オーダー製作例

コーリアンラバロックの天板とクルミ無垢材ランダム張り仕上げのキッチン

おとうさんなのです。

三島 O様

design:Oさん
planning:Oさん/daisuke imai
producer:yasugkazu kanai/kouhei kobayashi/iku nogami
painting:yasukazu kanai/kouhei kobayashi/iku nogami

コーリアンラバロックの天板とクルミ無垢材ランダム張り仕上げのキッチン
リビングから見たキッチンの様子。クルミの色のばらつきを出すというこの印象がとても良くまとまっております。
コーリアンラバロックの天板とクルミ無垢材ランダム張り仕上げのキッチン
玄関から見ると、キッチンが見渡せるという大きな一つのスペースになっているのが特徴の間取り。

コーリアンラバロックの天板とクルミ無垢材ランダム張り仕上げのキッチン
バルコニー側から見た様子。

私が知っているOさんって、もっとスマートな印象でした。お施主さんとお話する様子も私に設計のニュアンスを説明する時の様子も曇りなくスムーズに説明してくれる頼もしい人、と言う印象だったのです。
でもね、実は違いましたね。(笑)

天板が浮いているように見せるデザインのキッチン
天板をすこし浮かせるような印象にしたいのです。と言われて、ラバロックは、板そのままの厚みである12mmで見せて、裏打ちする合板をすこし内側に入れることで、浮いた印象にしています。
キッチンのかんざし
浮いている印象はこんな感じ。また、側板と背面の板は角の部分は留めで接合しているのですが、木が動いてしまうことがないように補助的にビスで固定しているのですが、そのビス隠しとして、かんざし風に見せてみました。
洗剤ポケット
シンクは洗剤ポケットをつけています。

水切りプレート
水切りプレートをカウンタートップよりも低い位置に置きたい、と言うことで、今回はプレートを受けるリブをつけたシンクを作りました。

「今度自宅のキッチンをイマイさんにお願いしたいと思っているのです。」
平成建設さんのショールームでお客様との打ち合わせを終えたあとに、設計のOさんがぽつりとそう言ったのです。
「わぁ、それはうれしいです。どんな形になるか楽しみですね、いつもで声をかけてください。」
Oさんは設計の要の人。
今まで平成建設さんのいろいろなお客様の家具やキッチンを作らせて頂きましたが、それぞれの設計担当の皆さんがOさんをお兄さんのように頼っている。
そのような人から「キッチンを作ってほしい。」と言われたら、それはうれしいものです。
どんな形になるのだろう。

ステンレスの家具コンセント
コンセントはステンレスのカバーをつけたJIMBOのNKシリーズのブラック。

シンク下にまな板を置くためのステンレスパイプ
シンクの下には、パイプを渡していて、そこにまな板を置けるようにしました。フックを掛けてぶら下げて使うこともできます。

そういうスタートからしばらくして、原案を見せてもらいました。
以前に作らせて頂いた同じく三島のOさんの時のレイアウトをOさんは気に入っていて、同じようなセパレートの雰囲気でキッチンを考えているということでした。
そして、そののちにこちらまで打ち合わせにいらして頂いたのです。
この時に奥様と一緒に来られて、いろいろと打ち合わせをして、Oさんと同じくチェリーで作る方向でお話が進んでいたのでした。
そして大まかな形が決まって解体も始まった頃、Oさんが悩み始めたのでした。

ASKOのD5556XXLの大きな食器洗浄機
食器洗浄機はASKOのD5556XXLという大型のものを導入。

そうか、設計を専門としている人でも直前で悩んでしまうのだなあ、なんて思っていて、あらためて打ち合わせをしまして、その時にお話に上がったのが、「豊かな色」のGさんのクルミと人工大理石コーリアン「ラバロック」の組み合わせ。少し色があせたような印象に見えるこの組み合わせですが、皆さんからとても良い評判でして、やはりインテリア業界の上の方にいらっしゃるGさんは表現が豊かなのだなあといつも思わされるのでした。
その印象に魅かれたOさん、チェリーからクルミへとキッチンをまとめ直し、追加でお話し頂いていた洗面収納も同じくクルミでまとめて、いよいよ製作開始なのでした。
その前に、現地確認です。

クルミの家電収納部
コンロ側キッチンの右端は家電収納タワーになっています。
格子扉のある吊戸棚とレンジフード幕板
レンジフードもキッチンと一体に見えるように幕板をクルミで作りました。

リンナイMYCHOICEガラストップ
リンナイのドロップインのガラストップタイプ。

三島の楽寿園の近くに立つ趣のあるマンションが現場です。
古い規約があって、工事の時間が限定されていてエレベーターも隔階止まりだったりして、少し工夫して作業する必要がありそうです。
寸法は平成さんですので、いつも通りに私たちの寸法に合わせてくださるということで大変助かります。
特に問題なく進みそうで、廊下から見える富士山が「大丈夫、うまく納まるよ。」って言っているのが聞こえました。

クルミの格子扉
レンジの下は格子扉にしています。そのわけは・・。
炊飯器用スライドテーブル
炊飯器をしまっているので、保温にしている時も熱を逃がしたい、と言うOさんのご要望なのです。

クルミの乾物収納
それに合わせて、こちらの缶、瓶収納部も格子のデザインにして、この部分の最上部の戸棚の扉も格子にしています。

リノベーションですので納期が少しタイトです。でも無垢材を多く使うので材の段取りは早めに進めておきましょう。
コーリアンもシンクもオリジナルなので、すぐにできあがるものではありません。みんな全部きちんと作っているのです。ビバ!もの作り。
ステンレスの高橋さんが作ってくれたシンクをコーリアンの加工場に送ってもらったら、加工屋さんがシンクのサイズに合わせた開口をきちっと出してくれて、きれいに磨いて私たちの工房に送ってくれるのです。
その間に、養生しておいたクルミを製材して、扉やパネルを接いでいきます。
本体はクルミの突板で作って、引き出しは掃除しやすく化粧板で段取りして、徐々にその形が見えてきます。
今回読みにくかったのが、リンナイのドロップインタイプのガラストップのものをOさんが採用したこと。今回このタイプを初めて導入するので、納め方に少々不安があったのです。
また、キッチンに比べて洗面がコンパクトな家具の割に細工が複雑だったりして、ようやく完成した時にはホッとひと安心。製作を担当したコバヤシ君も大きくやり遂げた感のある背中でした。

コンロ下のスライドワイヤーシェルフ
コンロの下はスライドワイヤーシェルフ。
コンロ下のスライドワイヤーシェルフ
スライドワイヤーシェルフは、引き出せて、そのまま持ち上げると取り外して洗えるので使い勝手が良いのです。

クルミ無垢材のキッチンサイドガード
コンロ側のカウンターの左端には冷蔵庫と接するのですが、冷蔵庫の戸間の隙間に物が落ちちゃうと取りにくい、と言うことで、側板を少し上に立ち上げています。

そうして、設置工事。
作業時間が限られていることもあって、早めに出発したら、時間を間違えて1時間早く着きすぎちゃってせっかく大人数で似たのに待ちぼうけ・・。
みんな、ごめんなさい。
しばらくして監督さんが来て下さって、いよいよ搬入開始。物量が多いので、通行の邪魔にならないようにエントランスに積み上げてはエレベーターで最寄りの階に降ろしては階段で搬入の繰り返し。
どうにか搬入を無事に終えて、ちょっと込み合っている現場でいよいよ作業開始です。
キッチンは時間は掛かりましたが2日間かけて無事に終わって、洗面のほうはいろいろと現場で調整が必要な部分が出てきて、一度パーツを持ち帰って加工することもありましたが、無事に完了。
あとはお引き渡しの後にお引越しを待つばかりですね。

コーリアンラバロックの天板とクルミ無垢材ランダム張り仕上げのキッチン
吊戸棚内部の様子。
引き出しにフキンをしまう
コンロ側の引き出しの様子、その1。
コーリアンラバロックの天板とクルミ無垢材ランダム張り仕上げのキッチン
コンロ側の引き出しの様子、その2。
コーリアンラバロックの天板とクルミ無垢材ランダム張り仕上げのキッチン
コンロ側の引き出しの様子、その3。
コーリアンラバロックの天板とクルミ無垢材ランダム張り仕上げのキッチン
コンロ側の引き出しの様子、その4。
コーリアンラバロックの天板とクルミ無垢材ランダム張り仕上げのキッチン
キッチン側の引き出しの様子、その1。

コーリアンラバロックの天板とクルミ無垢材ランダム張り仕上げのキッチン
キッチン側の引き出しの様子、その2。

約半年かけて、プラン作りから納品までが行なわれたOさんの自邸リノベーション。
その間もずっとスマートでやっぱりキッチンと仕事ができる人は格好良いなあと思っていたのですが、お引っ越し後にあらためてお邪魔させて頂いた時は、キリっとした表情と言うよりも優しいお父さん。
そうか、Oさんもお父さんなのだなと思うと、今までの肩の力がふっと抜けるような気がしたのでした。

クルミランダム張り
節があったり、白太を入れたり、きれいにばらつきを出すのは意外に難しかったりするのです。
キッチン仕上
天板 コーリアン「ラバロック」
扉・前板 クルミ板無垢材
本体外側 クルミ板目無垢材/クルミ板目突板練り付け
本体内側 ポリエステル化粧板「ホワイト」
塗装 オイル塗装仕上げ
費用につきましては、お問い合わせくださいませ。
ちょっと関わりのありそうな家具たち