オーダー製作例

タモのカフェテーブルとカフェチェア

カフェテーブル、チェア

逗子 merci cafe

design:MA設計室 福原正芳さん
planning:daisuke imai
producer:gaku suzuki
painting:gaku suzuki

タモのカフェテーブルとカフェチェア
店内に配置されたテーブルの椅子の印象。これを季節ごとにテーマを考えて、レイアウトを変えていくのだそうです。

カフェカウンターの設置の時にお話を頂いていたテーブルと椅子。椅子は作ると結構高くなってしまうことが多いので、金額が見合うかどうか、ちょっと心配でしたが、Tさんに、「ぜひイマイさんにお願いしたいです。」と言ってもらえた時はとてもうれしかったですね。
どんな椅子とテーブルにしたのかと言うと、それほど複雑なものではありません。
Tさん自身、質素と言うかシンプルな印象がとても好きな方で、テーブルと椅子でイメージするのは、「めがね」と「マーガレットハウエル」ということでした。
めがね・・・?
「めがねって言っても耳から掛ける眼鏡じゃないですよ。映画のタイトルです。」
「あぁ、なるほど。」
ちょどその頃タイミングよくテレビで「めがね」が放映されていたので、録っておいた映画を確認。
うーん、特長のあるキッチンだけれど、シンプルと言えば聞こえは良いかもしれないけれど、質素と言う感じ。海辺のカフェなので、白い砂浜に濃い緑の植物。海風にあたって、色が退職してしまったようなテーブルなど。全体的に白く色褪せた印象と感じました。
では、「マーガレットハウエル」は・・。むかしむかし、妻に1着のセーターを買ってもらって、そこの首の後ろに「MHL」と書かれていました。そのくらいの知識しかなくて詳しく知りませんでしたので、ネットでいろいろと調べてみます。着るものだけではなくいろいろな生活雑貨もあるのですね。柔らかく、優しい印象と感じました。
それで、質素で、優しい印象で、かつカウンターとも調和する形にしましょう。そうしましょう、ということになりました。それで、シンプルな椅子ということでイメージしたのは、モーエンセンのJ39。あの背もたれに寄りかかってお茶が飲めたらホッとするかな、って思ったのでした。で、図面を描くのですが、図面じゃ椅子は分からない。モーエンセンの写真を見て頂いて、印象も理解していただいて、椅子の形はおおよそ決まりました。あとは、テーブルですが、テーブルはシンプルに、唯一の要望は、長いテーブルがほしい、ということでした。そこで8人くらい座れる大きなテーブルと、二人掛けのシンプルなテーブルを作ることになりました。
座面はTさんに選んで頂いたちょっと淡い色使いのレザーで2色の展開に。さらには、クルミ材を使ったお皿の注文まで頂いて、良い色にお店がまとまりました。
さて、いよいよ、オープンです。「わたし、大丈夫かな。」と不安そうな面持ちのTさんでしたが、頑張って楽しんでいきましょう。次お伺いする時は、私たちがお客さんです。

タモのカフェテーブルとカフェチェア
カフェを取り囲むのは、金属の塀ではなく、優しい緑の立木たち。それが良く店内に映り込むのです。
タモのカフェテーブルとカフェチェア
天板の角は30Rです。
タモのカフェテーブルとカフェチェア
今は、この大テーブルには6人が座るようになっていますが、8人掛けでも大丈夫なくらいです。「イマイさん、必要になったらまた椅子を注文しますからね。」とTさん。
タモのカフェテーブルとカフェチェア
2人掛けのテーブルはアルミの1本脚にしました。

逗子のメルシーカフェ
全体的にはとてもシンプルな表情をしておりますが、この背もたれ、座ってみると分かるのですが、とても良く背中にフィットするのです。
merci cafe
http://mercicafe.exblog.jp/
神奈川県逗子市逗子5-2-21
毎週木曜日と金曜日の11時30分から17時までオープンしています。
046-874-6082
JR逗子駅から5分、または京急新逗子駅から3分ほどです。(JR方面の出口です 後方車両に乗ると便利です)
まずは亀岡八幡さまのお隣の逗子市役所を目指してください。市役所の正面玄関の前に立ち、左手方面に建物に沿って裏手にある駐車場入り口まで歩きます。その横の小道を挟んだT字路に「merci cafe」はあります。

費用については、お問い合わせくださいませ。
ちょっと関わりのありそうな家具たち