カテゴリー別アーカイブ: 庭のある家

IMG_9787

マンションの住まいを手放す:家具屋の家づくり

IMG_9786
以前家具を作らせていただいて今回の湘南T-SITEのイベントを見に来てくださったお客様から、「イマイさんもお家づくりで色々あったんですね。ブログで拝見しまして。」と声をかけていただきました。もう納め終わったらその家具屋のページを見なくなるのではないかと思っていたので、そう言っていただけてとてもうれしかったです。
お話を続けますね。

17年過ごしたマンション。
結婚して暮らし始めてハルもチイも生まれて、温かいご近所さんに恵まれて今まで育った場所です。「売る」というと寂しい気がしますが、次の人にまた活用してもらえるならうれしいなという気持ちと、家のプランが固まるたびに大事な資金源だからなるべく高値で売れて欲しいなという欲が出てきていました。(笑)
このマンション、入居した時には田んぼの中にポツンと一棟だけ建っていただけだったのに、いつのまにか新しいマンションに囲まれる場所になっていました。
マンションを売るタイミングは築15年未満の大規模修繕の前が一番高値で売れるという定説があるようで、やはりその年の前後にはママ友達のお家がマンションを出て家を建てたりしていたのでした。
でも私たちは、そのタイミングでは、「引っ越す、家を建てる。」なんて気持ちは全く起きなかったので仕方ないですね。

そのようなわけで15年が過ぎて17年が経つ頃急に思い立ったように家を作りたいという気持ちがむくむくとわいてきてしまいましたので、購入しようと考えていた土地を管理されていた不動産屋さんに、土地の購入と合わせて売却についても相談させて頂いたのでした。
不動産会社によって持っている情報が異なるのではないかとも思いましたが、今はルールか変わり、ある期間を超えると情報が開示され金額に大きな差が出ないようになっているようでしたし、今までとても親身に相談に乗ってくださった関係もありましたので、そのまま担当のSさんに売却の相談もさせて頂くことにしたのでした。

こうして順調に進めば、土地を購入したのが春、その間に家を建てて2月末で引っ越し、次の春には新しい場所から新学期!という計画だったのですね、当初は。
でも予定通りにはいきませんでした。今まで私たちにキッチンや家具を新しいお家に作らせていただいたお客様のいろいろ苦労されたお話は伺っていたのですが、やはり私たちも同じでした。
先日の記事にも書きましたが、土地の売買手続きは2018年6月でした。
それ以前の3月頃からマンションの販売についての告知を始めてもらっていました。ただ、何せお引き渡しは翌年の2月。中古のマンションを探している方はリノベーション目的の方が多いので、引き渡せるのが2月からでは、買い手がつくのは難しいかもしれないが早めに動いていきましょうということでした。
我が家の物件の売りは、「72戸の小規模マンション・二基のエレベーター・小学校中学校が徒歩10分圏内・築17年で大規模修繕済み・100%の立体駐車場完備、3LDK81㎡」だそうです。
3月の春休み、5月のGWにチラシを出してくださったりしましたが閲覧件数はあったようですが反応はありませんでした。
そのうちに内見のお申し込みがありました。
うれしいですね。どんな人が来るのだろとワクワクしながら掃除をしました。
当日、赤ちゃんを連れた若いご夫婦がいらっしゃいました。
家の中を見ていただきながらお話をしていると、ご実家がこの近くのようで、今は離れた場所で暮らしているが、こどもが生まれたので自分が育った地域で育てていきたいと考えたのだそうです。
小学校も中学校も我が家の娘たちと同じ出身だそうで、
「今でも海老名のなかではこの辺りはおとなしい感じというか目立たない雰囲気でしょうか?」
「そうですよ。ららぽーとができて車の交通量は増えましたが、まだまだのどかでいいですよ。」とお話ししました。
「そうですか。」とほっとされた様子でした。
そう思う人がいてまた同じ地域でこどもを育てていきたいなんてここはいい場所なのだな。また、そう感じる人に我が家を見にきてもらえるなんて、うれしいなと感じました。その方は結局成約にはなりませんでした。
次の内見は、不動産業者の方でした。面白かったのが、
私「ダイニングテーブルを置いていたので椅子の下の床がちょっと傷ついてますけど。」
業者さん「いいですね。家族の歴史が刻まれてるのですね。」
私「和室の壁は子供が小さい頃落書きしちゃって落ちなくてしみついてますけど。」
業者さん「いい思い出じゃないですか。」
何を言っても一切マイナスな言葉では返してこない。お仕事なのでしょうけど素晴らしい。
その方が、マンションを購入した時よりも190万円下がった金額で買い取ってくださることになりました。
新しい家の完成予定が来年の2月なので、まだ半年以上の時間があるのにあっさりと決めてしまったように思えますが、目の前で建設中のマンションの階数がどんどん高くなりそうなので、そういう姿が見えてくるとさらにここを希望される方が少なくなるのではないかなあと思えてしまって。
17年あの場所で暮らせて190万円マイナスになるだけなら、よい買い物だったのかなと思います。購入した時は売るときのことなんてかけらも考えなかったのですが。
そして、年が明け2月末にマンションを出ました。
なぜか米びつだけをキッチンの流しの下に置きっぱなしにしてしまったので翌日取りに行くと、もう業者さんが入って作業をしていました。
「ああ、もう自分たちの家ではないんだ。」
昨晩、ここを出る時に、家の中に物がないとなんて音が響くのだろう、あれほど詰まっていた気持ちももうここに亡くなってしまうのだなあ、米びつを眺めながら急に切なくなってしまったのでした。

その後も、娘たちの学校も近いので近くを通る度につい目が行ってしまうのですが、それは娘たちも同じらしく、
「ベランダに洗濯物干してあったよ!」
「夜灯りついてた!」
と報告してくれたりして。
もう別の方が住まわれているので当たり前の暮らしの様子なのですが(笑)。住んでいる方ごめんなさいね、気分良くないですよね。もうさすがに今は何も言わなくなりましたのでご心配なく。
そして、この後2か月半の実家からの区域外通学生活という未知の生活が始まったのでした。

Img_8881

工務店さん探し:家具屋の家づくり

Img_9294
土地の売買手続きは2018年6月でした。
その間に新居の設計プランがほぼ決まり工務店さん選びの段階に入りました。
仕事柄、一緒にお仕事をさせて頂く機会があり、お仕事ぶりや家具を取り付けた時に時々現場を拝見させていただいていたので、「この方々に家を建ててもらえたらうれしいな。」という工務店さんは最初から候補が決まっていました。もちろん予算もあるので、家のプランを考えながらその中で大幅に予算からかけ離れてしまうことがないように正式な御見積を頂く前からコストバランスについてお話しできたことも決めてのひとつでした。
しかし・・。
その工務店の担当者さんには土地の下見にも来てもらったりと当初は親身に相談に載ってもらって、それを元に銀行のローンの契約を組んで手続きを進めていたのですが、8月の期日前日に1通のお断りのメール連絡が来ました・・。
おぉ、ショックです。(見積もりをいただいてからの2ヶ月間は何だったんだろうといまだに不思議でならないのですが、、。)
聞くと、福原さんの納まりはとてもストイックな部分があって、工期が読みづらい部分があること、そしてそのご要望に応えらえるだけの技術に自信がないのだそうです。
たしかに私たちのキッチンでさえも導入が難しいと言われてしまう工務店さんも中にはいらっしゃるけれど、今回考えていたこちらならその点は安心でしたが、福原さんの形がやっぱり難しいのですね。
とても魅力的な仕上げをしている会社さんだっただけに残念。そして、そういう断り方をされてしまったことにもっと残念・・、うーん。
しかたないです。よい勉強になりました。

でも、マンションは翌年の2月末までには出なくてはいけない、今から工務店を探していたら間に合わない。さあ困ってしまった。どうしよう・・。
ちょうどその時にお客様の家具制作で連絡をとっていた加賀妻工務店の社長の高橋さんにダメもとにダイスケさんがお話ししてみたのです、「こんなことがあったのですよ。困ってしまいまして。」と。
加賀妻さんっていうと自社設計で自社施工ということなので、本当はずっと前からすてきだなって思っていたけれど、やっぱりだめって言われちゃうかもって思って声を掛けづらかったのでした。
でも、高橋さん、「そうですか、そういうことでしたらうちでやりましょう。でも、工期は今から始まると間に合いませんけどそれでも良ければ。」と引き受けてくださったのです。
もう工期が2月末までには間に合わないことはこれからどこを探したとしても同じはずだし、「現場がいつもきれいで気持ちがいい職人さんばかりのところ。」という話をダイスケさんから聞いていたので、これはある意味いい機会なのかもしれないと思えました。
福原さんにも伝えたところ、「自宅の近くで加賀妻さんの現場を見たことがあって、いいなと思ってたところだから、かえって良かったのではないかな!」と快諾してくれました。最初の計画よりもちょっと予算を多く見なくてはいけない部分がありましたが可能な範囲でしたし、憧れの加賀妻さんなので、その為なら働き続けてローンを返していこうと思えるのでした(笑)。
私達の工務店さん探しはこんなにドラマチックだったのでした。

私達のお家づくりのお話が誰かのお役に立つことがあればと思い書こうと思っています。
前回のブログからずいぶん時間が経ってしまっていました。(ちなみに前回は2019年11月7日の続きになります…。)
日記「自由な手たち」で「家具屋の家づくり」を検索していただけると家づくりに関する記事が出てきますので、興味がある方は読んでみてくださいね。

Img_8504

土地探し :家具屋の家づくり

私達のお家づくりのお話が誰かのお役に立つことがあればと思い書こうと思っていましたが、前回のブログからずいぶん時間が経ってしまっていました。(ちなみに2月17日の続きになります…。)オープンハウスも控えていますし、日記「自由な手たち」で「家具屋の家づくり」を検索していただけると家づくりに関する記事が出てきますので、興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。

私達の家づくりの基準とした同じ学区内での土地探し。
条件通りの場所はすぐには見つからないものです。いい場所だと思っても建築条件があったり、学区外だったり・・・。
難点と言われる部分を飲み込めば、何軒かありました。情報だけ見ても実際に見に行かないことには始まりません。
私達が最優先した点は、子ども達が自分の足で学校や駅に向かえることでしたが・・、あった。イメージしている費用と立地の場所がいくつかありました。
さっそく物件を管理する不動産屋さんに連絡して、家を設計してくれる福原さんにも同行してもらい、見に行くことにしました。
最初に見に行った場所は、80代の高齢のご夫婦の住む平屋でした。ダイスケさんはこの平屋の感じとても気に入っていたようです。
斜面に建ち、けっこう急な階段を登らないと家に辿り着けないという場所にあるので価格が他よりもリーズナブルなのでした。
面会してくださったおばあさまがお話してくださいます。
ここに住み始めて、子供たちがここから独立して、孫たちとどのように楽しく交流しているのかなど、お話ししてくださいました。
初対面の私達にいろいろお話してくださって、ここの場所に暮らせば私達もそういう人生が送れるのかもと思えたのでした。
ですが、いろいろ調べていくと、道路に面している土地の所有権が曖昧になっていることがわかり、新しい暮らしを始めるには家を建てる前に様々な調整が必要なことが分かったのです。
増築という形ならどうにか改装はできるけれど、取り壊して新築を建てるとなるとお隣さんの承諾が必要、という場所だったのです。
折しも見学に来ていた時に、そのお隣さんが初対面の福原さんに「隣地境界のことはしっかり守ってくれないとね。」と一言伝えていったそうで、これはなかなか難しそうな環境だなあと断念したのです。
おばあちゃんごめんなさい。
もう1つは、学区内の住宅街の更地の旗地。
周りを戸建てに囲まれた場所で、俗にいう旗地です。
隣の家が近いので一階は日当たりが良くなさそうですが、学校や駅までも平坦な道で行ける場所でした。
学区内の住宅地なので、近くに娘たちの幼稚園・小学校・中学校の同級生の住む家も数件在ります。道路に面した土地はお隣さんと繋がっていてギリギリ敷地2mの場所なので、車はお隣さんと位置をずらして停めないとならなそうな場所でした。
素直に「いいなぁ。」と思いました。
福原さんに意見を聞くと、「ここでも色々な形は考えられるよ。」とのことでした。
見学2件目で決めてしまうのは性急すぎるかと少し躊躇して、その後もいろいろと情報検索をしていきました。
中古物件でもすてきなところはたくさん在りました。心が揺らぎます。ここでも充分暮らせるよ?場所もなかなかいいし。でも、家を建てるって夢だったから。もし、ここに建てるには壊す費用もみていかなきゃ。
そのお金があるなら、建築の方に少しでも回したいよね。さて、どうするかな。
いろいろ考え悩みました。
福原さんも、ここだったらこの位の家が建てられるよ。あそこだったら、こういうふうにできるよ。といろいろ教えてくださいました。

その後、あの二軒目ほどときめく出会いは無く、私たちはやっぱりあの旗地に気持ちが決まったのでした。
場所が決まりましたので、次はいよいよお家の形を考えていくことになりました。

20191107001

福原正芳さんのこと

私たちの家を考えてくれた設計士の福原さんのこともどんな人なのかお知らせしておかなければいけませんね。
もともと私と同じ専門学校に通っていたのが出会いのきっかけです。
夜間学校でみんな働いたり、別のところで学びながらも建築や家具についての知識を深めたい、という思いを持った人たちが集まる場所でした。
そこで2年間みんなで学んで、インテリア雑貨のバイヤーになったり、設計事務所に入ったり、照明のデザインの道に進んだり、元の職場でここで学んだことを生かしたり、また全く別の道を進む人もいたり、さまざまでしたね。
福原さんは大学に通いながらここに来ていたので大学卒業後に建築の道に。
私は迷いながらもやはり家具の道に。
それが20年以上前のお話です。
それから、福原さんが手がけた建築はどこか柔らかく優しい印象の空間が多かったですね。
天然の素材をなるべく生かしながらも材を適所に選んでいくことで生まれる優しい空間です。
奥様がマキテキスタイルさんでずっとお仕事をされていることもあって、三谷さん、中村さんといったマキさんの纏う空気に近い方々のエッセンスも取り込まれた空間つくりや暮らしの考え方を持った人です。
井藤さんの「LABORATORIO」や「galleryらふと」やrarejemさんとのお仕事で出ているカラーは福原さんの特長のひとつがよく出ているのではないかと思っております。

ユーモラスで柔らかい表情の空間はこの場所に立たないと分からなかったりします。
ぜひその空気を感じてもらえたら幸いです。

MA設計室 福原正芳
https://fukuhara-ma.jimdo.com/

LABORATORIO
http://laboratorio.jp/

galleryらふと
http://www.kouboukaranokaze.jp/raft/

 

 

【近日開催予定のイベントのおしらせ】

イマイダイスケ 自宅のオープンハウス(予約制)
日時:11月24日(日)10:00~17:00
場所:神奈川県海老名市
詳細:https://www.freehandimai.com/?p=20061

クレミル2019
日時: 12月14日(土)、15日(日)10:00~17:00
場所:フリーハンドイマイ工房にて
詳細:https://www.freehandimai.com/?p=20028

20191102001

タモの戸棚

オープンハウスに向けて二階が片付きました。

【近日開催予定のイベントのおしらせ】

イマイダイスケ 自宅のオープンハウス
日時:11月24日(日)10:00~17:00
場所:神奈川県海老名市
詳細:https://www.freehandimai.com/?p=20061

クレミル2019
日時: 12月14日(土)、15日(日)10:00~17:00
場所:フリーハンドイマイ工房にて
詳細:https://www.freehandimai.com/?p=20028

20191024006

オープンハウスのお知らせ

ようやく皆様にひと通りお見せできるような状態に落ち着いてきた自宅。
半年住んでみて、あちこち壁や床にも暮らしの跡ができたりして、夜中にふと見知らぬ音に目を覚ましたり、庭で少しお酒を飲んだりして、やっと自分の家に思えてきたこの頃、1日だけの内覧会を開きます。
福原さんが考えてくれて、加賀妻さんが建ててくれて、私たちの家具が入ったこの場所を皆さんにももしよかったら見てもらえるとうれしいです。
私たちの家具作りの在り方とか、福原さんの考える気持ち良い空間とか、加賀妻さんが見せてくれる素材のやさしさとか、見てもらえたらうれしいです。
もちろん、福原さんもいらっしゃいます。

2019102400420191024005
イマイダイスケ 自宅のオープンハウス
日時:11月24日(日)10:00~17:00
場所:神奈川県海老名市

海老名の相模川にほど近い場所に建つ小さな2階建ての家です。旗竿地に建っているのでそれほど目立たないのですが、気持ちの良い家になりました。
現地から歩いて5分くらいのところには大きな公園がありますので、お散歩がてらいらして頂いても気持ち良いかと思います。
どのくらいの皆さんがいらしてくださるかはなんとも想像つかないのですが、私たちが皆さんとおしゃべりできるような時間をきちんと取りたいと思っておりますので、予約制にさせて頂きます。
そして、申し訳ございませんが現地には余分な駐車場がございません。
お車でいらして頂く皆様はお近くのコインパーキングか、公園の駐車場(日曜日は有料)をご利用いただければ幸いです。
もし、ご応募くださった方が多数の場合は時間の調整などをお願いすることがございます。

お申し込みは、以下のメールアドレスから、もしくはお電話(0467-75-8719)からお申し込みください。
info@freehandimai.com
お名前、ご住所、メールアドレス、お電話番号、参加人数、希望時間を書いてお送り頂ければ幸いです。折り返しこちらから、空き時間や詳細な住所などをお知らせ致します。

どうぞお気軽にお申し込みください。
皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

20191003001

自宅の制作例のご紹介とオープンハウスのお知らせ

20191003002そろそろ秋も深まってくるということで、自宅の制作例を3つまとめてみました。
もしよろしければご覧になってください。
私のアトリエ、まずはキッチン
私のアトリエ、まずはテレビボード
私のアトリエ、まずは洗面所

そして、自宅の様子もひと段落してきましたので、福原さんが考えてくれて、加賀妻さんが建ててくれて、私たちの家具が入ったこの場所を皆さんにも見て頂きたく思っておりまして、オープンハウスを開くことにしました。
もちろん、福原さんもいらっしゃいますよ。

日時:11月24日(日)午前10時~17時まで
場所:神奈川県海老名市

海老名の相模川にほど近い場所に建つ小さな2階建ての家です。旗竿地に建っているのでそれほど目立たないのですが、気持ちの良い家になりました。
現地から歩いて5分くらいのところには大きな公園がありますので、お散歩がてらいらして頂いても気持ち良いかと思います。
どのくらいの皆さんがいらしてくださるかはなんとも想像つかないのですが、私たちが皆さんとおしゃべりできるような時間をきちんと取りたいと思っておりますので、予約制にさせて頂きます。
そして、申し訳ございませんが現地には余分な駐車場がございません。
お車でいらして頂く皆様はお近くのコインパーキングか、公園の駐車場(日曜日は有料)をご利用いただければ幸いです。
もし、ご応募くださった方が多数の場合は時間の調整などをお願いすることがございます。

お申し込みは、以下のメールアドレスからお申し込みください。
info@freehandimai.com
お名前、ご住所、メールアドレス、お電話番号、参加人数、希望時間を書いてお送り頂ければ幸いです。折り返しこちらから、空き時間や詳細な住所などをお知らせ致します。

どうぞお気軽にお申し込みください。

20190922001

摘む

20190922002今日は久しぶりにハルカも中間テストが近いということで、部活も塾もお休みとのことで、みんなで久しぶりにゆっくり。
お昼ご飯を食べた後にはそろそろ秋になるから檸檬の果実を適当に摘んでおくらしいということで、多く生っているところを実を摘みました。
これがやりたかったのです。
自分で食べるものを自分で作るってすばらしい。

20190916004

どうしようか

ハルカはなかなかみんなをつなげることが得意というか好きなようです。
先日の体育祭で三年生のリーダー(応援団のようなもの)の一人として最後の体育祭を無事に終わらせることができたので、では小さくお祝いということで外でご飯を食べましょうと思っていましたら、連日部活があって、(吹奏楽部は三年生も秋まで活動があって、部長である彼女は楽しそうですがちょっと大変。)その後に塾があって・・。
中学生は忙しいのです。

「じゃあ、みんなで外には行けないなら、またレストランみたいなご飯を食べようか。」ということで、アキコとチアキが準備をしております。
なにつくろうか。