オーダー製作例

ナラホワイトの大型食器収納

いつものスタイルで

鎌倉 O様

design:Oさん/seiji imai
planning:daisuke imai
producer:shouko tsuchie/hidenori terai
painting:shouko tsuchie/hidenori terai

ナラホワイトの大型食器収納
ダイニング収納の全体の印象。

「はじめまして。鎌倉在住のOと申します。
御社のホームページ大変興味深く拝見させて頂いております。
今回我が家を部分的にリフォームすることにしました。狭くて使いにくいダイニングキッチンを、ぜひ今井さんの手作り家具で使いやすく変身できたらと思い、昼間お電話させていただきました。」というFAXを頂きました。
私はその頃何だか忙しくて、父が何度がOさんのお宅にお話を伺いに言ったのです。
形がだいたい決まってきて、現地の正確な寸法が必要になってきた時期に、私は父と同行してOさんのお宅に伺いました。鎌倉の八幡さまのそばの小道と言うか路地をプイっと2つばかり曲がったところがOさんのお宅でした。路地は入っていくほど狭く、車は通れなくなります。だからちょっと歩けば渋滞している道路なのにここはさらさらと葉っぱが触れ合う音がよく聞こえるくらい静かなところでした。そんな気持ちの良い場所なのですが、私はどのように搬入したものか思案ばかりしていました。トラックはこの道のどこまでは入れるのか曖昧で(他のお宅の庭の木が道にかなり出っ張っていたからです。)、スタッフ総出で台車を押しながら搬入しようかなと思っていました。
結局いい案が浮かばないまま、Oさんの台所の採寸と最終的な打ち合わせを行い、その日は帰ったのです。
そして、そんな車のことを気にしていたから、気がつかなかったのですが、この変則的なキッチン収納の形は突然Oさんが考えた形と言うわけではなく、以前よりずっとこのスタイルで家具を使い続けていたのだそうです。採寸の時に2つの既製品の家具が置いてあったのですがそれに私は気がつきませんでした。
この形が一番使いやすいのだそうで、このスタイルで今までずっと家事をしていたのだそうです。
なるほど。
そのイメージに父が手を加えてこのキッチン収納ができあがりました。
そして、もう一台。
キッチン収納からちょっとはなれたところ、ダイニングの角にある家具がこの食器棚です。今まで使っていた食器棚も思い切ってOさんは処分して、キッチン収納と合わせた形で作ることにしたのです。
この家具を取り付けている間に素敵なことがありました。
このOさんのお宅のある小道は古く由緒のある通りだそうで(忘れてしまったのですが・・)、人力車の通り道にもなっているのです。
車なんて絶対通れないから、しばらく家具を外に置いておいても大丈夫だろうと思っていたら、「あのー、すみません。」と元気の良い男の人の声が聞こえて、振り返ってみると車を引いているお兄さんでした。「ちょっとだけ、家具を寄せてもらえますか。」と言われて、寄せに行った時に、人力車に乗っているお姉さんに「まぁ、素敵な家具ですね。」と言われたのです。突然のことで何だか照れくさかったけどうれしかったのです。
何だか穏やか町です。
ナラホワイトの大型食器収納
ここは天井いっぱいまでのガラス扉の収納と小さなスパイスラックを並べているのです。何で一体にしてまとめなかったのかと言いますと、スパイスラックの裏にガス管のようなものが壁から出ていて、もしもの時の為に点検できるように、壁面にきちんと固定したガラス扉の収納と、ネジ2本ほどで簡易的に止めたスパイスラックと分けたのです。

ナラホワイトの大型食器収納
壁から飛び出ている部分の収納は、キッチン側からとダイニング側からの両方から使えるように表、裏とも扉になっています。

ナラホワイトの大型食器収納
ディスポーザーがしまわれる場所の置くにも、ちょっとした物がしまえるような収納があります。

ナラホワイトの大型食器収納
その上にはジャガイモなどの根菜を手元に置いて置けるようにスライドバスケットをつけています。小さなバスケットしか付けられなかったのですが、この大きさでも意外と野菜はたくさん入るのです。

ナラホワイトの大型食器収納
天板は集成材で作っています。この一番出っ張った部分は角がとがっていると痛いので、Oさんの希望で丸くしています。そしてキッチン側には、作業台として使えるようなスライドテーブルと小ぶりな引き出しを設けています。

ナラホワイトの大型食器収納
カップボード全体の様子。
ナラホワイトの大型食器収納
キッチン収納もこちらの食器棚もガラスは父のお気に入りのカスミガラスです。白い家具にはよく似合うのです。

ナラホワイトの大型食器収納
引き出しと可動棚のシンプルな作りになっています。基本的に今までOさんが使っていた食器棚の形に合わせて、使い勝手が極端に変わらないような形にしています。

タモのダイニングテーブルと一体になったダイニング収納
価格:470,000(製作費,塗装費)
タモのカップボード
価格:310,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は13,000円から取付施工費は30,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち