オーダー製作例

オークのアンティーク調のカウンター下収納

かちりとあてはまる

上井草 N様

design:Nさん/daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:all staff
painting:tsuyoshi kawaguchi

オークのアンティーク調のカウンター下収納
カウンターの過度になる部分は、このような飾り棚。この部分を印象強く見せるには扉とシェルフのラインを揃えること。

マンションのリビングのカウンターの下が空いていて、そこに収納を組み込む。良く見るタイプのプランですが、ちょっと視点を変えることでまた一つ良い雰囲気の家具が、スペースができました。
最初は対面カウンターの下に家具を入れるだけでしたので良く見かけるカウンター下の収納で良いのかなと思い、原案を作ってNさんに送ったら、「カウンターの上がいつも乱雑になってしまうから良い方法はないですか。」と言われて、それじゃあ下の収納に合わせて上のも戸棚を作りつけてはどうだろうと思って、対面ハッチの上に吊戸棚をつけるように提案しました。
と、ここまでは良く見るシンプルな収納の提案です。
ここまで話し合った段階でNさんはこちらに来てくださいました。
家族3人できて下さったNさんご家族のお話をよく聞くと、上に収納があるのは魅力的だけど、部屋が暗くせまくなってしまうのが心配とのことでした。それにこの部分の天井は2400mmの高さはなく、下がり天井になっていて吊戸棚をつけると目線のあたりまで下がってきてしまうことになるのでした。
うーん、それならっ、と思って思い出したのが、no.b-52 「その生活を見守る棚」の鎌倉 Aさんの収納でした。Nさんもカウンターより上には、収納じゃなくても何か飾り棚でもつけたいと考えていたので、Aさんのような飾り棚なら良い印象になるかもと思って考えたのが表紙のスケッチです。

オークのアンティーク調のカウンター下収納
吊り本棚とカウンター下収納のバランス。

Nさんが一番無駄になってしまうスペースになりそう、と言っていたカウンターの上の奥のところに飾り棚をつけて、その飾り棚の天板の延長のようにハッチの上に棚板を壁の横幅いっぱいにつけて、その上から植木が垂れてきたら素敵だなと思ったのです。Nさんにも「これなら良いね。」と言ってもらえたので、ではこのプランで進めましょうということになりました。

オークのアンティーク調のカウンター下収納そののち、収納設置場所の採寸をする為にNさんのお宅にお邪魔しました。
リビングに案内されると、アンティークな感じの家具がたくさん並んでいます。そうそう、ショールームで打ち合わせをしていた時に仕上がりは濃い色にしてほしいのですって言われたのはこういうことだったのですね。
設置場所を確認すると、カウンターのハッチは思ったよりも高さが低くて、ハッチの上に棚をつけるのはちょっと良くないかも・・と言うことになりました。良く話し合って、奥さんやお嬢さんなら当たらないかもしれないけど、ご主人だと棚板に頭が当たってしまうかも知れず、そのくらい低い位置に濃い色の棚がくるとやはり圧迫感が出るだろうということでハッチの上の棚は無しになり、ハッチの隣の飾り棚だけをつけることになりました。

オークのアンティーク調のカウンター下収納

ところでNさんご家族はご主人と奥さんは私の両親と同じくらいの世代の方で、お嬢さんも私と同じ歳だったので何だか打ち合わせと言うよりは友人や親戚のうちに遊びに言ったかのような感じがしたので何だかほんわかと打合せは進んでいったのです・・・。
これで形は決定した、って思って一段落したところで、そのアンティークな感じの家具を良く見せてもらったら、「Cake Studio」の横浜 Tさんのお宅にもあったものとよく似ています。これはどこで手に入れたのですかと聞くと高島屋から出ているシリーズの家具なのだということを教えてくださいました。なるほど。カタログを見せてもらうとTさんのところにあった家具も掲載されていました。

オークのアンティーク調のカウンター下収納

そこで私は、ちょっと前にやはりこの家具を持っている方から注文を頂いてこんな家具を作ったのですよ・・って思い出話をしたのです。そのTさんの家具にとても興味を持ってくださって、「せっかくオーダーして家具を作ってもらえるのですから、そのTさんの家具のようにこのカップボードと雰囲気を合わせた形にして頂けますか。」と言うご注文を受けてできあがったのがこの家具なのです。
今まさに、このカウンター下と言うスペースに実現したイメージがカチリとあてはまったのです。

お嬢さんよりこんなお礼のお返事を頂きました。

「この度は、誠にありがとうござました。
取り付けの際、同席できず残念でした。見学したかったもので。
大人しかいない家族なのにもかかわらず、マンションの床やドアが妙に明るいところが、どうもしっくりこなかったのですが、今回今井さんに作っていただいたおかげで、家全体がグッと落ち着いた雰囲気になりました。周りの家具との相性もバッチリで、家族全員喜んでおります。
本当にありがとうございました。」

オークのアンティーク調のカウンター下収納
框の飾りの印象とツマミの様子。導突きの部分もNさんの家具に合わせて、少し面を取っています。

オークのアンティーク調のカウンター下収納
違い導突き。

オークのアンティーク調のカウンター下収納
吊り本棚の側板の飾りもNさんの家具に合わせて。

オークのアンティークテイストのカウンター下収納とブックシェルフ
価格:370,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は20,000円から取付施工費は30,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし