オーダー製作例

元々の食器棚をチェリーのモダンな食器棚にリメイク

新しいおようふくでとてもうれしい

海老名 F様

design:Fさん
planning:daisuke imai
producer:kazunaga watanabe
painting:kazunaga watanabe

元々の食器棚をチェリーのモダンな食器棚にリメイク
今までとは見違えるほど明るくなったキッチン。

海老名に住むKさんのお友達が、やはりKさんと同じく食器棚の使い勝手を変えてみたいとお考えだったようです。
「イマイさん、さっそく電話してみてくださいね。」とKさんに言われましたので、さっそくお電話。
そこで、だいたい何ができるか、どんな感じになるかなどをお伝えして、まずはどんな感じでその食器棚を使って生きたいかを検討してくださいとお伝えして、その日はお話が終わりました。

元々の食器棚をチェリーのモダンな食器棚にリメイク
ちなみに、今まで使っていた食器棚はこのような感じです。

ちょうど10年近くになろうとするKさんやFさんが住むマンション。あの頃は、濃い色の内装にこの鳥目調の化粧板が流行っていましたね。ですが、やはり時間が経つと古さを感じてしまいます。特に、Fさんはこのお部屋には、つい最近入ったばかりで、この食器棚は前のオーナーさんが残していったもの。扉は痛んでいたし、下のほうも扉になっているので、かがんで取り出したりするのがちょっと大変だったのです。そのようなわけで改装することになったのでした。
まずは、希望されているイメージを頂きましたので、それを図面にして形にします。そこから、Fさんと細かい打ち合わせをしますが、おおよそのイメージはすでに固まっていたので、最初に頂いたイメージでそのまま作った感じです。
ただ、色や素材はだいぶ悩んで、フローリングや室内ドアの色は昔の濃い色だし、いま手持ちの家具も比較的色が濃いものが多かったので、同じ濃い色のほうが良いかどうか・・、と言うところでした。
そこで採寸を兼ねて一度お伺いして、お部屋を見させて頂きました。
確かに濃い色でまとめると、同じトーンで揃うので、無難なのですが、天井まである食器棚はこの場所を重く見せそうです。もう少し明るい方が良いかな。
そんなお話をいろいろとさせて頂き、また1階上のKさんの食器棚に使ったカバザクラを参考にさせて頂いたりして、Fさんが好きな木はどんなものかと探っていったのです。
そうして、アメリカンチェリーに素材は決まり、それから、今まで扉で使いにくかったところの引き出しの深さを何センチにしたら良いかをいろいろと考え、またさらに、吊戸棚にはKUMAさんのつくしツマミを使うから、下の引き出しはどうしようか、でも引き出しは濡れた手で触っていると、そのうち鉄の黒い色が移っちゃうとイヤだから、ステンレスにしようとか、いろいろとお話をしてようやく決定。
箱を作らない分、製作は比較的楽に進みます。ただ、現地の箱に合わせるので、取り付けてみないとうまく納まるか分かりません。それがちょっと心配。各部材ができたら取り付けです。
いつもの取付なら、一度工場で組み上げるので、同じ手順を繰り返して取り付けていくため、段取りも分かりやすく作業時間も読みやすいのですが、現場で初めて組み立てる作業となると、けっこう大変です。
よくよく調べてみると、吊戸棚は少し歪みがあるまま取り付けてあるようで、そのまま扉をつけると扉が揃わなくなりそう。どうにか蝶番の位置を調整しながら取り付けましたが、扉のその上の一番上につける板は、当初の形から変更しないと取り付けられないことに・・。
やはり現場は大変だ。
そんなわけで、2回に分けての工事で無事設置完了。
見た目は大きく変わって、まるで新しい服を着た家具です。そして、一番良いのは引き出しがついたことですね。ぜんぜん使い勝手が変わりましたものね。
「まるで新しい家具をつけたみたい。」と皆さんで喜んで頂けて。ありがとうございました。
「次はテーブルをお願いできたらと思っていますので、またいずれご連絡します。」と。
お近くですから、またいつでもご相談くださいね。

元々の食器棚をチェリーのモダンな食器棚にリメイク
ハンマードグラスはステンドグラス作家のヨシダさんにいつもお願いしています。この表情になかなか人気があって、今までも何度勝かわせて頂いております。
元々の食器棚をチェリーのモダンな食器棚にリメイク
もともとは縦長の扉だったのですが、あえて、上は板の扉にして、下はステンドグラスを入れた扉にしたので、かなり明るい感じの戸棚になりました。 上の扉と下のガラス扉の間には手が入るように一段奥まった感じにしています。
元々の食器棚をチェリーのモダンな食器棚にリメイク
ツマミは、KUMA鍛鉄工房さん手作りのつくしツマミ。つくしツマミとハンマードグラス。鉄とガラスなのに槌目があって良い雰囲気になるのです。
元々の食器棚をチェリーのモダンな食器棚にリメイク
引き出しは、今までは右1列のみで、しかも10年近く前になると使われているスライドレールも昔のものなので、いっぱいに引き出しても8cmくらい引き出しが奥に残ってしまうタイプなのでした。 今は、置くまで引き出せるスライドレール(3段引きスライドレール)がとても手に入りやすくなったので、この古いタイプのレールはほとんど使われなくなってきています。 そこで今回は、全て3段引きにして、さらに扉をなくして、すべて引き出しにしたので、かなり使いやすくなっているのではないかと思います。

元々の食器棚をチェリーのモダンな食器棚にリメイク
天板だけは元のままの人工大理石なのですが、他の色が変わるとそれに合わせて明るく見えるという結果がよく分かりました。
食器棚のリメイク
価格:290,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は12,000円から取付施工費は30,000円から

ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし