日記「自由な手たち」

20200914001

ワークテーブル

ワークテーブルっていう言葉が正しいかどうか分かりません。
率直に作業台というほうが好きですがちょっと野暮ったいかな。
ダイニングテーブルって呼んでしまうけれど、この場所ってもっとこう当たり前の場所って言うのでしょうか、そういう場所であってほしいのです。
ご飯を食べるだけじゃなくて、勉強をしたり、肘をついてぼーっとしたり、ご飯を作るための場所にもなったり。
だから、よく見ると力強く書いた字の跡が残っていたり、水や片栗粉なんかピチャピチャ跳ねちゃっても広くて使いやすい道具であればよいと思うのです。
書いたり、捏ねたり、叩いたり、時には上に乗ったりしても頑としている様は好きだなあ。
汚れちゃっても、どこか凹んじゃってもいいんです。だって誰かに見せるためにあるものじゃなくて、自分たちが心地よく暮らすためにあるものだから。
昨日はね、粉だらけにニラだらけになりながら餃子を作ったのでした。