日記「自由な手たち」

DSC_6376

真鍮のハンドルを磨く。

DSC_6377DSC_6382
今のお家に暮らし始めて1年2ヶ月が経ちました。ドアに使ったHORIさんの真鍮のハンドルがいい感じにくすんだ色になってきました。
先日見学に来てくださった設計士さんも「いい色になっていますね。」と言ってくださいましたが、
親世代の人には、「こんなにくすんじゃって。ピカールで磨かないと。」と言われてしまう真鍮、面白いですね。
コロナウィルスの感染防止対策でアルコールを吹き付けて拭き取っとたりしているので普通の経年変化よりくすんでしまっているのかもしれませんが、こんな色見になります。
経年変化が楽しめるということで選んだ真鍮でしたが、銅を含むため、ステンレスと比べると殺菌作用があるようです。
家のすべてのハンドルがくすんでしまうと、どういう具合にいい色に変わっているのかがわからなくなってしまったので、一か所トイレのドアのハンドルだけ磨いてみることにしました。
ピカールをつけてペーパーが真っ黒になりながら磨く作業は見た目にもわかりやすくて楽しいです。
ピカピカのハンドルも可愛いですね。
いつの日か緑青が出ているハンドルとピカピカのハンドルを一緒に見られる日が楽しみなのです。