オーダー製作例

アルダーとステンレスのアイランドキッチン

やさしいひだまり

武蔵野 T様

design: Tさん
planning: daisuke imai
producer: gaku suzuki
painting: Tさん

アルダーとステンレスのペニンシュラキッチン
キッチン全体の様子。

Tさんから、キッチンについてのご相談を頂いたのでした。
「はじめまして。Tと申します。
オーダーキッチンを制作していただける家具屋さんを探し、フリーハンドイマイさんのホームページにたどり着きました。
今に至るまでには、もっと現場に近い東京都内などでキッチン製作してもらえる家具屋さんはないだろうかとだいぶ探しました。
ですが、イマイさんの製作されるキッチン以上のものを探し出すことができず、一度依頼をしてみようと決心した次第です。今年中に東京都武蔵野市に新居を新築することになり、間取りがほぼ決定、これから細かい仕様打ち合わせに入るところです。
お願いしている工務店では、システムキッチンが当たり前、あまりこれまでオーダーキッチンや造作で製作されたことはないような印象でした。(私たちの予算のことも気にしていただいているのだと思いますが、造作でつくりたい、と先日言ったらとても驚かれていました。家の設計は建築家の方にお願いしていますが、建築家の方には私の思いは伝わっているようでしたが。)
キッチンの施行例を拝見すると、あまり東京地区での注文は少ないのかな、という印象で少し不安に思っているのですが、お願いできますでしょうか。
もちろん予算との兼ね合いがありますので、最終的に御社にオーダーできるかどうか現時点では分かりませんが、まずはお見積もりいただければと思います。
お忙しいとは思いますがどうぞよろしくお願いいたします。
ダイニング側は、施工例 「海の近く、ソラの近く」のような木目が横長に出る突き板で考えております。
キッチン側は、右側(壁付け)から調味料入れ(縦長収納)・ガスコンロ・4段引き出し・食洗機・シンクの順。(食洗機とシンクは逆でもよいかも)詳細については添付のファイルを合わせてご覧ください。
素材は詳しくないのでご相談したいのですが、フローリングはカバザクラの予定です。あまり洋風になりすぎず、落ち着いた雰囲気になるとよいのですが、オークあたりでしょうか。ご相談したいです。」

アルダーとステンレスのペニンシュラキッチン
アルダーのバックパネルの印象。

頂いたファイルには、ダイニング面のほうも収納になっている「光が入る、風が抜ける」のNさんのようなイメージが描かれていました。
「プランの内容は、こちらの提示以上のプランを盛りこんでいただいて、木材もとてもきめ細かい仕様で作成していただいて感激しております。
お見積りは、もっと高いかなと想像していましたのでちょっとほっとしております。
ただ、レンジフードや食洗機などの購入費用やその他工務店での費用を加算するとやはりちょっと減額すべきところを考えなければならないかなと思っていますので、検討してご連絡させていただきたいと思います。
(現在新築工事の打ち合わせの中では、工務店の造作キッチンも視野に入れている状態ですので正式なご依頼はそちらの金額も一度出てからになるかと思います。)
もしできれば、ご案内いただいたものなど、実際のキッチンを見てみたいと思っていますので、近日中にショールームに伺えればなあと思っておりますので、その際には事前にご連絡したいと思います。(伺えるのは土日になるかと思うのですが可能でしょうか?)
それまでにプランの変更点等もまとめておき、ある程度直接ご相談出来れば良いなあと思っています。」
と、言ううれしいお返事を頂きました。うんうん。
それにしましても、LUCCAさんはすごいね。いろいろなところでいろいろな人が、LUCCAさんのキッチンを憧れているのですから。これからも魅力あるキッチンを作りだせるように頑張らなくては。

アルダーとステンレスのペニンシュラキッチン
気持ちよく使ってくださっている様子が良く分かる写真です。

頂いたファイルには、ダイニング面のほうも収納になっている「光が入る、風が抜ける」のNさんのようなイメージが描かれていました。
「プランの内容は、こちらの提示以上のプランを盛りこんでいただいて、木材もとてもきめ細かい仕様で作成していただいて感激しております。
お見積りは、もっと高いかなと想像していましたのでちょっとほっとしております。
ただ、レンジフードや食洗機などの購入費用やその他工務店での費用を加算するとやはりちょっと減額すべきところを考えなければならないかなと思っていますので、検討してご連絡させていただきたいと思います。
(現在新築工事の打ち合わせの中では、工務店の造作キッチンも視野に入れている状態ですので正式なご依頼はそちらの金額も一度出てからになるかと思います。)
もしできれば、ご案内いただいたものなど、実際のキッチンを見てみたいと思っていますので、近日中にショールームに伺えればなあと思っておりますので、その際には事前にご連絡したいと思います。(伺えるのは土日になるかと思うのですが可能でしょうか?)
それまでにプランの変更点等もまとめておき、ある程度直接ご相談出来れば良いなあと思っています。」
と、言ううれしいお返事を頂きました。うんうん。
それにしましても、LUCCAさんはすごいね。いろいろなところでいろいろな人が、LUCCAさんのキッチンを憧れているのですから。これからも魅力あるキッチンを作りだせるように頑張らなくては。

アルダーとステンレスのペニンシュラキッチン
水切りカゴは市販の伸長するタイプのものを活用されています。

と、しばらくして、またTさんからご連絡が。やはりトータルの予算をまとめるとキッチンに掛かる費用が大きく占めてしまうと言うことで、プランの修正です。
そして、Tさんがこちらまでいらしてくださいました。
その打ち合わせで、ダイニング側の収納は、コストを考えてやめることにして、LUCCAさんのキッチンのように、たくさん収納を作りこむよりも、ダイニング側の木の表情がきれいに見えるような仕上がりにすることにしたのです。そして、素材もナラ材よりもコスト的に扱いやすいアルダー材を使うことにしたのです。そして、最近良く行うようになったオイル塗装をご自身でされると言う方法を採ることに。コストダウンにもつながりますし、オイル塗装にはつきもののメンテナンスが、本当は気軽にできる、と言うことを知るための良い機会でありますので。

アルダーとステンレスのペニンシュラキッチン
今回、このタオル掛けには、通常バスルームで使う大きめのタオルハンガーを使用。

そして、こうしていろいろと悩んで、なやんでたった一つのキッチンが出来上がりました。
製作・取付と順調に進んで、あとは大きなイベント、その名も「オイル塗装は楽しいよ。自分たちでやってみよう。」を残すだけとなりました。
いつも皆さんと行う時は、現場の工事がお休みの日曜日などを利用して行うのですが、なかなか都合が合わず、では、この日に行いましょう、と決めた日はなぜか運悪く土間を打つ日と重なってしまって、室内への出入りができなかったりで、最終的に完成見学会の終了後におこなうことになったのでした。それも、クリスマスイブなのでした。Tさん、なかなか都合が合わずにすみませんでした。

アルダーとステンレスのペニンシュラキッチン
食器洗浄機とそこからコンロに続く印象。

でも、ようやくこれで完成です。良かった、良かった。
Tさん、自分たちで手を加えたキッチン、使い心地はいかがでしょうか。
これからも愛しく、楽しンでキッチンを使っていってくださいね。

アルダーとステンレスのペニンシュラキッチン
木製包丁差しはTさんが探してくださった良品。

アルダーとステンレスのペニンシュラキッチン
コンロ周りの印象。
アルダーとステンレスのペニンシュラキッチン
コンロの下は扉になっていて、棚板になっていて、ここには、フライパンや中華鍋などのかさばる調理器具が入っています。

アルダーとステンレスのペニンシュラキッチン
コンロの右となりは、白いワイヤータイプのボトルストッカーを導入しました。

キッチン仕上
天板 ステンレスヘアライン
扉・前板 シルバーハート板目突板練り付け
本体外側 シルバーハート板目突板練り付け/アルダー無垢材
本体内側 ポリエステル化粧板「ホワイト」
塗装 ワトコオイル塗装「ナチュラル」(Tさんが施工)
キッチン
価格:690,000(製作費、塗装はお客様施工、設備機器は別途)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は30,000円から取付施工費は70,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし