オーダー製作例

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納

こころがスイスイおよぐ

茅ヶ崎 T様

design: アトリエマナさん/daisuke imai
planning: アトリエマナさん/daisuke imai
producer: gaku suzuki
painting: haraki tosou

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
リビングから、キッチンを眺めます。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
玄関からキッチンを眺めて、その奥におぉ、プールがあるっ。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
バルコニーからキッチンを眺めます。

「現在茅ヶ崎に一戸建てを設計中です。建築士に設計をお願いをしており、もともとはキッチンをオーダーで製作予定(モルタル+木材を使用したもの)だったのですが高額になってしまうため断念して既成のもの(TOYOキッチンBAY)になってしまう予定です。
以前から貴社のキッチンをHP上で拝見させていただき、オーダーキッチンにあこがれておりました。
ただ、値段的に勝手に「まず無理かな」と思っていましたところ、「その日まで」辻堂のSさんのようにここまでできるのであれば、もしかしたら考え方によっては可能かもしれないと思い連絡させていただきました。設計はすでに出来上がっているのですが、ご迷惑でなければ見積もりをお願いしたくメールさせていただきました。
よろしくお願いします。
以前には安楽椅子作成希望でご連絡したことがありご丁寧にお手紙をいただきありがとうございました。
今回はまたあらためてキッチンとういことですがよろしくお願いします。無垢材希望ですが、質の良い突き板もいいなと思っています。
以前アキコさんとは職場でご一緒させていただきました。これも何かの縁ですかね。」
とアキコが大変お世話になった方からのご相談です。本当にうれしいご縁です。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
水栓は、ハンスグローエの「タリスセミアルク」。浄水器はTOTOのタッチ式水栓の「TEK300」を採用。

アキコは、私の仕事を手伝うまでは看護師として働いておりまして、とても良いその動きを見込まれて、先生たちには良くしてもらっていたのだそうです。その中でもTさんはとても穏やかで魅力のある方で、Tさんが独立開業するにあたっては、自分も就いていきたいと思っていたほどでした。そのような魅力的な人ってどんな方だろう、とても楽しみでありました。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
Tさんのご希望で、パナのニックのIHヒーターの右側は玄関へと続くので、目隠しになるようにと側板のパネルを少し高くしています。反対にシンク側の側板パネルは、ダイニングに座った時にそのまま庭が見えて視線を遮らないようにと、パネルは立ち上げないでカウンターと同じ高さにしています。
まずはさっそくいらして頂いて具体的なお話を伺います。まずはお持ち頂いた平面図を見せて頂き、そこからその住む人の動線や使い方を探りながら一つの案へと考えていくのですが、Tさんの新居のプランは独創的すぎて、なかなか私もイメージできません。まるで美術館のような大空間のリビングにポツンとキッチンと背面の食器棚が置かれるようです。
うーん、不思議な間取りだ・・・。おぉ、プールがあるっ。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
IHヒーターの下は、ステンレスを張った固定棚になっていて、ここによく使うお鍋類を置いて置けるようにしています。

リビングがとても広いので動線が読みにくくって、奥様にどういうふうに使いたいのかをお聞きしながら、使いやすい形を考えていくことに。
じゃあ、ここは引き出しにして、調理道具をしまって、背面の食器棚に食器をしまって、リビング側には細かいものがしまえるようにして、こう歩いてこういう動線で、考えると、おぉ、プールがあるっ。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
その下もやはり大型の調理道具を入れて置ける引き出し。

茅ヶ崎のどこに行くとこの開放的な敷地が現われるのだろう・・。Tさんと打ち合わせを進めながらずっとそればかりが気になって。
そんなふうにしながら、数度打ち合わせを重ねて、プランが決まりました。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
一番右は、調味料を入れる小さな引き出し。

そして、現調に。いったいどこに建つのかなって不思議に思って訪ねてみると、そういう場所って本当にあるのですね。茅ヶ崎鋸の山側はもともと私が高校時代に過ごした街なので、ある程度の場所は知っていたつもりでしたが、この丘陵地帯がこんなに開けているなんて知りませんでした。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
その下はお馴染のボトルを入れる引き出し。

住宅が寄り添って建つ一角がそのまま斜面へと続いている、そんな場所があります。そこに不思議な三角形の建物。それがTさんのご新居でした。
周りから切り放したように見える擁壁のような壁をくぐって中に入ると、おぉっプールがあるっ。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
食器洗浄機はパナソニックの浅型タイプ。表面材をキッチンに合わせて、さらに下の引き出しも、パナソニックのものではなく、このキッチンに合わせた形で製作しているので、とてもすっきりと見えます。

そのプールが一角にある広い芝生を渡って、まだボードが張られていない室内に。床も土間を打つということで、まだ外の延長のような感じで、ご新居はまだ建て始まったばかり、と言う印象です。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
こちらが背面の食器棚。

「いやあ、この天井がね。とても大変でさー。」と大工さん。
よく見ると、1本の背の高い柱から放射状に骨組みがされていて、そのまま擁壁につながるとても不思議な形。
「なかなかこの仕事を引き受けてくれる大工がいなくて、それでうちに番が回ってきたのだけれど、やっぱり時間が掛かるね。」
まるでTさんの穏やかな表情のように、現場も穏やかにのんびりと進みます。最初にご相談を頂き、その半年後に工事が着工して、約1年後上棟し、その2か月後に今回の打ち合わせ。
キッチンはアイランドタイプなので、配管の位置だけ確認できれば大丈夫で、背面の食器棚は寸法が測れるまでは今しばらく時間が掛かりそうです。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
4枚扉の吊戸棚の下にオープンラックと言うシンプルな構成。そして、一番左はワイングラスハンガー。今回、このワイングラスハンガーでちょっと問題があって、いろいろな種類が販売されていたので比較的価格の安くて、3連になったようなもので取り付けやすいものを購入したら、表面の溶接があまり良くなくて、溶接の熱でプレートに少し歪みが出てしまっているものもあったのです。結局、高いけれど厚みがあるタイプに買換え。こういう小物でも価格の差はこういうところに現れるのだなあと反省。良い勉強になりました。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
カウンタートップのみステンレスを張って、あとは節アリナラ材で仕上げました。扉を開けた中は、食器棚ということで掃除がしやすいように白い化粧板を使っています。

そして、打ち合わせから2回目の夏を経て、ようやくキッチンと食器棚、そして、途中で追加のご依頼を頂いて製作した玄関収納の3台の家具の設置が終わりました。
ぐるりとお部屋を見回してみると、玄関からキッチンリビングお庭へと、回遊性のある気持ちもスイスイと泳ぎたくなるような開放的な空間ができあがりました。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
オープン棚の印象。

今回使った素材は、節アリのナラ材と言うとてもラフな印象の材になります。今までだったら使うことのない材でしたが、最近はこのような表情があるほうが木の生き生きした感じがあって良い、ということで少しずつ使われるようになってきた材でもあります。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
吊戸棚の扉を開けるとこのような感じ。

ただ、節、割れが混在した材なので使える部分が少なかったり、物によっては、使い始めて急に動きが出てくる材でもあって使うことが少しこわい材でもありますが、そのあたりをTさんにご理解頂き、製作に臨みました。
さらに今回は床がモルタル仕上げということもあって、季節によっては湿気の影響が出やすい場所でもあるので、なるべく湿気の影響を受け内容にウレタン塗装で木の表面をコートすることにしました。
ツヤを消した仕上げにしているので、ウレタン塗装でも人工的な印象はなく、とても落ち着いた印象に仕上げることができたと思っています。
おそらくウレタン塗装で仕上げていても使っていて木が動きが出てくると思いますが、そのあたりは、Tさんとお付き合いしながら、プールに入らせてもらいながら(笑)、様子を見続けていきたいと思っております。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
こちらは引き出しの様子。普通の引き出しと少し違って見えるのは、スライドレールがついていないように見えるから。今回は、ドイツのブルム社の引き出しの底につけるソフトクローズタイプのスライドレールを使っています。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
アイランドキッチンのリビング側はこのような感じ。カウンタは節アリ材を使うと、凹凸がひどくて使いにくくなるといけないので、板目材のきれいな部分を使っています。扉は手を掛けて帰る形にしています。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
扉を開けるとこのような感じ。今回、扉の反りを抑えるために表面の無垢材は4~5mm程度の厚みにして、中に合板を入れてプレスして作っています。こうすることで反りを抑えることができるのですが、元気な材の場合はそれでも大きく動いてくる可能性があって、そういう時はまた補強を施さないとだめかもしれませんが、そういうお付き合いができるところがオーダー家具の良いところですね。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
こちらは玄関収納。間仕切り的な使い方をしていて、上下に靴をしまうスペースがあって、中段は、リビング側から使う飾り棚になっています。

節アリオークのアイランドキッチンとバックカウンターと玄関収納
こちらがリビング側から見た様子。ここは上段の背板部分になります。

キッチン仕上
天板 ステンレスヘアライン/ナラ板目無垢材
扉・前板 ナラ節アリ無垢材
本体外側 ナラ板目突板練り付け/ナラ節アリ無垢材
本体内側 ポリエステル化粧板「ホワイト」
塗装 ウレタンクリア塗装ツヤ消し仕上げ
食器棚仕上
天板 ナラ板目無垢材
扉・前板 ナラ節アリ無垢材
本体外側 ナラ板目突板練り付け
本体内側 ポリエステル化粧板「ホワイト」
塗装 ウレタンクリア塗装ツヤ消し仕上げ
玄関収納仕上
扉・前板 ナラ節アリ無垢材
本体外側 ナラ板目突板練り付け/ナラ節アリ無垢材
本体内側 ポリエステル化粧板「ホワイト」
塗装 ウレタンクリア塗装ツヤ消し仕上げ
ナラ節アリ材のアイランドキッチン
価格:1,075,000(製作費・塗装費、設備機器費用は別)
ナラ節アリ材の食器棚
価格:502,000(製作費,塗装費)
ナラ節アリ材の玄関収納
価格:366,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は40,000円から取付施工費は100,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし