オーダー製作例

ナラを使ってマンションのキッチンを木のペニンシュラキッチンに変身

あたらしい形

港北 H様

design:Hさん
planning:daisuke imai
producer:masakane murakami
painting:masakane murakami

ナラを使ってマンションのキッチンを木のペニンシュラキッチンに変身
Hさんがお持ちのオークのダイニングセットと合わせたところ。ちなみにカウンター下収納の中央のオープンスペースは、テーブルの高さに合わせているのです。

新居にあるキッチンの対面カウンターの下に、最初はカウンター下収納を作ろうと考えていたHさん。ところがいろいろとお話を進めるうちに、ふつうのカウンター下収納とは違ったとても魅力的な形になっていったのでした。
もともと、製作例の「さあ、あそぼう」川崎のWさんや、「ゆるやかな家具たち」の三島のMさんのような家具をイメージしていたHさん。
そこから、「気に入りました。」と言ってくださったナラ材を使って、Hさんオリジナルの形を探していったのでした。
奥行は浅いけれど、きちんと鍵の掛かる小さな引き出しと、テーブルの高さに合わせた少しのオープンスペース。そして、ガラスのある扉に少し物が飾れるようにして、あとは細々したものをしまっておけるように板の扉にして・・。
ここまでは、一般的なカウンター下収納でした。

ナラを使ってマンションのキッチンを木のペニンシュラキッチンに変身
キッチンを取り囲んでいる様子がよく分かる一番好きな角度。

それから、ふと、Hさんがおっしゃってのでした。
「イマイさん、このキッチンの石の出っ張った印象をどうにかすっきり見せたいと思っているのです。」 Hさんのキッチンは、ペニンシュラタイプのキッチンで、リビング面はクロスが張られた越壁になっていて、その上に天然石がドンと載っているのでした。リビング側から見えるカウンターと越壁との出っ張り具合は、カウンター下収納がつくことで目立たなくなりすっきりと見せることができるのですが、キッチン側面の石の出っ張り(約3cmほど)は、そのままの予定だったのです。

ナラを使ってマンションのキッチンを木のペニンシュラキッチンに変身
今回扉の框組、引き出しの前板、その上の幕板などオークの無垢材を使っているので、さまざまな表情が現われています。
「この側面にも天板と同じ石を張るという仕上げもあるのですが、コストが掛かりすぎてしまうようで、それに少し石の印象が華やかだから、もっと落ち着いた感じですっきりさせたいのです。」と、Hさん。

ナラを使ってマンションのキッチンを木のペニンシュラキッチンに変身
オープンスペースの印象。扉は上端を掘り込んで、そこに手を掛けて開けられるようにしています。

そのお話を聞いて思ったのは、側面にもカウンター下収納と同じ素材でパネルをつけて木で囲ってしまうのはどうだろうかと思ったのです。
今まで、アイランドやペニンシュラタイプのキッチンを作ってきて、ダイニング側にも収納を作りたいというお客様はたくさんいらっしゃいました。キッチンをぐるりと同じ素材で囲むことで、皆さんのおうちがとても良い雰囲気にまとまったのを思い出したのです。
収納プラスL型のキッチンでさらにダイニング側は目隠しを兼ねて収納を立ち上げて、作るのが大変たいへん困難だった「toward the good one」の大和のKさんや、そのKさんが設計したとてもシンプルなKさんとお施主のNさんの思想を現した美しいキッチンの「光が入る、風が抜ける」や、「お料理教室を開くその日のために大きなキッチンを作っておくの。」と、目をキラキラさせていた「その日まで」の茅ヶ崎のSさんを思い出したのでした。

ナラを使ってマンションのキッチンを木のペニンシュラキッチンに変身
幕板とサイドパネルの納まり。
そして、施工当日側面もナラ材で覆ったことは正解でした。まるで印象の変わったキッチンになったからです。 今まで、モダンな印象だったキッチン周りが、がHさんの印象と同じような、温かみのある柔らかいキッチン周りにまとまったのでした。
今までは、対面カウンターの下の収納というと、そのカウンターの下に収納をつけるというイメージしかなかったのですが、こうしてキッチンとの関わりを見直すことで、キッチンの存在がガラッと変わってくるのです。これは施工前と施工後を実際に見ていないと実感できないのですが、部屋の温度がまるで変った気がして、家具の設置をしながら自分でも、どんどん変わっていく印象にびっくりしていたのです。
カウンター下収納っていうひとくくりには収まらないあたらしい形だと思えたのでした。

ナラを使ってマンションのキッチンを木のペニンシュラキッチンに変身
キッチン側から見た印象。本来システムキッチンのこの右隣の部分は白いクロスなのですが、この部分もきちんとオーク材を巻くことで、印象が素晴らしく良いものになりました。

サイド部分にオークを張っただけではなく、キッチン側の腰壁まできちんとオーク材で覆いました。この部分の白いクロスが隠れるだけでもこれほど印象が変わるのだな、と私自身、施工してあらためて実感したのでした。
カウンター下収納と合わせて作らせて頂いたお嬢さん(まだ赤ちゃんですが)の寝室の洋服タンスもコンセントを取り込む形になったのですが、だれでも配線しやすいようにうまくまとめて、無事完了。

ナラを使ってマンションのキッチンを木のペニンシュラキッチンに変身
こちらは、洋服タンス。当初はこの梁型に合わせて天井まで収納を伸ばすかどうしようか迷ったのですが、コストを掛けるわりには、実用的ではないということで、梁下で納める形にしました。それでも、不自然な感じがなくきれいに納まりました。

「わぁ、すごい。」
Hさんが開口一番にそう言って下さったのがとてもうれしかったのでした。
Hさんありがとうございました。

ナラを使ってマンションのキッチンを木のペニンシュラキッチンに変身
右側面についているマルチメディアコンセントをうまくいかせるように、だれでも配線がいじれるように、配線専用のスペースを小さく設けました。

Hさんよりお便りを頂きました。
「先日は家具の取り付けどうもありがとうございました。先週の金曜に引っ越し荷物の搬入が済み、それぞれの家具に3分の2ぐらい荷物を収めたところです。娘がいると、片付けははかどりませんが、それでも、何度も打ち合わせを重ね、図面をいただくたびに、収納のイメージをふくらませていくことができたので、スムーズに物がしまえています。
ダイニングの収納は、框ガラスの棚にはワイングラスなどを、木の扉の棚にはケーキ皿や来客用のカップなどをしまい、段々と中身も良い感じになってきました。
キッチンでたくさん洗い物をしていますが、水はねなどはなく、快適に使えています。
寝室の整理ダンスには、まず娘の服を納めました。引き出しの開け閉めがスムーズで、また危なくなく、いずれ娘にも安心して使ってもらえそうです。
全体の印象として、オークの木目の感じが良く、お部屋が明るくやわらかい感じになり、とても良いです。カウンター周りについては、キッチンの天板の角を違和感なく隠せた上に、とても素敵な仕上がりで、イマイ様に思い切ってご相談して良かったと思っています。
今回家具をオーダーする上で持っていた希望は、どれも取り入れていただけて感謝の気持ちでいっぱいです。
フリーハンドイマイさんにお願いして、本当に良かったと思っています。
どうもありがとうございました。今後も何かの折にはご相談させていただければと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

オークのカウンター下収納
価格:450,000(製作費,塗装費)
オークの洋服タンス
価格:370,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は12,000円から取付施工費は30,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし