オーダー製作例

ナラとステンレスのキッチンアイランドカウンター

おかえりなさい

立場 O様

design:Yさん
planning:daisuke imai
producer:masakane murakami
painting:masakane murakami

ナラとステンレスのキッチンアイランドカウンター
お子さんたちが帰ってきてまず目にするのがこのナラの温かい表情。ここで集まって、宿題したり、一緒にお菓子を作ったりするのです。

「キッチンカウンターを検討しているのです。」とこちらまでご相談にいらして下さったOさん。シンプルな形なのですが、幅を1200mmくらいのコンパクトなものにするか、1800mmくらいの広いカウンターにするかいろいろと悩んでいらっしゃったのでした。
私たちが家具のご相談をお受けする時は、どちらかと言うとその人の好みやお話しのしかた、好きなものなどから形のヒントを得ていきます。どんなお住まいなのか、それは訪ねてみるまでは分からないのです。

ナラとステンレスのキッチンアイランドカウンター
こちらが引き戸。上吊金物を使っているので、レールがなくすっきりとした印象になります。

「普段、お菓子をよく作っていまして、キッチンの後ろに作業台になるような食器棚が欲しいなぁ、と思い、上部を水や傷に強いステンレスにと思っていたのですが、「葉山S邸」のように上部も木の方が、見た目が素敵だなぁと迷っています。
上部が木製の場合、作業台として使用すると、やはり、水のシミや傷ができやすいのでしょうか?
防水?(傷予防)のような方法はあったりしますか?
また、棚の長さも迷っていまして(迷ってばかりで、すみません)、160センチ、180センチの場合のの見積もお願いできますでしょうか。
(「上部ステンレスの棚」と「上部も木製の棚」で、金額が大きく違う場合合わせてお知らせください。)
度々、お手数をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。」
だんだんと、お話しを重ねていくうちにOさんの好きな形が分かっていきます。

ナラとステンレスのキッチンアイランドカウンター
カウンターの後ろに見えるのが、無印良品オリジナルのキッチン。メーカーとのコラボレーションで作っているようなのですが、これが良い表情。ステンレスも私たちのようなシンプルなヘアライン。

こういう仕事をしている割には私は、人とお話しすることが下手で、特にお話を聞くのは好きなのですが、自分から話しかけていくことがそう得意ではないのです。
例えば、妻と買い物に出かけた時に、「ああ、こういうもの良いな。」と思えるものがあって、もう少し詳しく見たいなって思っても、お店の人に話しかけられてしまうことに構えてしまったりするのです。妻からすれば、お店の人はプロなんだから、「何でも遠慮なく聞くべきよ。それで自分が納得したら購入すればよいのだし、気に入らなければ、断ることも自由なの。」とよく言われるのです。自分が聞き手側だったら、その通りでもっと気軽に聞いてくださいって思えるのですが、立場が分かるとなかなかね・・。

ナラとステンレスのキッチンアイランドカウンター
朝の家の特徴はこの窓なのだそうです。もともとバルコニーになるようなのですが、Oさんは広い窓にして、そこから気持の良い風が入ってきます。

そんな思いもあって、私は少しずつその人の形を探っていっているような気がします。
そして、ようやくOさんの一つの形が見つかりました。そこまでまとまったので、ご新居の確認です。
今回は、奥だけの家具なので、特に現地を確認しなくても大丈夫なのですが、うまく搬入できるか、家具を設置するのに支障が出てしまうものはないか、念のため拝見させて頂きます。そして、本当はその人の住むおうちを見てみたいだけなのかもしれませんが。

ナラとステンレスのキッチンアイランドカウンター
そして、これがその引手。良い形です。

訪ねると少し変わったおうち。玄関から廊下を抜けると、大きな広い空間。壁に面してシンプルなステンレストップのキッチンがあって、あとは広いリビングダイニング。
「ここは無印の朝の家なんです。広いワンルームだから、キッチンとダイニングを仕切るようなカウンターにしたいと思ったのです。」
なるほど、どおりで床やキッチンが独特の仕上がりなわけです。
ここにカウンターが置かれるのはちょっと楽しみ、そう思ったのでした。
作らせて頂いたカウンターは、トップはキッチンと同じくステンレスのヘアラインにして、リビング側と両サイドはナラの優しい表情がよく分かるように無垢の接ぎ板を使って、キッチン側の大きな引き戸は、反りが起きにくいようにナラの突板を上吊引き戸金物を使って作らせて頂きました。
そして、今回のポイントは引手。掘り込んだ引手にしたいと言うお話になりまして、それなら少しおもしろい形も良いかもしれないですね、と言うお話になり、いつもの船底引手ではなく、正方形の指が2本掛かるくらいの小さな引手にしたのです。良い印象になりました。

「昨日は、キッチンカウンターを納品いただきありがとうございました。
想像以上に素敵な出来栄えで本当にうれしく思います。
実際に使ってみて、引き戸を閉める時の感触が優しく閉まる感じがしました。収納予定だった食器などもバッチリ収まりました。
大切に使わせていただきます。
また、オイルの情報ありがとうございました。」

ナラとステンレスのキッチンカウンター
価格:345,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は10,000円から
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし