オーダー製作例

ナラ柾目とステンレスヘアラインのセパレートキッチン

ほれぼれ

二宮 K様

design:ica associates
planning:ica associates/daisuke imai
producer:yasukazu kanai
painting:yasukazu kanai

ナラ柾目とステンレスヘアラインのセパレートキッチン
ダイニングからキッチンを見渡します。

アイシーエーアソシエイツさんからキッチン製作のご依頼を頂きました。通常設計事務所さんから頂くお仕事の場合は、設計士さんの図面の通りに製作を進めることが多いのですが、アイシーエーさんの場合は、設計士の石子さんが私たちのことをとても良く思っていてくださって、細かいアドバイスに参加させて頂くことが多いのです。

ナラ柾目とステンレスヘアラインのセパレートキッチン
今回は、コンロがある壁付けのキッチンと、シンクがあるペニンシュラタイプのキッチンのセパレートになった形。

ただ、今回のKさんのキッチンは収納の使い勝手を優先するよりもそのキッチンの存在感を大切にした形で、作りはとてもシンプルでした。

ナラ柾目とステンレスヘアラインのセパレートキッチン
今回採用した水栓は、グローエのK4。

そして、当初考えていた素材はシナ合板で作るキッチン。キッチンの大きさ自体は大きくても存在感がさりげない印象に。キッチン自体が主役というよりは、キッチンに立つKさんご家族のためのステージという印象だったのでしょうか。
最初はそう考えていたプランですが、Kさんがご家族皆さんで新居の上棟後に私たちの工房に立ち寄って頂けることになったのでした。

ナラ柾目とステンレスヘアラインのセパレートキッチン
通常私たちが考えるキッチンだと、側面の板はタテ目にすることが多いのですが、今回は石子さんのイメージに合わせて横目に。

初めてお会いするKさんご家族。その印象はどちらかというと優しい、というよりは格好良い、という印象。
そして、お話を進めると、なるほどもう少し木の表情や色が入ってくるKさんらしいキッチンが良いということになっていったのでした。

ナラ柾目とステンレスヘアラインのセパレートキッチン
コンロ側の調理がメインになるスペースにだけステンレスを貼っています。

さっそく石子さんにご相談。
「そうでしたか、それは良かったです。オークの印象が良いなっていうお話も出ていましたので。」

ナラ柾目とステンレスヘアラインのセパレートキッチン
コンロはデザインが一新されたリンナイのデリシアグリレ。

私たちはだいたい設計事務所さんが建てる家のキッチンを作らせて頂くことが多いのですが、私たちとお客様とでお話しする部分は、キッチンとそのまわりのこと。
キッチンの形だけが飛び出てしまっては、その場所全体がちぐはぐになってしまいます。
だから、その設計士さんに確認してもらって、キッチンの形がのその場所にあっているか見渡してもらうのです。

ナラ柾目とステンレスヘアラインのセパレートキッチン
ナラ柾目の天板とステンレスの天板をフラットに仕上げることがなかなか難しかったのでした。

そうして、選ばれた素材はナラの柾目材。これはアイシーエーさんの得意な素材で、凛とした印象を持った家具に仕上がります。そこにステンレスを加えることで、ご主人にも奥様にも気に入って頂ける形ができあがったのでした。

ナラ柾目とステンレスヘアラインのセパレートキッチン
コンロからつながっているダイニング収納。これからお子さんが小学校に上がるということで、いろんなものが増えてくると思いますが、かなりの収納量がありますので、しばらくは大丈夫。

「いつもお世話になっております。Kです。
入居してみて、あらためて家具をじっくり見させて頂きましたが、自分の家ながらほれぼれしてしまいました。
とてもとてもよい家具を作ってくださいましてありがとうございました。
これからずっと大切に使っていきたいと思います。
以上、よろしくお願いいたします。」

ナラ柾目とステンレスヘアラインのセパレートキッチン
バルコニーに近い突きあたりの壁は、ディスプレイラックになっております。
キッチン仕上
天板 ステンレスヘアライン
扉・前板 ナラ柾目突板練り付け
本体外側 ナラ柾目突板練り付け
本体内側 ポリエステル化粧板「ホワイト」
塗装 ウレタンクリア塗装ツヤ消し仕上げ
費用につきましては、お問い合わせくださいませ。
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし