オーダー製作例

センの多機能テレビボード

センの魅力

鎌倉 K様

design:Kさん
planning:daisuke imai
producer:tsuyoshi kawaguchi
painting:tsuyoshi kawaguchi

センの多機能テレビボード
この場所がスゥッと引き締まりました。

以前うちに家具を頼んでくださったお知り合いの方がうちを紹介してくださったのだそうです。(どなたかを聞き忘れてしまったのですが・・。)

Kさんは、「42inchのテレビを載せる家具を作りたいのです。」というメールにそういう経緯も書いてくださっていました。それなのに結局、どなたからのご紹介か聞くのを忘れてしまった・・。お礼を伝えなくてはいけませんね。
ひとまずこちらに来てくださるということで、日時を決めてきてくださいました。
さあ、打ち合わせましょう、とお話を始めましたが、Kさんもまだ自分の中でイメージが浮かばないところがあって、お互い探り探りしながら、どんな形を目指すかを話し合っていきます。結果背が低くて、白っぽくて、装飾を省いたシンプルな原案ができあがりました。
そこまでで、Kさんも私も結構疲れてしまっています。一つの形に向かって、考えを持ち出しては反芻し、それをいろんな角度から見つめて決定すると言うのは、なかなか疲れるのです。そうして考えた原案だからそのスケッチを見るだけで何だか感慨深いものがあるのです。
後日、それをさっそく図面に起こして、Kさんに見て頂きます。Kさんもご自宅に戻ってから奥さんといろいろと考えていたようで、そこに届いた図面を見て、Kさんたちはさらに具体的な形を検討していきます。
センの多機能テレビボード
当初考えていた素材は、ホワイトアッシュ。でも、最近のホワイトアッシュは、白い部分だけをとるのがなかなか難しくてどうしても赤い部分も混じってしまい、白い部分だけで木を取っていくと無駄が多くなってしまうのです。そんなこともあり、またもう少し濃い色も魅力的かなあといろいろと迷うところがありましたので、まずは部屋を見ていくつかサンプルを持ってそれで決めましょうと言うことになりました。
持っていったサンプルは、チェリー、チーク、ナラ、タモ、ウォールナット、ナラを白く塗って仕上げたもの、ブナ、セン。
それらを床壁に立てかけてどの素材がこの空間に似合うか検討します。
結果、候補に残ったのは、床の肌色の印象よりも濃く、存在感の家具にということでチェリー、そして、木目がはっきりとして引き締まった印象に仕上がる少し白っぽいセン。
「じゃあ、このサンプルだと小さいから、もう少し大きい板で作って送りますね。」ということで新たにサンプルを作り、それを見てメールを頂きました。
「オイル塗装すると違いますね。
無塗装ではセンの色は薄すぎると思っていましたが、ちょうど良い濃さだと感じました。
逆に、チェリーは濃くなりすぎました。
やっぱりセンでお願いします。」
ということでセンに決定。
こうして、また素材の魅力をいかした家具ができあがりました。

センの多機能テレビボード
全体の印象。
センの多機能テレビボード
写真撮影をすると言うことでチューリップを置いてもらったりして・・。 こんな素敵にチュリップが映えるとは思っていませんでした。
センの多機能テレビボード
扉は全て上から下に向かって開きます。なので、扉には全てステーをつけるのですが、扉がバタンと勢いよく、開いてしまわないようにソフトダウンステーをつけています。これでゆっくりと開くし、閉める時も軽い力で閉まります。 奥は配線穴。
センの多機能テレビボード
プリンタをしまうスライドテーブル。
センの多機能テレビボード
書類やソフトなどを入れたりする引き出し。右端が開いているのはソフトダウンステーをつけたため。ステーのメンテナンスは、この引き出しを外すことで簡単に行えるようになっています。

センの多機能テレビボード
扉や家具本体は、重量などを考えて突き板を使い、天板には無垢材を使っています。 引き出しは、奥まで引き出せるスライドレールをつけていますので、開け閉めが軽く行なえます。
センのテレビボード
価格:282,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は10,000円から

ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし