実験的な試みもあったりして、楽しいお仕事でした。

ナラ板目オイル仕上げとアイボリーのペンキ仕上げの2色のキッチン
お料理に取り掛かるFさん。何ができるのか楽しみです。

Fさんが手に入れた住まいは団地です。
古い古い団地ですが、駅からとても近くて同じような考えの若い方々もいらっしゃって、どこかあたらしい風が吹いている団地です。

ナラ板目オイル仕上げとアイボリーのペンキ仕上げの2色のキッチン
吊戸棚の上を開けるというFさんのイメージ。奥行きがとても良く表現されていて、軽い印象になりました。ホコリはたまってしまうのかも・・。

そして、私は幼少時代にずっと団地だったからわかるのですが、狭いのです。とても機能的な間取りになっているけれどいろいろとコンパクトでサッシはもちろんいじれないから背が低くてちょっとキキキッて音がしちゃうところもあります。

ナラ板目オイル仕上げとアイボリーのペンキ仕上げの2色のキッチン
レンジフードはアリアフィーナのアンジェリカにEP塗装仕上げの幕板を取り付けています。

全てがコンクリートの塊のようなものだから、時には私(身長183cmでありたい)が少し屈まないとぶつかる梁もあったりして。
そして大変なのが配管。時には躯体内部に通っている団地もあったりして、ここはそうではなかったのですが、ところどころ腐食している部分もあったりして、再配管するのが大変だったそうです。

ナラ板目オイル仕上げとアイボリーのペンキ仕上げの2色のキッチン
1.2mmのステンレス板を曲げて10mmに見せているのですが、とてもシャープな印象です。

そう言う懐かしく可愛らしいたたずまいにつけたのがこのセパレートのキッチンでした。
「いつもはお客様に提案する立場だけれど、こうして自分のキッチンを考えるって結構悩むのですね。」とFさん。
お仕事ではスパッと決められる部分も、「もう少し悩ませてください。」と、言うことでじっくり時間を掛けてこの形ができあがりました。
できあがっちゃうとシンプルなのですが、そこに費やしてきた思いがここにたくさん詰まっているわけです。

ナラ板目オイル仕上げとアイボリーのペンキ仕上げの2色のキッチン
シンクは洗剤ポケット付き。シンクの四隅は、掃除しやすさの限度を考えて最少の10Rにしています。

キッチンを施工して、工事も完了して、しばらくして暮らしが落ち着いた頃にあらためてご挨拶に。
このご挨拶の日に合わせてご友人もいらっしゃっていました。(ご友人と言ってよいのかな?)
Fさん、お料理を作ったり、パンを作ったりすることが設計のお仕事と同じくらい大好きで、パンを作るのに酵母も起こすくらい。

ナラ板目オイル仕上げとアイボリーのペンキ仕上げの2色のキッチン
洗剤ポケットの様子。手前には丸いバーをつけてみました。それだけでとても印象が柔らかに。

時々、勉強のために教室にも通われていて、その教室のひとつに以前私たちがキッチンを作らせて頂いた熊崎さんがいらっしゃったのでした。
そして、その教室の時に「今度イマイさんがランチに来るので、もしよろしかったら熊崎先生もいらっしゃいませんか。」とお声掛けしてくださっていたのだそうです。

ナラ板目オイル仕上げとアイボリーのペンキ仕上げの2色のキッチン
モルタルを塗ったひな壇になったところは調味料などがずらっと並びます。その上のナラ無垢の棚板も同じように見せながら置いておける調味料棚。

ということで、Fさんのリビングでとてもとても久しぶりに熊崎さんと再会。
相変わらずお元気そうで可愛らしい先生です。
リフォーム当時の大変だった思い出や今のお仕事のこと、そしてFさんと出会ったお話などとても楽しいおしゃべりをFさんお手製の美味しいお料理と一緒に頂いたのでした。

ナラ板目オイル仕上げとアイボリーのペンキ仕上げの2色のキッチン
調味料と調理道具たち。

こういうふうに何気なくいろいろな人とつながってくれることは本当にうれしくありがたいことです。
こうして今まで皆さんとのやり取りが無かったら今の私たちはここにはいなかったでしょうから。
すてきな時間の余韻に浸りながら、やはり思うのは、頑張ってゆこうということだけでした。

ナラ板目オイル仕上げとアイボリーのペンキ仕上げの2色のキッチン
引き出しの様子、その1。

ナラ板目オイル仕上げとアイボリーのペンキ仕上げの2色のキッチン
引き出しの様子、その2。こちらは引き出しの真ん中にちょっと変形させたアクリルの仕切りが入っています。何に使うのかというと、当初の予定ではこの変形したところにビニル袋を掛けて簡易的なゴミ箱にする予定でした。

ナラ板目オイル仕上げとアイボリーのペンキ仕上げの2色のキッチン
白いワイヤーでできた調味料とボトルをしまう引き出しと、その上にとても細い引き出し。

ナラ板目オイル仕上げとアイボリーのペンキ仕上げの2色のキッチン
吊戸棚の内部はシンプルに棚が入っているだけ。内部はポリエステル化粧板で仕上げています。ちなみに私たちが使うポリエステル化粧板は、F☆☆☆☆で、かつ4VOC基準適合対応品のものを使用しております。

キッチン仕上
天板 ステンレスバイブレーション
扉・前板 ナラ板目突板練り付け/シナ合板EP塗装仕上げ
本体外側 ナラ板目突板練り付け/シナ合板EP塗装仕上げ
本体内側 ポリエステル化粧板「ホワイト」
塗装 オイル塗装「ナチュラル」/EP塗装「指定色」
費用につきましては、お問い合わせくださいませ。
ちょっと関わりのありそうな家具たち