オーダー製作例

ステンレスバイブレーションとオークを使ったアイランドキッチン

ステージ

国立 O様

design:Oさん
planning:Oさん//daisuke imai
producer:yasukazu kanai
painting:yasukazu kanai

ステンレスバイブレーションとオークを使ったアイランドキッチン
太い門型のナラ材と、うすく浮いた印象のステンレスカウンターが特長的なかたち。

「細かなところまでの仕上がりや、素敵な写真の数々に見入ってしまいました。
キッチンは際限なくこだわり抜ける場所だと思いますが、「いかに機能的でその人の使い方に合っているか」という考えに共感しました。
ぜひ、詳しくお話を伺いたいと思っております。
しかし、肝心の物件が決まっていないので・・・希望としては年内着工!という意気込みはあるのですが。ご縁がありますことを願いつつ、カタログ到着を楽しみに待っています。」

ステンレスバイブレーションとオークを使ったアイランドキッチン
ステンレスカウンターをなるべく薄くということで、今回は11mmに見せる形で仕上げました。

と言ううれしいお便りを頂いて間もなくお電話を頂いてこちらにいらして下さったOさん。
国立ということここから少し遠くになるのですが、実はこの寒川でご友人がレストランを開いているということもあって、割と気持ちが近い感じでいらして下さった奥様。
とてもお話が楽しく、いろいろな暮らしのこと、そしてキッチンのことなどをお聞かせくださいました。
それでも、実はまだ新居は決まっていないのだそうで‥。(笑)
くわしく聞きますと、ここが良いという中古物件があってその方とお話を進めているのだそうですが、ただいまそのお話し合いが少し止まってしまっているようで、なかなか前に進みたくても進めない状況、なのだそうです。

「でも、新しい家にするならこの場所がとても良いと思っているのです!」と奥様の強い想いを聞かせて頂いて打ち合わせ終了。

ステンレスバイブレーションとオークを使ったアイランドキッチン
こちらは水栓のレバーギリギリに寄せた洗剤ポケット。
でも、夢がかなった時にために、頂いたご要望をまとめて、図面と御見積をまずは作ってお送りしました。

「イマイ様
こんばんは、Oです。さっそくお見積りをいただいたのに、すぐにお返事できずに申し訳ありませんでした。
先日はわがままなオーダー(そしてとりとめのない話)を長時間聞いてくださり、どうもありがとうございました。
キッチンの実物を見て、丁寧な造り・仕上がりを確認することができ、また居心地の良いショールームでついついゆっくりしてしまいました。
奥様の優しいお心遣いにも感謝です。
そしてお忙しい中の見積もり、ありがとうございます。
いろいろと細かいことを好き放題話しただけなのにちゃんと形になっている!
と感動しました。
近況報告をいたしますと、やはりまだ物件は決まっておりません。
間取りをお持ちした物件についてはまだ交渉が進んでいるわけでもなくて売主さんからのアクションがないと何もできない状況です・・・。
それ以外にも他の物件を探してはいるのですが、なかなか見つからず。そんなわけで今すぐオーダーというわけにはいかないのですが、素敵なキッチンを夢見て家探し頑張りますね。
余談ですが、私も名前「ハルカ」なんですよ。あの後日記を読んでいたらビックリ。
今後とも、どうぞよろしくお願いしたします。」

ステンレスバイブレーションとオークを使ったアイランドキッチン
こちらは長めのハンドルを使ったタオル掛け。

おぉ、それは、うれしいことです。
ぜひうちの娘もOさんのように美しい女性になれるように子育てを頑張らなくては!

ステンレスバイブレーションとオークを使ったアイランドキッチン
引き出しの様子、その1。
ステンレスバイブレーションとオークを使ったアイランドキッチン
引き出しの様子、その2。布巾を多くお持ちのお客様は多いですね。

それから、しばらくしました頃・・。
「こんばんは。
さっそくですがご報告です。
ここ数日で急に話が進み、新居の件が決まりそうです。
明日こちらの不動産屋さんから売主さんに連絡をとってもらって具体的なスケジュールは1週間以内に決まると思います。
物件が空き家なので引き渡しは遅くとも年内になりそうなのです。ということは、キッチンの納期がかなりタイトになってしまうのでは…と心配になり、取り急ぎご連絡を差し上げた次第です。
以前大体納期は1か月くらいで2月か3月に製作開始になりそうとイマイさんからお話を伺っていたので大変恐縮なのですが、お受けいただくことは可能でしょうか?
ちなみに、あれから熟考した結果、オーダーは「2列型キッチン(壁付けコンロ+アイランド部にシンク)」になりそうです。(「おいしいキッチン(Uさん)」や「ゆるりと回遊する暮らし」が近いイメージです)
イマイさんのお仕事を見ていると、急ぎのオーダーをすることが大変心苦しいのですが、せっかくご縁がありお話をさせていただきましたので、是非お願いしたいと思っております。
ご検討いただき、連絡をお待ちしております。どうぞ宜しくお願いします。」

と言ううれしいご連絡を頂いたのです。ただ、年末に向けてちょうど忙しい時期が重なっていて、さてうまく皆さんとのスケジュールを調整しなくては、と思いつつ、まずは具体的な話を進めなくてはと思いまして一度現場で打ち合わせることに。

ステンレスバイブレーションとオークを使ったアイランドキッチン
ガスコンロは、ハーマンの+do。奥に移るカウンターは大工さんに作って頂いたもの。でも、やはり引き出しなどが必要ということで、あらためてご依頼頂けることになりました。ありがとうございます。

ご主人のお仕事が終わる時間に合わせて、冬の夜の国立に向かったのでした。
予定通り18時ちょっと前に中央線が目の前を走る風情のある路地で待っているとお仕事を終えた奥様がいらして下さいました。
さて、どんなお部屋かな。

さっそく上がらせて頂いたのですが、どうやら電気が止まっているようで、電気がつかない・・。
「あらら・・。とりあえずこの灯りで。」とスマートフォンの明かりで、部屋を照らして、時折中央線が下の方を通り過ぎる時にほのかに客室の明かりが入ってくる何というかとても雰囲気のある打ち合わせ。
と、お話を始めたところで、ご主人もお仕事を終えて、現場に到着。
こんな状況で良いのでしょうか・・。
「はじめまして。」
今までの打ち合わせは奥様と行なっていただけでしたので、ご主人とお会いするのは初めてなわけです。それなのに、ほとんど真っ暗な室内で、家具屋の大きな男と奥様が2人で打ち合わせをしているという不思議な状況。
「おっ、今晩は。」とご主人。
なんだか不思議な空気。
でも、このOさんご夫婦。お二人ともお話してみるととてもユニークで素晴らしく頼もしい方たちで、何だかこの不思議な状況でも楽しく打ち合わせが進んだのでした。
でも、結局この日は現状を確認して、あらためてご主人の意見も取り入れながらキッチンについてお話したほうが良いかな、ということになりました。
まずは、現地を見て搬入経路を確認できただけでもおおよその状況は把握できたので、今後のイメージはつかめました。

ステンレスバイブレーションとオークを使ったアイランドキッチン
コンロの下は、スライドワイヤーシェルフ。

そして、再び年末にOさんご家族みなさんでこちらまで打ち合わせにいらして下さったのでした。

キッチンのプランはアイランドから2列になったセパレートタイプのプランに、そして、もう一度アイランドへとこの時点でこういう形でお話が進んでおりました。
予定を考えるともうそろそろキッチンのプランを決めないと工事、引越しのスケジュールが大きくずれ込んでしまう。ということで今日の打ち合わせでほぼ形を決める予定です。
そんな時に、ご主人が面白いアイデアを伝えてくださったのでした。
「そういえば、先日テレビでタレントさんの家を作っていく番組を見ていて、そこにちょっと変わったキッチンが出ていたんですよ。」
と言うお話をしてくださったのです。
いろいろとお話を聞いていくと、ちょうどその数日までに私もアキコから「ちょっと面白いキッチンがあるから録画(録画って今言わないのかな?)しておいたから見てみて。」と言われたキッチンでした。
タレントの坂上忍さんの家を作る番組で、キッチンを探している時に映ったのは、ブラックウォールナットでできた門のような印象のキッチン。
「それってあの番組のですね。」とご主人に伝えると、そうそう!
もともとダイニング側は、カウンターのようにして軽く食事が採れるような感じにしたいという要望でしたので、その部分をもっと分厚い印象にしたい、ということでした。
これでようやく形がまとまりました。今回は収納を重視するというよりも、見せて使うキッチンと言う印象になりそうです。

ステンレスバイブレーションとオークを使ったアイランドキッチン
ご主人がこれからパスタを作ってくださるのです。

年が明けて、1月の下旬頃にようやくお引き渡しが終わり、工事が始まりました。
今回内装を担当してくださるのは、OKUTAさん。
監督さんが現場にいらっしゃる日にあらためて現場で打ち合わせです。
「イマイさん、今回のこの場所なのですがもともとリビングと言うよりはバルコニーのようになっていた部分のようで、前に住んでいた方が増築されているのですね。それで、1階をご覧になって頂いた時に見て頂いたかと思いますが、このリビングだけ張り出している形になっているので、この場所の床が少し歪んでいるのです。」
なるほど・・。
「それで、キッチンを据える時に、もしかしたら、と言うかおそらくキッチンの右と左で高さが大きく変わりそうなのです・・。」
おぉ、なるほど・・。
「そこで、キッチンの足元で高さを調整して頂くことは可能でしょうか。」
とちょっと大変そうなご相談。
「分かりました。設置の時にどうにか調整しながらやってみたいと思います。」
と、シンプルにキッチンを据えるだけで考えていたので、ちょっとした不安要素ができてしまいました。
以前にも、戸建てをリフォーム去れるというお客様のキッチンを作らせて頂いた時に、やはり床が歪んでいて、床の歪みを調整しながら大工さんが新たに床を貼って行くのは、調整が大変だったり、床なりの原因になったりと難しい部分があるということで、キッチン側で調整したことがあったのです。
最近作る私たちのキッチンは、箱状になっていても足が床についているタイプが多いのです。(ちょっと説明しづらい部分ですね。)先に一番下の部分(台輪部分)で床のレベルを調整して、その上に箱を載せる、と言う方法が採りにくいのです。その時は床の歪みに合わせて調整したのですが、大変苦労した覚えがあります。
今回もちょっと大変そうだな・・。

ステンレスバイブレーションとオークを使ったアイランドキッチン
幅1000mm、長さ2780mmと言うキッチンだと、ワークスペースも広々で、お子さんが座ってここでご飯を食べても余裕があります。

そして、OKUTAさんから声が掛かる前に製作を完了させて、いよいよ取付です。
まずは、搬入。
このOさんが手に入れた家は、元々1階にキッチンがあったのですが、それを2階に移すのです。ちょっと昔ながらの家なので、階段が急でさらに狭いのです。今の住宅の階段の幅も3/4くらいしかない。
でも幸いなことで階段がぐるりと折れ曲がっていなくて、そのまま真っ直ぐに2階へ上がれます。
天板はこのまま階段から搬入できるかな・・。
今回の天板は厚み11mmに見せるうすい天板なので、その裏にさらに厚めに合板で裏打ちしていても、屋外からロープで吊り上げるのはちょっと心配。
まずはやってみよう・・。と始めましたら、どうにか搬入できました。良かった。
その下のキャビネットは、細かく分けているので、問題なく搬入完了。
そして床は・・、と心配していたのですが、大工さんがきれいに床のレベルを調整して水平面を出してくれていました。良かった、よかった。

ステンレスバイブレーションとオークを使ったアイランドキッチン
レンジフードは、アリアフィーナのセンターフェデリカ(アイランド用天井付けタイプ)。色はステンレスではなくブラックにしています。

こうして無事に設置は完了して、あとは少し後から納入されてくる食器洗浄機を取り付ければ完了。
「おはようございます。Oです。
昨日は搬入ありがとうございました。
さっそく夜に、夫も駆けつけ、みんなで見てきました!やはり、すごい存在感!完全に部屋の主役です。
引き出しや、ステンレスバイブレーションの仕上がりなど見たかったのですが、がっちりガードされて養生はうまく取れず(涙)、断念しました。。
しかし帰ってからブログを見てみたら、写真がアップされていたので、素敵~とホクホクしています。
しかも階段から搬入できたとのことで、良かったです。
食洗機が入らないとやはり物足りなさはありますが、完成がますます楽しみになってきました!」

そして後日。食器洗浄機を設置してこれで工事が完了です。

ステンレスバイブレーションとオークを使ったアイランドキッチン
ここに立つお二人のステージのようなキッチンに仕上がりましたね。私が写真を撮っているこの位置がダイニングスペースになるのですが、このキッチンの前が大きなリビングなので、お料理する姿がよく映えるのです。

お引き渡しの時は残念ながら、都合が合わなくてお会いすることができなかったのですが、お引っ越し後にあらためてアキコと二人でお邪魔させて頂きました。
そして、いろいろなお話を聞きながらご主人がパスタを作ってくださって、ご説明に伺ったのに反対にもてなして頂いてしまって・・、ありがとうございます。
聞くとご主人が大手服飾ブランドで販売から始めて今はマネージャーの仕事をされているのだそう。
だから、お話が上手で人の良いところを引き出すのが上手なのですね。
キッチンからお仕事のお話までいろいろと勉強にさせて頂きます。
また次回、食器棚を作らせて頂けるということでとても楽しみにしております。
ありがとうございました。

「こんばんは。Oです。
本日は、遠いところを早い時間から来ていただき、ありがとうございました!
長時間引き留めてしまってすみません。。
夫も言っていましたが、キッチンについてあんなに話ができるのはイマイさんぐらいです!(笑)
いろいろな悩みや使いやすいポイントなどたくさんお話ができてうれしかったです。
さっそく、Instagramもフォローしてブログも拝見しました。
写真も希望通り良い感じに撮っていただいて感謝です。
また、このページを使って広報活動に励みたいと思います。(笑)」

それから、Oさんのご友人のレストランがこちらのYADOさん。
http://www.ichinomiyadiningyado.com/
せっかく教えて頂いたので、お昼ご飯を食べてきましたら、チーズのピザと言うのがとても濃厚な味で。男の人が作る味でとてもお酒が進みそう。
同じ町内ということで、この先何か一緒に楽しいことができたら良いな、と考えているのです。

キッチン仕上
天板 ステンレスバイブレーション
扉・前板 ナラ板目突板練り付け
本体外側 ナラ板目突板練り付け
本体内側 ポリエステル化粧板「ホワイト」
塗装 オイル塗装仕上げ
キッチン
価格:1,100,000(製作費、塗装費、設備機器は別途)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は30,000円から取付施工費は80,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし