オーダー製作例

カバのアイランドタイプの食器棚

穏やかなダイニング

高尾 M様

design:Mさん/daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:tsuyoshi kawaguchi
painting:tsuyoshi kawaguchi

カバのアイランドタイプの食器棚
キッチン側から見たカウンターの様子。

カバのアイランドタイプの食器棚
リビングから見るとこのような感じ。ブックラックが印象的。

高尾のMさんからご連絡を頂いたのは本当に久しぶりでした。今から三年前の秋頃にMさんからダイニングテーブルと食器棚の依頼を頂いたのでした。いちょう並木は、枝からその実をぶら下げ、そして香らせた通りは、雨上がりでスゥッとした空気になっていて、その中をフカフカした葉の絨毯の上を柔らかく駅からMさんのお宅まで歩いたのを良く覚えております。
再び、Mさんのお宅に辿り着くと、「はーい。」と元気の良い声が返ってきました。
あの時、おなかの大きかった奥様でしたが、今では大きく育った坊やが奥様とそばに立っておりました。
時間が経つのは早いものですね。
食器棚の引き出しが調子悪くなってしまったと言うことで、その様子を見て、そして、今Mさんが考えている家具について聞かせて頂きました。
Mさんのリビングダイニングは大きな一つのスペースなのですが、玄関からドアを開けると、もう、この大空間になってしまう。広いのは良いのですがメリハリがほしい、そして収納が少ない分を補いたい、と言うのがMさんの今回のご相談でした。そこでMさんが考えたのが、玄関から入ってきた時にダイニングやキッチンが丸見えになってしまうので、その目隠しとなって、さらにリビングとダイニングを分けるような役割をする家具を作りたいと考えていたのです。
「これはずっと前から考えていたのですが、今まではこのベビーベッドが、仕切りのような感じになっていたのですが、もう息子も大きくなってきたことだし、このベッドを片付けなければいけなくなって、そうなると向こうからキッチンが全部見えちゃうのがどうかなって思いまして。」ともう使わなくなってしまったベビーベッドに目を向けながら、ご主人が話してくださいました。
面白そうですね。
それから、Mさんのご要望を聞いて、どんな感じの家具にしていきたいかを伺うにつれて一つの方向が見えてきました。テーマは、「さりげなさ」です。何となく自然とそうなった丸み、手触りにしたい、と言う奥さんの希望です。私も一つだけ自分の要望を組み込ませてもらいました。横格子です。
今回のMさんの家具は、大きさの割りに奥行が深い家具になる予定でした。あまりシンプルにしすぎると、大きな塊だけの家具になってしまいそうで。どこかスッと鋭い線が入っていたほうが印象が引き締まるかなって思ったのです。聞くと、奥さんがもしかしたら、「通気ができるような引き出しがあるとうれしいです。」と言っていたので、部分的に横格子を入れさせてもらいました。
でも、できあがった家具を見ると、やはり入れて正解だったようです。Mさんにも前の時以上に喜んでいただけて、大変うれしくなりました。
ただ一つ残念なのは、この穏やかなMさんご家族のダイニングが、この家具が置かれたために外からはあまり感じることができなくなってしまったことです。(笑)
実際に、玄関からお部屋に入って、この家具に触って、ダイニングに辿り着くと、ほら、ようやくMさんの温かさにふれることができるのです。

カバのアイランドタイプの食器棚
キッチン側の壁際はこのように少し狭いオープンなスペースがあります。壁に普段は使わないコンセントとガス栓があるため塞いでしまうと勝手が悪くなってしまうので、何かの時に使えるようにオープン棚にしているのです。そのようなわけでここはレシピ本置き場にすることにしました。
カバのアイランドタイプの食器棚
引き戸の取っ手は、奥様の要望で「さりげない形にしてくださいね(笑)。」といわれてしまいましたので、私たちになりにさりげない形にしてみました。いかがでしたでしょうか。

カバのアイランドタイプの食器棚
玄関側から見た時の表情。目にするのはこのシンプルな引戸。カバの表情はやさしい。
カバのアイランドタイプの食器棚
この家具の大きなポイントのひとつはブックラックです。お子さんの絵本や読みかけの雑誌がここに入ります。こうして、使う人の気持ちや空気に触れて、初めて家具が色付くのです。
カバのアイランドタイプの食器棚
横格子の引き出しはこの部分に持ってきました。自分で言うのもなんですが、とてもよいバランスになったと思っております。
カバのアイランドタイプの食器棚
奥行の深い引き出しと、浅い引き出し。しまうものを考えて深さを変えているのですが、引き出しを閉めると、奥行の違いなんて分かりません。これを実現させることと、玄関側、キッチン側の両側から使えるようにすることで作るのはとても大変だったのですが。(笑)
費用については、お問い合わせくださいませ。

ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし