オーダー製作例

ダイキャストミニカーのコレクションケース

ここがあなたのコレクション

久が原 O様

design:Oさん/daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:yasykazu kanai
painting:yasukazu kanai

チェリーとウォールナットとコーリアンを使った食器棚
キッチンからリビングを望む。

チェリーとウォールナットとコーリアンを使った食器棚
ホームページに載るのを楽しみにしている奥様。「えっ、写真に入るの恥ずかしいなあ。」と言いながらも嬉しそうに入ってくださいました。

永く住んだご実家を改装されるというOさん。ご相談頂いたのは、食器棚のようなデザインの多目的収納となるダイニングボードでした。
「ダイニングキッチンへ置くカウンターボードと吊戸棚の作成を考えています。
概要は添付漫画絵をご覧ください。
引出には文房具や薬などの雑貨を入れ、食器やカトラリーは入れません。
材はチェリーとし、引出取手のみウォールナット無垢材と考えますが、チェリーは無垢材と挽板でどのくらいの金額の差がでますか?
できれば吊戸棚面材と引出の面材は各々板目が揃っていると美しいのですが。
よろしくご検討願います。」

チェリーとウォールナットとコーリアンを使った食器棚
カップボードには何が入っているのかな。と、Oさんが最初から言われていたとおりにいろいろなものがきちんと収納されていました。 「食器棚は、ほら、以前から使っていたあの大きなものがあるし、このキッチンも大きな収納場所があるから、もっと細かいものをしまう場所がほしいなって思っていたのですよ。だから、こういうふうにごちゃごちゃしちゃっていますが、細かいものをしまっているのです。」 また、この引き出しは、すべてにソフトクローズタイプのスライドレールを使っています。ソフトクローズは動きが良いのが特徴ですが、引き出しを開けた時にレールが見えない、と言うのも一つの特徴です。

まず最初にOさんから頂いたエクセルで描かれた図面が漫画なんて言うものではなく、とてもしっかりしたものでしたのでそれを元に御見積金額をお伝え致しました。
その内容をご納得頂けまして、そのダイニングボード以外にもご相談を頂けることに。ありがとうございます。
そして、打ち合わせを重ねていき、2台の家具をリフォームに合わせて導入することになりました。

チェリーとウォールナットとコーリアンを使った食器棚
奥様もご主人もとても気に入ってくださったこの取っ手。引き出しの前板はチェリーですが、この取っ手はブラックウォールナットです。

さて、これから直接お会いして打ち合わせです。Oさんが私たちのショールームを見に来て下さるということで、とても楽しみにしておりました。メールでは、容量がとても良くまとめられた淡々とした文面でしたので、行ったどのような方なのだろうと。
トントンと階段を上がってくる音がして顔を出して下さったのは、柔和はお顔をしてアロハシャツを着たとても雰囲気のあるご主人と奥様。
そしていろいろとお話を進めると、いろいろなお話をしてくださる。
どこかとても距離の近い印象を受けて、とても楽しい打ち合わせの時間だったのです。

チェリーとウォールナットとコーリアンを使った食器棚
吊戸棚の下には、LEDのダウンライトを入れています。吊戸棚手前に黒く丸く見えるのが小さなスイッチ。

それから、いよいよリフォームが始まるという時に、最終確認のために、今度はOさんのお宅まで。
「今はこういう間取りだけどね、うん、そうだいぶ変わるのですよ。」と、いろいろとご説明してくださるご主人。奥様もお話が大好きで、キッチンの話や動線のお話をいろいろしてくださいます。
そして、お話がまとまりかけた頃に目に留まったのが、ダイキャストの車たち。Oさんが海外でお仕事されている時に一つずつ集めたのだそうです。
「まだ箱に入ったまま車たちもたくさんあってね。」と、お話は、その車たちのことに。
「そうだな、できればこの車をずらっと並べられるショーケースも考えたいな・・。」とポツリとご主人。
うん、おもしろそうです。

チェリーとウォールナットとコーリアンを使った食器棚
取っ手は、真鍮が良いっていうことで、少し大きめのハンドルを使いました。また、Oさんの提案で、吊戸棚の引き戸の上下端だけブラックウォールナットを使っています。

そのあと、ご主人からいろいろなアイデアを頂き、さらに何度かやり取りを重ねて、解体中の現場も確認させて頂いて、いよいよ製作開始。
今回は使ったことのない部材を使う必要があったりと製作に手間が掛かる部分もありましたが、順調に製作完了。Oさんのお引越しの時期に合わせて、取付も無事に終わり、完成です。

ダイキャストミニカーのコレクションケース
そして、こちらがダイキャストのミニカーたちが並べられたコレクションケース。アクリルをはめ込んだウォールナットの扉は、ミニカーを取り出す時には、簡単に取り外せる蝶番を使っています。そして、中の棚板は、見付をうすく見せるための手前を傾斜させてとても薄い棚板の印象を作りだしています。

あとは、奥様に頼まれた「ホームページに写真が載るのを楽しみにしています。」というご希望にお応えしなければ、と思っていたら、製作完了から半年近くが経ってしまいました。
Oさん、大変お待たせしました。

ダイキャストミニカーのコレクションケース
その蝶番の印象。
チェリーとウォールナットとコーリアンのカウンターボード・吊り戸棚
価格:700,000(製作費,塗装費)
ウォールナットで作るミニカーのコレクションボード
価格:293,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は20,000円から取付施工費は40,000円から

ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし