オーダー製作例

ナラとニット調レザーのリビングチェア

おばあちゃんの椅子

厚木 S様

design:daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:gaku suzuki
painting:gaku suzuki

父(今井静二)の知人のSさんは、父のバンドのライブのお手伝いや、当スタジオで定期的に行っているレカンフラワーのワークショップのお手伝いをしてくださる方です。
Sさんのお母さんは少し体を不自由にしているのため椅子やテーブルが必要になってきたということで、私たちに任せていただけることになったのでした。
イメージとしては、軽くてシンプルで、食事ができて、寄りかかることができて、しばらくその椅子に座って過ごすことができる、と言う感じでした。そして、それにあわせて食事や小さな用事が済ませられるようなテーブルも用意させて頂くことになりました。
張り地は、当初は無地単色のレザーを考えていたのですが、いろんな生地を見ていくうちにSさんのイメージが固まって、ニット調のものに。最近良く見られるデザインですが、はたしてこの椅子に合うかな。さらに、座面はいつも通りに張り包む形にしたのですが、背もたれは、思い切って同じ生地でクッションだけにすることに。
その心配は必要なかったですね。細身のフレームとナラの色合いがこの張り地と良くあって落ち着いた印象になりました。

お年寄りの方のための椅子とテーブル
ナラ材を使うので、どうしても素材の重さが出てしまうのですが、なるべく軽くしたいので、フレーム一本一本を細く考えます。そして、細くても強度が得られるような構造を考えます。

お年寄りの方のための椅子とテーブル
あわせて製作したテーブルはなるべくシンプル(素朴)な印象だけれど、柔らかい感じにしたいので、脚を少し転ばせたり、面の取り方を柔らかい印象に心掛けたり、ツマミをシンプルに削りだしたナラの木のものにしたり。椅子と合わせて良い雰囲気にまとまりました。

お年寄りの方のための椅子とテーブル
なるべく座面を広くしたいと言うSさんの希望があったので、肘掛部分は椅子から飛び出したイメージに。座面はわずかに後ろに寄りかかりやすいように後ろに傾斜させて、反対に立ち上がる時には少しでも楽になるように肘掛は手前に傾斜させて。座高は通常の椅子よりも7cmほど低くしています。

お年寄りの方のための椅子とテーブル
そして、その肘掛が後ろに回りこんで、背もたれをそっと支えるシンプルな構造で。

お年寄りの方のための椅子とテーブル
なかなか写真では伝わりにくいのが残念ですが、現在、Sさんのご好意でテーブルと椅子をショールームにしばらく置かせて頂いております。もし、ご覧になりたい方はぜひお声をおかけください。

テーブルと椅子のセット
価格:300,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は10,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし