オーダー製作例

ナラ柾目を使ってステンドグラスを入れたカウンター下収納

弾んで

藤沢 H様

design:Hさん/daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:yasukazu kanai
painting:yasukazu kanai

ナラ柾目を使ってステンドグラスを入れたカウンター下収納
当初、引き出しは天板のすぐ下に横並びにしようという考えでしたが、いろいろとお話ししていくうちに、いろいろなところからもアクセスしやすいようにということで、廊下側に縦に1列で引き出しを設けることにしました。

「神奈川県藤沢市在住のHと申します。
お世話になります。
新居に引っ越していろいろと家具を見繕っている中でキッチンのカウンター下の収納をいろいろと探していましたところ、妻がそちらのホームページに素敵な作例を見つけ、「是非お願いしたい。」とのことでしたのでご連絡致しました。
その作例は以下のホームページにアップされているものです。
「ずっと前から」荒川のW様
デザイン的にこれと同じようなもので、サイズを当方のカウンター下のサイズに合わせたいと考えています。
基本的な用途は、食器、お酒等の収納を考えています。
またできれば両端に小型(高さ36cm程度)のスピーカーを置ければと思います。
ただ、将来的にオーディオ専用というわけではなく、スピーカー以外に鉢植えを置いたりできるようなデザインがいいかなと考えています。
作例では全面ガラス張りですが、アンプ等を入れられるようなオープン、あるいは格子窓を一部加えられればと思います。
スペースの関係で、開閉は基本的に引き戸タイプにしたいと思います。
デザインのバランス的にあったほうがよければ、引き出しが少しあっても良いかと思います。
カウンターの幅は205cmで、奥行きは右端の壁にあわせて36cm位がいいかなと想像しています。
また右端の壁面付近にCと書いている通り、コンセントがあります。
全体として1台で構成すると大きいような気もしますので、左右で2分割あるいはセンターと左右で3分割等でも良いのかもしれません。
いろいろとご経験豊富かと思いますので、上記のような条件で大体の構成等を、概算費用と合わせてご提案いただけないでしょうか?」
と、Hさんからご相談を頂きました。

ナラ柾目を使ってステンドグラスを入れたカウンター下収納
引き出しはシンプルに。取っ手もつけないで手掛けにすることで、すっきり見せてよりガラスが引き立つように。

だいたい最初は、無難にシンメトリーな形を考えていくことが多い私です。今回も、Wさんのカウンター下収納を元に、一つ原案を作成してお送りしました。
気に入って頂けたのですが、どこかちょっと違うようで、その後も何度かメールでご要望をお聞きしたり、私たちのところまで来て頂いたりしては、プランを修正していったのですが、なかなかHさんのイメージに辿り着けません。形は広い面積をガラスが占めていた形から、アシンメトリーなガラスの入れ方へと変化してきて、形が複雑と言うか私の元を離れていきます。

ナラ柾目を使ってステンドグラスを入れたカウンター下収納
今回使ったガラスは、ステンドグラス用の色板ガラスです。3か所のガラス用の開口を設けて、それがリズムを刻むようにガラスの開口にも大小のバランスを取っています。さらには、入れているガラスも2種類のガラスを使うことで、見えるゆらぎ方が違うのが特長です。

アンティークな印象の家具を考える時もそうなのですが、装飾をどう施すか、色をどう塗るかなど、その人のイメージを実現することが難しくなることってあるのです。カクカクした飾りが好きな人もいれば、ツルンと丸く装飾することが好きな人もいる。塗りつぶした色の感じが好きな人や、木目がガサガサ残っていることが好きな人もいる。
同様に、Hさんのようにその家具の中でガラスをどう見せるかは、メールで分からないし、お話を聞いていたも戸惑ってしまうこともあります。

ナラ柾目を使ってステンドグラスを入れたカウンター下収納
こちらは引き戸の手掛け。最近よく取り入れている引手のデザイン。こちらのシンプルでとても良い印象。

そこで、ガラスのサンプルやスケッチを駆使して、なるべくHさんが考えているイメージと私が作ろうとしているイメージをすり合わせていきます。
そして、打ち合わせだけではなく、私たちが参加しているフェスタにも来て下さったりと、何度かお会いする中でようやくHさんの形が見えたのでした。
「ガラスが弾むような感じで。」バイオリニストとして活動されている奥様のすてきな意見。
それが形になりました。

ナラ柾目を使ってステンドグラスを入れたカウンター下収納
今回この家具は、この場所以外でも後々動かして使えるように、ということで、あえて対面カウンターの奥行に合わせないでカウンター下収納として使いやすい奥行にしています。また、下面にフェルトを貼ってあるので、奥様一人でも簡単に滑らせて移動させることができます。
ステンドグラス越しの食器
Hさんから頂いた写真。

「先ほどは搬入いただきありがとうございました。イメージ以上の出来で感激しております。
今いろいろと食器等をしまっているところです。部屋にうまく収まっていてとても馴染んだ感じで、見れば見るほど「いいね。」と言っております。
本当にありがとうございました。
食器を少し入れ始めておりまして、添付写真のように、ステンドのガラスがいい味をだしています。
今後とも宜しくお願いいたします。」

ステンドグラスのある引戸のカウンター下収納
価格:395,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は10,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし