オーダー製作例

オークのブラックウォールナットのモダンなテレビボード

オークとブラックウォールナット

葛飾 K様

design:Kさん
planning:daisuke imai
producer:gaku suzuki
painting:gaku suzuki

オークのブラックウォールナットのモダンなテレビボード
格子の引き戸はウォールナット。「ポイントになるようにもう1種類の木を使いたいのです。」と言われて、当初チェリーで考えていたところ、ショールームにあるウォールナットのスピーカーを見て頂いて、表情と色の良さを気に入って頂いて、メインにナラ材を使い、ウォールナットをところどころ入れていく形になりました。 引き戸は、1枚だけです。一番右のスペースがAV機器を収納するスペースとなっていて、放熱のためにと、リモコンが効くようにと、格子にしています。AV機器を操作するときは、引き戸を引き出し側に滑らせます。これがとても良い印象なのです。

「イマイ様
先日は色々相談のっていただきありがとうございました。
イマイさんの雰囲気が主人と似ていて、勝手に親しみを感じてしまいました。
ちなみに主人はハウスメーカーで、住宅の設計をしています。
主人も打ち合わせの仕方が、自分と似ているなと感じたそうです。」
Kさんからこう言われてうれしくなったのを覚えております。

オークのブラックウォールナットのモダンなテレビボード
AV機器を収納するところは、このような感じです。ちょうど右側面の壁にマルチメディアコンセントがあります。

結局、最後までご主人がどういう方法で、その使う人の気持ちにアプローチしていくのかを知ることができなかったのが残念なのですが、(実はこの頃、体調不良が続いて、Kさんのご新居の内覧会や取付工事に関わることができなかったのです。それだけスタッフのみんなに仕事を頼めるようになってきた、と言うことは良いことなのですが、家具を使ってくださる人とお話できる時間が少なくなることはどこか淋しいのでした。)私には、ひとつの手順があります。
まず、家具を必要としている人の要望をひとつずつお聞きして書き出し、その作業と並行して、その人を見ながらどんな家具が好きかな、どんな色が好きかなって思いを巡らせます。
ひと通りお話をお聞きすると、その使う人は、「思いを伝えた」と言うことでひと安心し、私はいろんな思いを聞いたので、頭がグルグルしています。
その中から優先順位を決めて、それをひとつずつ形にしていきます。
ここでひとつ、私が行うのは、すぐにイメージを形にするのではなく、遠回りするのです。

オークのブラックウォールナットのモダンなテレビボード
当初は、高さのレベルを揃えて、もう少し全体的に背の高いボードだったのですが、Kさんのイメージは、「LOVE」の横須賀のOさんに近いだったのです。

「この形を実現させるには、この方法だけではなく、こういった方法もあります。この方法にはこう言う良さがあるけれど、こういう手間が掛かってきます。」
どんな方法があって、どんな良さがあるかは、私の頭の中に入っているのでお見せするのは難しいのですが、いろんな方向があることで、ひとつの家具がいろんな可能性を持つことができます。その中から何を大切にして何を選ぶかで、形が見事に変わってきます。そして、遠回りしたけれど落ち着く形と言うものが見えてくるのです。

オークのブラックウォールナットのモダンなテレビボード
扉を開けた様子。上つりの引き戸金物を使うと下面にレールがいらないので、これだけすっきりとなります。

決まったモジュールがあって、そこから差し引きしてできる形ではないのが、私たちのオーダー家具の良いところだと思っております。
時々、こんなに細かいオーダーまで受け付けて頂けるのですか?って聞かれるのですが、何もないところから家具のイメージ作りが始まるので、ほかの家具屋さんで時々言われているように、「これ以上の細かいご注文は難しいのです。」と言うことはなく、私たちにとっては物事がどれだけ細かくても特別なことではないのです。

オークのブラックウォールナットのモダンなテレビボード
引き出しの取っ手は、フジサン型の取っ手。この部分も家具のアクセントになるようにウォールナットを使いました。

そう考えていくと、おのずとどの方の家具もひとつとして同じ色がない独創的な家具が生まれるのです。これがフリーハンドイマイの家具の特長なのかな、と最近良く思うようになりました。

オークのブラックウォールナットのモダンなテレビボード
AV機器収納部分の隣の引き出しの様子です。 ここは引き手が出っ張ると格子の引き戸の開け閉めができなくなるので、出っ張りのない手掛けにしています。

と、お話が長くなりましたが、Kさんからご依頼頂いたのは、オークとウォールナットの2種類の材を使ったテレビボードでした。
もちろん、最初から2種類の木を使っていくと決まっていたわけではなく、最初の図面を見返すと、もっともっとシンプルな形でした。そこから、Kさんのイメージが加わって、さらに私たちの家具をショールームに来て頂いて、見て頂くことで、だんだんとKさんのイメージする形が固まっていったのでした。

オークのブラックウォールナットのモダンなテレビボード
引き戸の引き手も、ウォールナットを使ってフジサン型の引き手にしています。こちらの印象は、「静かに流れる時間」の南林間のOさんの印象です。 今回引き戸には、2種類の方法で仕込んでいます。格子の引き戸は、構造を考えて、天板と地板に溝を突いて、その溝をとが走る従来の引き戸です。そのほかの引き戸は、開け閉めのしやすさを考えて上つりの金物を使った引き戸にしています。
アクセントとしてライトグリーンに仕上がった壁と、家具が良く馴染んでいます。これから使い込んでいくことで、この家具がどういうふうに色ついていくのかが楽しみです。
その時は、きちんと体調を整えてお伺いしますので、Kさん、よろしくお願い致します。

オークとウォールナットのテレビボード
価格:616,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は18,000円から取付施工費は25,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし