オーダー製作例

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン

木漏れ日の家

稲城 U様

design:Uさん
planning:Uさん/daisuke imai
producer:gaku suzuki
painting:Uさん

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン
ダイニングから望む。
「こんにちは。半年くらい前に、伺わせていただいた稲城市の内田と申します。
ずいぶんと時間が経ってしまいましたが、自邸の設計も目処ががたってきました。
来年早々着工を目指し実施設計の追い込み中です。見積書を頂いた時から若干間取りに変更があります。
再度、見積もりをお願いできますでしょうか?
よろしければ、設計図を郵送させて頂ければと存じます。
お忙しいかと存じますが宜しくお願い致します。」

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン
バルコニーから望む。
そう、Uさんとは、もう長いお付き合いのような気がしています。
「稲城と言う少し遠い距離になるのですが、そこまで施工して頂けるのでしょうか。」と言う奥様の最初の問い合わせから、いろんな時間を重ねてきました。

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン
カウンターの角の様子。シンクのコーナーは10R。

「今回、自邸を設計するにあたってはイマイさんの作るキッチンが空間によく合うようにと考え進めてきました。
イマイさんのキッチンが自分の設計した空間にはまった姿をとても楽しみにしています。
最初に今井さんへ相談させて頂いてから、かなり時間がかかってしまいましたが、ようやく契約までたどり着けました。
キッチンとバックボードをイマイさんにお願いできることを今からとても楽しみにしています。
また、近いうちに打ち合わせを兼ねてイマイさんの工房へ家族で伺わせていただければと思っています。」

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン
天板を浮いているように見せるために、ステンレスカウンターとナラの躯体の間にグレーのポイントになる素材が入っています。そして、バックパネルとサイドパネルの角は留で納めています。

このご新居の建築を機に内田さんはご自身の看板を掲げて設計をされるのだということでした。それほどの大きな役目を私たちに任せてくださいまして、内田さんにはとても感謝しております。
あまり多くを語らずに言葉を選びながら話す様子は、内田さんの建築そのままが表れているようです。
私たちのショールームに来て頂いた時もお嬢さんの遊び相手になっている奥様のタイミングを見て、どういうキッチンが使いやすいかを二人で相談し、そして私に伝える。
その優しいスタンスが、とても心地良かったのを覚えております。

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン
シンク手前につけたコンセントのプレートは、同じナラ材で製作。

その透きとおるような気持ちを表したキッチン。ようやくプランがまとまりました。
建築される町は、ちょっとした丘陵地帯を越えたのどかな地域。
そして、その場所はちょっと変わったところ。川の音が聞こえる川辺の敷地は、大きな車が入って来られない、何と言うか小人が住むような場所に思えたのです。

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン
食器洗浄機はパナソノックのもっとも主流な「NP-45MD6W」です。

ゆっくりと軽自動車を止めて、現場に向かいます。
まっだ構造体のままのその家は、不思議な高さがたくさんあります。
「スキップフロアになっていて、ちょうどこの勾配のあたりがキッチンになります。」と内田さんが説明してくださいます。
なるほど、とうなづく私はいまいち納まりが分からず。
でも今回は天井に関わる部分は、施工会社の内田産業さんが行ってくださるということで、幾分気持ちも楽です。
天井吊のレンジフードや屋根勾配が関わってくる吊戸棚があったりすると、工期を考えていつもナーバスになってしまうので。
キッチンの向かいは広いダイニングになっていて、そこから大きな掃き出し窓がある。これなら搬入も問題ないね。
と、時折聞こえてくる川の音を聞きながら、のんびりとした気持ちに。
「じゃあ、イマイさん。こちらで打ち合わせしましょう。」と、招いてくださったのは隣に立つご実家。こちらの佇まいもほどよく時間が経って、内装もどこか瀟洒なもの。のんびりとした時間の中で打ち合わせができ、すべてが決まりました。

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン
引き出しの様子。

今回は、大工工事が終わって仕上げ工事もそれなりに進んだ頃に設置に入らせて頂く予定です。
その工期に合わせて、製作を終えていよいよ取付です。
今回、ちょっと複雑なのは、キッチンのサイドパネルとバックパネルの納まり。いつもは、バックパネル側に、サイドパネルの木口を見せる納まりが多いのですが、今回は、ステンレスのカウンターが浮いて見せるような形になるため、ここを留で仕上げることになったのです。うまく細工しないと、板が縮んできた時に間が空いてしまうかもしれないし、あらかじめ工場で留にしてくるので、バルコニーからの搬入でぶつけて欠けないようになかなか気を使います。
それから、もう一つ気がかりなのはバック収納の吊戸棚をEP塗装(ペンキ仕上げ)にしているのですが、少しでも汚れた手で触るとすぐに黒っぽく指紋がついたりしちゃう。そのあたりなかなか気を使いながらまずは最初の設置作業は無事順調に終わったのでした。

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン
一番端は、ボトルや調味料がしまえる引き出し。

そして、全体の工事が完了する間際に、引き出しや扉などを取り付けて無事に完了。
気持の良い場所ができあがりました。
その後も内覧会に呼んでくださってその撮影させて頂く時に家族でお邪魔させて頂いたり、定期的にお便りを頂いたり、とても気持の良いお付き合いをさせて頂いております。

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン
コンロの左横には油が飛散しても掃除しやすいようにタイルを貼っています。レンジフードの下面までこのタイルは貼られています。

「ここを開けるとですね、」ガラガラと掃き出し窓である木冊子を全開してくださるUさん。
「ほらっ、外の空気と一緒になれるんです。」しばらく耳を澄ますと、川の音が気持ちよく入ってきます。なるほど。

「ご無沙汰しております、内田です。

その節はいろいろとお世話になりました。
新居での生活もあっという間に3ヶ月が経ち、大分落ち着いてきました。キッチンも日に日に愛着が増し、オーダーで製作して本当に良かったと思っております・・。」

「お世話になっております。
昨年キッチンでお世話になりました、稲城の内田です。昨年末に引っ越しをして、あっという間に一年間が経ちました。
イマイさんに作っていただいたキッチンもとても使い勝手が良く、毎日楽しく料理する事が出来ています・・。」

次はご一緒にお仕事をさせて頂ける日が来るのを夢見ております。

内田雄介設計室
Website:http://www.u-architect.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/uchida.architect

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン
バックカウンターの様子。カウンターはナラ無垢材の接ぎ板です。

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン
引き出しは、東名のアクリルケースをカトラリー用に応用。

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン
手掛けの印象。

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン
引き出しの下の扉を開けると食器たち。

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン
家電をしまう部分の奥には、家具コンセント。

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン
エアコンルーバーと奥様のデスク。

ホワイトEP塗装とナラとステンレスを組み合わせたキッチン
川を望む。

キッチン仕上
天板 ステンレスヘアライン
扉・前板 ナラ板目突板練り付け
本体外側 ナラ板目突板練り付け/ナラ板目無垢材
本体内側 ポリエステル化粧板「ホワイト」
塗装 オスモカラー塗装「ノーマルクリア」(Uさんが施工)
バックカウンターと吊戸棚仕上
天板 ナラ板目無垢材
扉・前板 ナラ板目突板練り付け/シナ合板EP塗装「ホワイトつや消し」
本体外側 ナラ板目突板練り付け/シナ合板Ep塗装「ホワイトつや消し」
本体内側 シナ合板
塗装 EP塗装
費用につきましては、お問い合わせくださいませ。
ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし