オーダー製作例

格子扉のあるタモのデスクとテレビボード

眺めのよい部屋

三島 T様

design:Tさん
planning:daisuke imai
producer:gaku suzuki
painting:gaku suzuki

家電収納のあるセンのセパレートタイプの食器棚
こちらは食器棚。最近あまり使わなかったセンを使っています。最初は、テレビボードと一緒のタモで作る予定でしたが、より白い印象にしたいということで、生地の色の明るいセンを選んだのです。通常は、茶箪笥などに昔からよく使われている材です。

格子扉のあるタモのデスクとテレビボード
テレビボードは、テレビの高さとデスクの高さを変えているのですが、奥行は一緒。圧迫感なく納まっています。

家具のご依頼を頂ける時期と場所と言うのは、重なることが多いです。きっと偶然なのでしょうけれど、なぜか重なるものなのです。
今回のすてきに重なった場所は、静岡県の三島市でした。キッチンを作らせて頂いたKさん、ゆるやかなカウンター下収納とゆるやかな本棚を作らせて頂いたMさん、そして、今回のTさん。
土地のちからっていうか、みんなで共有してる気持ちがあるって、私たちは信じているのです。
家具に限らず、何だか強い思いが生まれると、お近くにいてそう言えば・・、って思っていた方たちも、よし、始めよう!ッて気持ちが生まれるような気がしているのです。
だから、ほらっ、自分が楽しいことをしていると、みんなが楽しくなるでしょう。
三島市と聞くと、とても遠く感じてしまいますが、都内へ出るよりもアクセスしやすい環境なので、仕事をするにはとても良い距離でした。今回のお仕事を通じて、Tさんのご新居を設計、施工したハッピーデコハウスさんとも知り合いになることができたし。この場所でも、私たちの家具が少しずつ広まっていくとうれしいなと思うのでした。
Tさんのお宅は、小高い丘の中腹に建つのですが、道路からさらに4mほど上ったところが建築地。さらにリビングは2階。お邪魔させて頂くと、工事中にもかかわらず、良い眺望になるような予感がいっぱいでした。さっそくある程度決まったプランと現地の様子を照らし合わせながら、採寸です。まもなく、Tさんがお子さんとお母様と一緒にお茶の差し入れを持って登場。いろいろとお話しするうちに、お母様と何だか意気投合。きっと良い家に、そして良い家具になりますよ。
帰りに家音さんに立ち寄って、「今、今度家具を作らせて頂くお客様のお宅に立ち寄ってきたのですよ。」とお話をすると、どうやらTさんのお母様が偶然このお店に立ち寄られたそうで、「今度この近くに家を建てるのだけれど、家具はオーダーで作ってもらうことになったのです。」と言っていた年配のお客様がいらっしゃったわ、とKさん。
いろいろ縁があるのです。
眺めの良いリビングはすてきですが、何しろ搬入は心配です。階段はあまり広くなかったので、室内からの搬入ができるかどうかは、運んで見ないと分からない部分がありました。まあ、何とかなるかな、と思っていたら、Tさんへの道程は雨降りでした。いけないなあ・・。
と、辿り着くと雨は止むのです。
そこらへんは、きちんとしています。(笑)
バルコニーを使って荷上げかな・・、と思っていましたが、どうにか階段をぐるりと回っても大丈夫そうでした。
搬入が終わってひと安心したところで、取付を進めて、取付は順調に完了。家具は吊るものがあるからと言うことで、あからじめ壁に下地も入れていてくださったので、とてもスムーズに終わったのでした。
(普段は間柱を私たちのほうで探して家具を固定していますので、下地板が入っていなくても吊戸棚をつけることはできます。)
取付完了後に、目をキラキラさせて家具を見てくださっているTさんから差し入れを頂木ながら、家具の使い方のご説明をします。特に今回は、収納扉やゆっくり閉まる扉などいろんなパーツがありましたので、説明も長くなります。
全てが終わって、眺めのよい部屋からすっかり雨の上がった空を見つめて、すてきな場所になりましたね、と少しお話をして、そうして私たちは戻ってきたのでした。

家電収納のあるセンのセパレートタイプの食器棚
軽井沢のOさんの食器棚のイメージが好みだと言うことで、決まったこの吊戸棚の印象。扉は上に開いて、90度でストップ。閉める時は手で軽く押すと、あとは手を離してもゆっくり閉まるソフトダウンステーがついています。扉の左側にガラスをつけたのは、この部分だけ気に入った食器を入れたいから。 今回はガラスの止め方にポイントがあります。いつもは扉の裏面から細い木の棒でガラスを押さえるようにして止めるのですが、今回はその棒を正面に持ってきて、ガラスを縁取るようにしたのです。

家電収納のあるセンのセパレートタイプの食器棚
下は家電収納と引き出しとゴミ箱が入るスペース。家電収納部は、扉をつけたいと言うTさんの希望で、吊戸棚と同じように上に向かって開く扉。ただこちらは開くだけではなく、収納扉になっています。

家電収納のあるセンのセパレートタイプの食器棚
閉めるとこのような感じ。家電収納の下は大きな引き出し。今回は、収納扉がある下の部分は、インセット(扉が家具本体の内側に入って前面と揃う感じ)を心掛けて、吊戸棚は、アウトセット(扉が家具本体も手前につく感じ)にしました。良い印象にまとまりました。

家電収納のあるセンのセパレートタイプの食器棚
こちらが実際に使っている様子。とても丁寧に使ってくださっていることが良く分かります。

格子扉のあるタモのデスクとテレビボード
テレビボードの天板は無垢材。デスクの天板と脚も無垢材。格子扉も無垢材で、そのほかの部分は反りが出ないように突き板を使って作っています。素材はタモです。

格子扉のあるタモのデスクとテレビボード
格子扉を開けた子の小さなスペースは、ルーターやモデムなどの小さな機器類をしまうためのスペースです。

格子扉のあるタモのデスクとテレビボード
格子扉の印象。正面から。

格子扉のあるタモのデスクとテレビボード
格子扉の印象。裏面から。

センの食器棚
価格:450,000(製作費,塗装費)
タモのテレビボード
価格:390,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は25,000円から取付施工費は40,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし