オーダー製作例

アルダーとチークのコの字型キッチン

風の台所

横浜 K様

design: BASICSさん
planning: daisuke imai
producer: tsuyoshi kawaguchi
painting: haraki tosou

チークとアルダーを使ったコの字のオーダーキッチン

以前家具を作らせて頂いた美容院を経営されているお客様から、そのヘアサロンに通うお客様で建築設計をされていらっしゃる方がいるとお聞きしていました。

チークとアルダーを使ったコの字のオーダーキッチン
アルダーの無垢材を使ったカウンターこげ茶色に着色してウレタンクリアを吹いて仕上げています。塗装の原木さんに言わせると、とても塗料ののりが良い材です。とのこと。うん、まるでウォールナットのような仕上がりです。

その方が、ベイシックスの小坂さんです。
髪をカットしてもらっているときに、Hさんが、「今度以前話していたフリーハンドイマイという家具屋さんにうちの家具をお願いすることが決まったんです。」とお話されたのだそうです。
それを聞いて、何年か前に小坂さんがうちに興味を持ってくださって、過去に一度見積もりを頂いたことがありました。
その時は、建築コストの兼ね合いでお仕事を頂くことはありませんでしたが、今回キッチンを作るところを探していた時に、Hさんの家具が進展することになってその時の話を思い出された小坂さんは再び連絡をくださいました。
2008年の4月から7月にかけてのことでした。

チークとアルダーを使ったコの字のオーダーキッチン
シンクは水が染み込まないようにカウンターの上から被せるタイプのオーバーカウンター。 カウンターの下からつけるアンダーシンクが一般的になっていますが、こういうシンクでもこれだけ上品に仕上がります。

今回も、前回の見積同様なかなか予算が厳しく、メールである程度やり取りさせて頂いて、コストダウンの方法を探りました。当初は、カウンターを人口大理石やステンレスなどいろんなもので考えていたのですが、思い切って無垢材で作ることにしたり(*)とどうにか予算を抑えることができて正式に依頼頂けることとなったのです。

*人口大理石やステンレスカウンターはメーカーに製作をお願いすることになるので、自分たちで作れる無垢材の板よりは高くなる場合があるのです。ただ、無垢は動きますから、カウンターにするには注意が必要なのです。

チークとアルダーを使ったコの字のオーダーキッチン
シンクの下に家電をしまったりゴミ箱をしまえたりと、かなり多機能なキッチンになっています。

そして、夏の盛りに小坂さんご夫婦でショールームまで来てくださいました。
お二人ともとても雰囲気のある方で、その穏やかな話しぶりから仕事が楽しそうな雰囲気が分かりました。細かい部分をお話して、後日、施主のKさんを連れてきてくださり、さらに細かい部分を決めてプランは決定。
しかし決定したのは良いのですが、コの字型、無垢のカウンターと今までにないオーダーキッチン。うまくいくかどうかちょっと不安があるのでした。

チークとアルダーを使ったコの字のオーダーキッチン
シンクの右隣に食器洗浄機。前面パネルは扉や引き出しと同じチークの柾目で揃えています。

製作は河口君に任せ、現場を確認しにいったりと納まりをうまく段取ります。今回やりやすかったのは、小坂さんが設計と現場の監督も兼ねていたことです。おかげで話がスムーズで、作りや納まりでつまづくところがあっても、すぐに回答がもらえたのが幸いでした。
それでも今回見落としていた点が、引き出しの出し入れの寸法です。コンロのグリル部分や操作パネルって思ったよりも出っ張っていて、製品図面にも記載されていない部分だったりするのです。うちがキッチンの取付を終えた後に、ガス屋さんがコンロとビルトインオーブンを組んだら、引き出しを開けるとグリルに完全に当たっちゃって引き出せない・・・。急きょ引き出しを持ち帰り、幅を詰めることできれいに納まりましたが、まだまだ勉強することがたくさんあります。

チークとアルダーを使ったコの字のオーダーキッチン
コンロの両脇には、ボトルやスパイスをしまっておく細長いスライド収納。

でもね、おかげにとても美しいキッチンができあがりました。
そうそう、Kさんのお宅は、横浜の小高い丘に立つ風の吹き抜けるところに建っています。このキッチンにもきっと良い風が吹くのでしょうね。
その後、Kさんからのお便りを頂きました。

チークとアルダーを使ったコの字のオーダーキッチン
引き出しは、小坂さんの希望で全て化粧板で作っています。通常はシナ合板で作るので、今回のほうが手間は掛かりますが、濡れないので安心です。

チークとアルダーを使ったコの字のオーダーキッチン
対面カウンターは、大きめに作っておいて、現場でサイドパネルと一緒に大工さんに取り付けてもらっています。

「こんばんは。 お久しぶりです。何かとバタバタでイマイ様にはきちんとご挨拶もできず申し訳ありません。
うちの息子はお分かりの通りあんな状態ですので^^;、監視役が一緒にいないと中々ゆっくり話もできません。
13日に一部大きな家具を搬入した際に、完成したキッチン見てきました!!
とっ~~ても素敵です!! 使うのがもったいないぐらいです! 多々ご苦労があったと思います、ありがとうございました。
搬入の手伝いで友人が数人いたのですが、キッチンはみんな惚れ惚れと見惚れておりました。
先ほどブログを拝見させていただきました。
二人目の娘さんが誕生されたばかりだったのですね、遅ればせながらですが、おめでとうございます!
我が家も二人目が授かることがあれば、絶対女の子がいい!と主人と今から話しております・・が、どうなりますやら。
改めて、素敵なキッチンをありがとうございました!
奥様、ご家族のみなさまにもよろしくお伝えください。
今年も残りあと僅かとなりましたが、ご家族の皆様と良いお年をお迎えくださいませ。」

キッチン仕上
天板 アルダー無垢材
扉・前板 チーク板目突板練り付け
本体外側 チーク板目突板練り付け
本体内側 ポリエステル化粧板「ホワイト」
塗装 ウレタン着色塗装/ワトコオイル塗装「ナチュラル」
キッチン
価格:1,170,000(製作費、塗装費、設備機器は別途)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は30,000円から取付施工費は90,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち