オーダー製作例

アルダーの丸テーブルとベンチ

Log Table

横須賀 N様

design:daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:gaku suzuki
painting:gaku suzuki

アルダーの丸テーブルとベンチ
こちらが設置終了後の様子。オイルのツヤが良く出ているアルダーの材だけが際立って見えますが、壁の収納や床もこれから色を塗ったり、使い込んでいくことで、深みが出てきます。アルダーは反対に今よりも少し明るくなるので、もっと落ち着いた印象のリビングになっていくでしょうね。

こんにちは。ご無沙汰しております。以前、キッチンのお見積もり等をいただいたNです。
この度、メールさせて頂きましたのは、別件で、ダイニングテーブル・チェア をお願いしたいと思いまして・・・
キッチンについては、予算の関係で工務店が作成することになりました。。。
折角お時間いただき、メール頂いたのに申し訳ありません。
また、ご報告もせずに失礼しました。
現在、ダイニングテーブルを探していて、なかなか希望と一致するものがなかったのですが、イマイさんのウェブサイトを見たら、なんとなんと、これこれ!!というものがあったので、ぜひお願いしたいと思いメールしました。
こちらの丸テーブルです。
「手ざわりのいい家具」
そして、チェアはテーブルの丸みに合わせたベンチ椅子を2つとチェアを2脚と考えています。
7月中旬に上棟なので、竣工(9月末~10月)までにはまだ時間がありますが、依頼してから納期までは、どの位かかるのでしょうか?
ぜひ、お店に伺いお話を聞けたらと思っております。
よろしくご検討下さい。」

アルダーの丸テーブルとベンチ
なるべく無骨な印象にしてほしい、と言うNさんからの希望で。天板の面もあまり柔らかい印象にならないように、でも手をついても痛くならないようにと心掛けたのでした。

以前に作らせて頂いたテーブルは、水彩画家のかとうくみさんのご新居に作らせて頂いたテーブル。あの時はパインの集成材と無垢材を組み合わせて作ったのですが、今回はどのような素材で作らせて頂けるのだろう。
あの時から数年後にちょっとアトリエにお邪魔させて頂く機会があったのでした。あの時のパインの表情は、どこかに行ってしまって、真っ赤にペイントされたそのテーブルがくみさんらしいと、懐かしく思ったのです。そしてそれから、5年、こうしてまた写真を見た方からお話しを頂くなんて、うれしい巡り合わせです。

アルダーの丸テーブルとベンチ
工務店さんが作ったナラの造り付けの戸棚と、床のスギと、このアルダーダイニングセット。ナラも杉も無塗装ですが、木ってこんなにいろんな色があります。最初はこれだけ色が離れていても、数年経つと良い調和がとれるのです。そこが木の良いところ。

その以前にも、数回いろいろな方からこのテーブルについてご相談を頂いたことがあったのですが、どの方も皆さん海のそばにお住いの方々だったような・・。
Nさんももちろん、海のそばのおうちです。
人の思いのつながりと言うものは不思議なものです。

アルダーの丸テーブルとベンチ
あとは納品を待つだけの写真。この時ちょっと心配だったのは、搬入でした。Nさんからは「大丈夫ですよ。」と言われていまして、事前に一度もご新居を拝見することなく製作を進めさせて頂いたのでした。 2階のリビングだし、ちょっと心配・・。設置当日は、私も含めてみんなのスケジュールがうまく合わずに、ムラカミ君とカナイ君の二人で行くことになったし、もし、外から荷上げとなるとちょっと大変かもしれない。

さっそくNさんがこちらまで来てくださいました。
ご新居の平面図を見せて頂いて、どのくらいの大きさのテーブルだと良いか、ベンチも含めるとどのくらいの大きさになるか、丸テーブル以外の形だとどのような形があるのかひと通りご説明させて頂き、もちろん丸テーブルに決定。素材については良くまとまればどのような樹種でもお任せしますということで、コストのことも考えて、アルダーを使うことに。コストを抑えて無駄なく使うために、多少仕上げ面に節が入るかもしれませんということをお伝えして、(反対に節の表情を喜んでくださるくらいでした。)形も決まりました。
椅子も当初は考えていたのですが、ご予算を大きく超えてしまうそうでしたので、テーブルとベンチを作らせて頂くことに。

アルダーの丸テーブルとベンチ
テーブルとベンチの関係はこのように見えます。テーブルに沿うようにベンチをちょうど半円分配しています。

椅子って、お店ではとても手頃な価格で販売されているのですが、実際は大きなテーブルを作るよりも手間が掛かるのです。背もたれの角度を決める治具を作って座って頂いて確かめたり、その角度の型板を作ったり、脚を傾斜させるためにほぞを斜めに加工したり・・。そういう小さな加工の積み重ねを考えていくと、お店で販売されている椅子の価格にはなかなか追いつけないのです・・。そのようなわけで、今回はテーブルとベンチをまず先に。
Nさん、椅子が必要になったらいつでもおっしゃってくださいね。

そして、Nさんからお便りを頂きました。
「イマイさん ありがとうございます!想像以上の出来上がりでとてもうれししいです。
面取具合もお任せしましたが、こちらの思い通りで完璧です。さすがです~。
がっしりしてて、でも温かい感じ!
これに合う子供椅子などもお願いするかもしれません。その際はよろしくお願いします!」
ありがとうございました。こちらこそよろしくお願い致します。
アルダーは使い続けていくと少しずつ色が明るくなっていく木です。そのうちにツヤも出てくるでしょうから、また次回お目にかかる時を楽しみにしております。

アルダーの円形テーブル
価格:260,000(製作費,塗装費)
アールのベンチ
価格:90,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は12,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし